FC2ブログ
■「本当の自分の声」を聞く方法■


 3月8日の日記の続きになります。
アマゾンの創業者、ジェフ・ベゾスは「心や直感」と言っていますが、これについてはいろんな人がいろんな表現をしています。

「心の声」と言っている人もいますし、「内なる声」と言う人もいます。
スィーブ・ジョブズは「心の声」と言っていますし、ジャック・マーは「直感力」と言っているそうです。

僕はこのような「有名人が言った言葉だ」というような話はあまり好きではなく、他の誰かがあとで恰好良く作った話が多いと思っています。
それで僕は「本当の自分の声」という言葉を使っています。

世間で言われているような言葉や、学校の先生や両親、友人、先輩などが言っている言葉ではなく、「本当の自分の声」は自分の中から聞こえてくる言葉です。
この「本当の自分の声」は、とても小さくてしかも引っ込み思案なので、普段の忙しい生活の中ではなかなか聞こえてきません。

だから「本当の自分の声」を聞くには、それなりの環境作りが必要なんです。
まず、騒がしい日中はほとんど聞こえてきません。

夜で、まわりが静かになった頃がいいです。
自分ひとりになって、部屋の明かりを暗くして、ふーっと息を大きくゆっくりと吐きます。

そうやって目をつむって30分ほどすると、少しずつ「本当の自分の声」が聞こえるようになってきます。
最初は、一晩では難しいかもしれません。

でも、1週間から10日ほど続けていると、だんだんと「本当の自分の声」が聞こえるようになってきます。
これは「声を聞く」というよりも「感じる」と言ったほうがいいかもしれません。

「ああ、これが本当の自分が望んていることなんだ」
と、感じることができるようになります。

この「本当の自分の声」を大切にすれば、あとになって後悔するようなことは大きく減ると思います。
それが自分にとって正しい道なのですから。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

【2019/03/16 14:32】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■しっかり者のM女性■


 僕がこれまでに調教してきたM女性たちは、「しっかり者」という印象の女性が多かったと思います。
自分の芯を持っているといいますか、自分の考えもちゃんとしています。

M女性に対してよく世間で言われるようなひ弱な感じではなく、精神的にしっかりとしているという印象です。
彼女たち自身が自分をどう見ているのかは外部からはうかがい知れませんけど、これは僕が何人ものM女性とお会いして感じたことです。

「若いのにしっかりとしているなあ」

これが僕のM女性に対する印象です。
【2019/03/15 10:15】 | SM | トラックバック(0) | コメント(2)
■本当に大切な決断は、心や直感で決める■


アマゾンの創業者、ジェフ・ベゾスは、こう述べています。

「私の人生やビジネスでの大事な決断は、分析によるものではなく、心や直感によるものです」

彼への好き嫌いは別として、この「心や直感」というもので決断するというのは、僕も共感するところです。
いろんな角度から分析したり、論理的に考えたりするのではなく、「本当の自分」が求めているものの方向に行くのです。

僕がこれまでの人生で行ってきた大事な場面での決断で、「心や直感」に従って行った決断はおおよそ正解だったという結果になっています。
一方で、いろいろと頭で考えて論理的な結論によって行った決断は、あまりいい結果につながっていません。

分析することや論理的に考えることそのものを否定しているのではありません。
決断をするに至るまでには、いろいろと分析したりデータを集めたり、人の話を聞いたり相談したりしますけど、最終決断をするときは、やっぱり「自分の心と直感に従う」ことです。

自分の心に素直になれば、ちゃんと誰かが導いてくれるものだと思います。
僕はオカルトは嫌いですし、基本的には無神論者ですけど、こういう部分はそう思います。
【2019/03/08 15:58】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
■M女の休息■
 かつて「戦士の休息」という歌がありましたな。
BB(ブリジット・バルドー)までは戻りませんけど・・・。

で、これは「M女の休息」ということです。
2018年4月12日の日記にも「調教中の水分補給」というエントリータイトルで書きましたが、調教中は想像以上にエネルギーを消費するものです。

調教中は定期的にきちんとした休息と水分補給を行わなければ、事故につながりかねません。
これまでにもこの日記に何度も書いていますように、SMはそれ自体が危険を伴う行為です。

だから、S男性には、しっかりとした技術や経験、知識などが求められます。
調教中の休息の大切さも、S男性はしっかりと認識していなければなりません。




だから僕は調教中は、しっかりとした休憩と水分補給を行うように、意識してやっています。
自分がやりたい事で頭の中がいっぱいになってしまい、女性の体調の変化や気持ちにまで気が回らないようでは、S男性失格です。

S男性は、ハートは熱くても、頭は常にクールでなければなりません。
でも、これらは誰かに教えられて身に付くというものではありませんから、やっぱり経験だなあ。

経験の豊富さは、安全につながりますね。

【2019/03/07 12:21】 | SM | トラックバック(0) | コメント(0)
■僕はかつて京都に住んでいました■


 20代の頃、僕は京都に住んでいました。
その当時は、京都も静かな街で、しっとりとした落ち着いた雰囲気がありました。

あれから長い年月が経ち、今ではインバウンド・ブームによって、京都は外国人観光客であふれるようになりました。
まるで渋谷か新宿のような人混みが、京都の街にも見られるようになりました。

今日の京都新聞(なつかしい!)に、こんな記事が出ています。

日本人の「京都離れ」? 宿泊客減少歯止めかからず 外国人客増加で混雑を敬遠か

京都市内の主要ホテルに宿泊した日本人の実人数が2018年12月まで21カ月連続で前年実績を下回ったことが、市観光協会などの調査で分かった。18年全体も前年比9・4%減で4年連続マイナスだった。ホテル関係者の間では、訪日客の増加で市内の観光地が混雑するようになったのが大きな要因との見方が多く、日本人の「京都離れ」への懸念が強まっている。

静かで落ち着いた雰囲気が、京都の良さのひとつです。
マナーが悪くてやかましい中国人や韓国人があふれるような京都には、日本人は魅力を感じなくなったのです。

政府は外国人観光客を増やすことを目指していますが、結果的に京都は日本人から見放される観光地になってしまったわけです。
僕にとって京都は第二のふるさととも言える大切な場所です。

そんな京都が、中国人や韓国人に荒らされていく姿を見たくはありません。
僕は、しばらくは京都に行くこともないでしょう。
【2019/03/04 13:25】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
next→
M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆


SMに目覚めたM女性のためのブログです。縄で縛られてみたい、本物のS男性から調教されてみたいという願望を持っているM女性向けです。 誰にも知られたくない秘密のトビラ・・・。 奴隷の快楽・・・。

プロフィール

SM愛好家 Blue

Author:SM愛好家 Blue
関東に住むSM愛好家。
名前をBlueという。
これまでに調教してきたM女性は多数。

詳しくは、本家「M女の隠れ家」を見てください。
http://yayaya1.com./
リンクのトップにあります。

翻訳

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


緊縛放置 叶屋

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

Kaede's Room

SとMになる時間。

アブノーマルなLOVEライフ

夜のお散歩....

時々、俺縄

北海道 SM  調教室

珈琲をこよなく愛した私のひととき

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: