FC2ブログ
■朝鮮では、暗殺なんて特に珍しくもない■


 北であろうと南であろうと朝鮮では、暗殺なんて特に珍しくもありません。
今、弾劾裁判でもめている朴大統領の父親は1979年10月に暗殺されていますし、母親も1974年8月に暗殺されています。

つまり両親ともに、暗殺されているわけです。
最近ではアメリカのマーク・リッパート駐韓大使が2015年8月に暗殺されかかり、顔を80針も縫う大怪我でしたが一命を取り留めました。

すぐにカッとなって火病を起こす朝鮮人の性質と相まって、他にもいくつもの暗殺や暗殺未遂事件が起きていています。
2016年12月14日の日記にも書きましたように、1909年10月に伊藤博文を暗殺した安 重根(あん じゅうこん、朝鮮語読み;アン・ジュングン)は、英雄になって記念館まで建てられています。

金正男氏のマレーシアの空港での暗殺がニュースになっていますが、朝鮮人は北であっても南であっても暗殺は得意なのです。
朝鮮半島では「気に入らないヤツは暗殺すればいい、それが日本人ならヒーローになれる」という考え方が、一般的です。

各国の政治家が、なかなか韓国に行きたがらない理由のひとつは、この暗殺が怖いからです。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
【2017/02/16 21:01】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■天安門事件を知らない中国人、ベトナム戦争を無視する韓国人■
日本人なら学生でも天安門事件のことを知っていますし、世界のほとんどの国で大きく報道された大事件です。





天安門事件は民主化を求める中国の学生たちが1986年6月に蜂起し天安門に集まったことに対して、中国政府はこれに軍を投入して無差別射撃を加えて弾圧した事件です。
この事件での死者はその後の資料では数千人とも数万人にも達したと言われていますが、現在も中国では言論封鎖によって正確な数字は分かっていません。

そして、この1986年以降に産まれた人たちは、天安門事件のことを全く知りません。
中国ではネットで検索してもヒットしないように規制がかけられていますし、もちろん歴史の授業でも天安門事件のことは一切触れられてもいません。

一方、韓国ではベトナム戦争は「忘れられた戦争」として、いろんな資料から削除されていますし、歴史の授業でもサラッと流す程度しか教えられていません。
ベトナム戦争では韓国軍は32万人の兵士を派遣し、多数のベトナム人を虐殺(数万とも数十万人とも言われている)し、また現地の女性をレ○プして(こちらは20万人とも言われている)、ライダイハンと呼ばれる混血児が少なくとも5万人はいると言われています。

でも、これらの事実は韓国では消された過去であり、一般の韓国人には知らされていません。
今の韓国では、退役軍人の団体と北朝鮮の影響を受けている「従北」の団体が強い力を持っており、過去の不都合な事実は抹殺され、都合のいいようにねつ造されています。

中国と違って韓国ではネットで海外の情報を得ることができるため、一部の韓国人には知られていますが、やはりこのあたりは韓国人らしくて感情的に受け入れられない事実は無視されています。

こんな中国人や韓国人から「日本は正しく歴史認識せよ」とか「過去を歪曲せずに直視しろ」とか言われると、うんざりします。
【2017/02/12 13:00】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■悪質クレーマー化する中韓の旅行客■


 これはレコードチャイナの記事です。

2017年2月9日、ロシア・トゥデイは、フィンランドを訪れた中国人観光客の一行がオーロラを見られないことに怒り、フィンランドのガイドを暴行する事件が起きたと伝えた。

記事によると、オーロラ鑑賞ツアーに同行したフィンランドのガイドが、オーロラを見られないことに腹を立てた中国人観光客たちから暴行を受けたため、警察に通報。駆け付けた警察官が、「ガイドはオーロラが出るかどうかを決められない」と観光客に説明した。

警察官は、「怒った観光客に囲まれるという初めての出来事に、ガイドたちはとても怖がっていた」と証言したという。


同様のことが、日本でもいくつも発生しています。
先日も、北海道の空港で大雪により飛行機の出発が遅れたことに腹を立てた中国人の団体が暴れて、止めに入った警察官にまで暴行を加えるという事件がニュースになったばかりです。

日本のホテルや旅館、レストランなどでも、中国人や韓国人がクレーマー化して暴れるという事態が各地で発生しています。
以前、見かけた光景ですが、ホテルで中国人の団体客が何か気に入らないことがあったらしく、フロントで大声でわめき散らしていました。

離れたところから少し見ていたら、ホテルの年輩の男性が出てきて、その中国人たちに必死に何度も頭を下げていました。
もめごとを嫌うホテルや旅館では、中国人たちにお金を渡して事を収めるというやり方がよく取られているとの話も聞きます。

こういう日本のクレーマー対応の実態を知った中国人や韓国人旅行者たちは、ますますエスカレートして大声でわめいたり暴れたりして、ホテルや旅館、レストランなどでお金をせしめることを覚えてしまいました。

中国のネットでは、日本に旅行に言ってどこそこのホテルでこうやってお金をせしめたという自慢話が、いっぱい掲示板に載っているそうです。
「大声でわめけば、金が出てくるATM」とまで言われています。

もめごとを嫌ってすぐにお金で解決しようとする日本人の特徴(?)をうまく利用されており、今後この手の悪質クレーマーが日本のいたるところで増えていくことでしょう。
【2017/02/11 11:06】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■アメリカはなぜ尖閣諸島は日米同盟の範囲内だと繰り返し言うのか?■


 先日のマティス長官も、尖閣諸島は日米安保同盟の第5条の範囲内にあると言明しました。
オバマ前大統領も、同じく尖閣諸島を守ると言っていました。

アメリカは、これまでにも何度も尖閣諸島は日米安保条約によって守られていると言い続けています。
どうしてアメリカは、これほどまでに尖閣諸島を守ると言い続けているのでしょうか?

その理由のひとつは、もちろん日本政府がアメリカに「ちゃんと中国にも聞こえるように言って!」とお願いしているからです。
まるで「私を愛していると言って!」と亭主に何度も強要する奥さんと同じです。

「ああ、もちろん愛しているとも、ハニー」と心にもないことを、奥さんからグチグチとイヤミを言われるのが嫌だからシブシブ言っている亭主みたいなのが、アメリカです。
そして、もうひとつの理由が、アメリカの過去の大失敗にあります。

1950年1月、当時のハリー・トルーマン大統領の国務長官だったディーン・アチソンが「不後退防衛線」と演説で言ってしまったのです。
これは後にアチソン・ラインと呼ばれるようになり、そのラインの東側はアメリカは断固として守るけど、ラインの外側については「オレは知らないよ、好きにしていいぞ」って言ったようなもんだったんです。

この大馬鹿マヌケの演説で、朝鮮半島はアチソン・ラインの外側だと認識されてしまい、それが半年後の1950年6月に勃発した朝鮮戦争の引き金となった訳です。
尖閣諸島についてアメリカが何度も「守る」と言い続けているのは、このアチソン・ラインの内側にあると言っているようなもんなんです。

このあたりをハッキリと言って置かないと、すぐに中国が手を伸ばして来て東シナ海あたりでドンパチが起きかねないという危惧があるんです。
あのグチャグチャの朝鮮戦争の二の舞は避けたいという、アメリカのトラウマがあるからです。

口先だけでもまあそれなりの効果がありますから、言い続けるというのは大切です。
それで平和が保たれるのなら、安いもんです。
【2017/02/07 01:39】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
■マティス長官が残していったもの■
 アメリカ国防長官のジェームズ・マティスと安倍首相や稲葉防衛大臣との会談は、予想以上にいい出来だったと思います。
日本に対してマティス長官は、ずいぶんとサービスしてくれたものです。

ということは、それだけ極東地域が危険だと彼が感じていることの裏返しでもあります。
今、世界の3大不安定地域は、①北朝鮮と中国を抱えた極東地域、②ロシアとの紛争を抱えたウクライナ、③IS問題を抱えたシリア地域の3つです。

その内で韓国と日本を一番最初に訪問したということは、この極東地域が一番危険要素が高いとの判断からです。
そりゃまあ、当然といえば当然でしょうね。

難民や地域紛争などよりもはるかに怖いのが、核兵器です。
一発でも核兵器が使用されたなら、世界は大混乱に陥ります。

ロシアが核兵器を使うことは第三次世界大戦を意味し世界の滅亡につながるため、プーチンが核を使うことはまずは考えられないでしょうし、ISはそもそも核を持っていません。
中国もまだ核の使用を考えるほどには切迫していません。

唯一、北朝鮮だけが核兵器を実際に使いかねない、今の世界で最も危険な国となるわけです。
この当たり前のことを、マティス長官は我々にあらためて知らしめたということです。

だから、韓国にはTHAADの予定どおりの配備を、日本へは防衛費のGDP比1%枠を超える増額を求めたわけです。
日本の防衛費は、他国と比べても圧倒的に低く抑えられています。



日本とドイツは敗戦国のため、軍事費が低く抑え込まれているのは、仕方のないことです。
中国の軍事費のGDP比1.92%というのはも全くデタラメな数字で、実際はこの3倍はあると見られています。

韓国と日本は、北朝鮮の核ミサイルの射程範囲内です。
韓国と日本が世界で今最も危険な状態にある国だということを、マティス長官の来日が教えてくれています。
【2017/02/05 11:15】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
next→
M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆


SMに目覚めたM女性のためのブログです。縄で縛られてみたい、本物のS男性から調教されてみたいという願望を持っているM女性向けです。 誰にも知られたくない秘密のトビラ・・・。 奴隷の快楽・・・。

プロフィール

SM愛好家 Blue

Author:SM愛好家 Blue
関東に住むSM愛好家。
名前をBlueという。
これまでに調教してきたM女性は多数。

詳しくは、本家「M女の隠れ家」を見てください。
http://yayaya1.com./
リンクのトップにあります。

翻訳

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最近の記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


緊縛の館

繭華の逝き様

岡山SM倶楽部ブログ

アブノーマルなLOVEライフ

瑠衣の日記

涼子のM日記

SM動画

HAPPY FISH First Star

SM動画

シュシュ