FC2ブログ
女子フィギュア
バンクーバーオリンピックでは、女子フィギュアが盛り上がりましたね。
前評判どおりキム・ヨナは強かったというところでしょうか。



女子フィギュアは冬季オリンピックの華ですから、注目度も最高です。
バンクーバーオリンピックも日程は、残すところあと2日。
もうすぐフィナーレです。

そして、春がやってきます。
数日前から気温がグンと上がり、もう通勤にコートはいらないようになりました。
春はいろんな変化を連れてやってきます。
今年の春の訪れは、何を連れてやってくるのでしょうか。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

【2010/02/27 07:24】 | 日々の思い | トラックバック(0) | コメント(0)
M女性の悩み、その2


昨日の続きです。

M女性の悩みの中で、次に来るのはS男性との出会いです。
「どうすれば理想のS男性と出会えるのでしょうか?」「もし、危ない人だったら・・・?」そんな悩みです。
普通の出会いでは、M女性がS男性と出会えることは、とても低い確率です。
宝くじに当たることを願うようなものです。
しかも、お互いが自分のS性やM性をひた隠しにして、普通の男性や女性を演じていますから、そのS性やM性を知ることはできません。

多くのM女性が「本物のS男性から調教されたい」という願いを持っていながら、どうしたら本物のS男性と出会えるのかが分からないのです。
そして、僕のサイトの調教写真館の女性たちを見て「うらやましい」という感想を漏らすのです。
調教写真館の彼女たちがうらやましい、嫉妬する、というメールや掲示板のカキコミが、これまでに何度もありました。

調教写真館の彼女たちは、僕の奴隷となって僕の調教を受け、本当のSMの素晴らしさと狂うほどの快感を得ているのです。
彼女たちが初めて僕に調教希望のメールを送った時、大変な勇気が必要だったと思います。
大きな不安もあったことでしょう。
でも彼女たちはそんな不安を乗り越えて、勇気を持って初めての一歩を踏み出したのです。

この人(つまり僕Blue)は、危険な人ではないだろうか?
ヘンなことをされたり、危険な目に会わされたりしないだろうか?
そんな不安が、初めの頃はいっぱいあったことでしょう。

また、自分に自信が持てなくて「こんな自分で大丈夫だろうか?」「こんな体型でも調教してもらえるだろうか?」「処女だけれども、相手にしてもらえるのだろうか?」という不安・・・。

相手のS男性に対する不安と、自分自身への不安の両方があります。
どちらの不安でも、一歩を踏み出さなければ、何も解決はしません。

相手のS男性への不安の解決方法は、相手を知ることです。
メールや電話などでじっくりと相手のことを聞き、よく調べていけば、自然と不安は薄らいでいくでしょう。
もし不安が薄らぐことがないのなら、そのS男性とは相性が合わないのです。
他の相手を探せばいいだけのことです。

自分自身への不安については、相手のS男性に正直にその不安を告げるのが一番です。
意外と簡単にその不安は片付くと思いますよ。

まずは一歩を踏み出す「勇気」そして相手をしっかりと見極める「努力」が必要なのです。
この「勇気」と「努力」が、素晴らしい出会いを与えてくれるでしょう。



【2010/02/25 08:56】 | SM | トラックバック(0) | コメント(0)
M女性の悩み


僕のこのサイトには「M女の告白・相談の掲示板」というのがあります。
この掲示板からも、多くのM女性が悩みを持ち、苦しんでいる姿が見えてきます。

僕にも、これまで多くのM女性が相談のメールを送ってきました。
これまでの僕へのメールや掲示板のカキコミなどを見ていると、M女性の悩みはいくつかに分類できることが分かります。
その悩みには、おおよそのパターンがあるのです。

一つ目は、自分のM性についての悩みです。
まだ若い女の子に多いのですが、テレビなどを見ていて、お姫様やヒロインが悪者に捕まえられて縄で縛られたり、地下牢に閉じ込められたりしているのを見ると、ゾクゾクするような感覚を覚えるとか、下半身がうずくような興奮を覚える、そんなは自分はおかしいのではないかという悩みです。
幼いころに男の子と遊んでいる時、捕えられる役をしてすごく興奮したという記憶を持っていて、それ以来、自分の性癖に悩み苦しんでいるという女性のメールを何度ももらっています。
S性やM性という知識を持っていない場合、世間一般に言われている恋愛や性的な情報と自分の性癖があまりにも違うことに悩むのです。
自分はおかしいのではないか、この性癖は悪いことだ、というマイナスの捉え方をしてしまいがちです。

昔から比べたらSMという言葉も一般化し、女性雑誌などでも使われるようになって暗いイメージも薄れつつあるようですが、それでもSMの本質からは外れているようなものが大半です。
どこにもS性やM性というものについて、ちゃんとした説明がなされていないのです。
まれにもっともらしい説明をしている本に出会っても、僕のような本物のS男性で多くのM女性を調教してきた経験からみると、その説明は間違っていると言わざるを得ないものがほとんどです。

一言で結論をいいます。
S性やM性は「才能」であり、その人が持って生まれたものです。
生まれつき持っている「才能」ですから、持っていない普通の人では到底理解することはできないことなのです。
例えば、特別な音感を持っている人がたまにいます。
その人だけに聞こえる音があり、その音感は「才能」です。
でも普通の人には聞こえませんから、普通の人がその音を説明することはできませんし、理解するのも難しいことです。

女性雑誌を書いている記者の方に本物のS男性やM女性は、ほとんどいないでしょう。
S性やM性という「才能」を持っていない記者には、SMを説明することは不可能なのです。

S性やM性は「才能」ですが、その「才能」がいつ目覚めるのかは人によって違います。
M女性の中には、もう幼稚園の頃には、捕らわれる役を好んでしていてそのM性に気づいていたという人も何人もいました。
一方で思春期になって、偶然にSM雑誌を目にしてしびれるような衝撃とともに目覚めたという女性もいましたし、二十歳頃にお付き合いをした男性から縛られたりして、その身体の中に眠っていたM性がその男性の手によって目覚めたとしいうM女性もいます。
以前から自分のM性を薄々とは感じていたけれども、インターネットでいろんなサイトを見ているうちにSMサイトにたどり着き、そんなサイトを見ている内に自分のM性を理解するようになったというM女性もいました。
このことは、僕はコラム-9の「M性の目覚め」に書きました。

大切なことは、その自ら持って生まれたM性を「才能」だと受け入れることです。
拒絶することは、決していい結果を生みません。
いくら拒絶してもM女性の中にあるそのM性は、消えてなくなることはありません。
むしろ拒絶されたM性は、歪みそして変質して、M女性の心と体に悪い影響を及ぼすことになりかねません。
そのM性を「才能」とし受け入れること、そしてその「才能」とどう付き合い、どう扱っていくかを考えるほうがいいと思います。

M性は「才能」と書きましたが、その強さの程度は人によってさまざまです。
激しく強いM性を持っている女性もいますし、ほんのりと薄いM性しか持っていない女性もいます。
またM性はとても幅広くて、多くの違いがあります。
どんなことを好むのか、そのM性の違いは、まさにM女性の数だけあるといってもいいでしょう。
M性は一律的なものではないのです。
でもある程度の傾向はあります。

それが、このサイトにある「M女のアンケート」によく表れています。
自分だけではない、他にも多くのM女性がいるということ、そしてそのM性の中にもいろんな差があるということを知ること、それがまずは第一歩ではないでしょうか。



【2010/02/24 12:24】 | SM | トラックバック(0) | コメント(0)
撮影技術の進歩


連日、テレビでバンクーバーオリッピックの放送がされ、盛り上がっていますね。
冬季オリンピックはすごいスピード感がありますので、見ていて撮影技術の進歩を感じます。

スキー場の上から見下ろすようにして撮影しているテレビカメラは、一体どんな仕組みになっているんだろうって、とても疑問思います。
まるでテレビカメラが自体が空を飛んでいて、空から映しているかのような映像です。

画質も格段にきれいになり、あのスピードについていく美しい映像を家のテレビで見ることができます。
普段はあまり見ることのできない滑降などのスキー競技は、見ていてワクワクします。
4年に一度の楽しみは、撮影技術の進歩によってさらに大きくなっているようです。



【2010/02/22 12:09】 | 日々の思い | トラックバック(0) | コメント(0)
SM雑誌 マニア倶楽部
先日の画像掲示板にも書かれていましたが、マニア倶楽部というSM雑誌に僕は記事を書きました。
12月にマニア倶楽部の編集部の方よりメールで「書いて欲しい」とのお話があり、マニア倶楽部は以前に僕も愛読していた雑誌でしたので、すぐにお受けしました。

この最新号です。



「出会いのための特設ページ」という中に、「マニア交際の手引き」というタイトルで3ページ載っています。
163~165ページに載っています。

マニア倶楽部の編集部の方からメールをいただいて、約10日間ほどで書き上げました。
かなり頑張って書いたつもりなんです。

このサイトにいつも書いているような感じでいいと言われましたけど、やっぱり本に載るとなると力が入ります。
もしまた機会があれば書いてみたいものです。
それと、写真などももっと載せて欲しいと思いました。

新しいことにチャレンジするのは、ワクワクするものです。
もしまた機会があれば、お願いしたいと思います。
【2010/02/21 21:16】 | SM | トラックバック(0) | コメント(0)
春の足音
まだまだ寒い日が続きますけど、探せば春の足音も聞こえてきています。
先日、春を待ちかねてカメラを持って出かけてきました。





風に揺れる菜の花は、とても撮りにくくて少しピンボケですが、それでも春を感じさせてくれました。
菜の花は僕の大好きな花です。
菜の花の明るい黄色は、僕に元気をくれるような気がするのです。

バンクーバーオリンピックの真っ最中ですが、それでも春を待ち遠しく感じます。



アダルトグッズのNLS
【2010/02/19 07:53】 | 日々の思い | トラックバック(0) | コメント(0)
温泉が大好きです。


寒い日です。
こんな日は温泉に入りたくなりますね。

愛奴と一緒に温泉に行くのが、僕は大好きです。
できれば貸切風呂のある旅館かホテルがいいですね。

麻縄で縛りあげ、そのまま股間縄を通して浴衣を着させます。
旅館の廊下を歩く時、股間縄がこすれて腰がいやらしく動いています。
浴衣の下は何も付けていなくて、麻縄だけ。
薄い浴衣から、ツンと突き出た乳首の形が見えます。

貸切風呂の脱衣場で愛奴が浴衣を脱ぐ姿は、とてもいやらしくてセクシーです。
浴衣の下から麻縄が食い込む白い肌が見えます。




【2010/02/18 02:58】 | SM | トラックバック(0) | コメント(0)
バンクーバーオリンピック
昨日の日曜日はバレンタインデーでした。
今年は日曜日だった関係でしょうか、去年よりももらった数は激減していますね。

さて、そんなバレンタインデーをよそに、バンクーバーではオリンピックが開かれています。



モーグルの上村愛子は4位と、残念でしたね。
決勝後のインタビューでの涙が、印象的です。









【2010/02/15 06:28】 | 日々の思い | トラックバック(0) | コメント(0)
逆チョコ


先日、初めて「逆チョコ」という言葉を知りました。
まあ、このサイトを見ている方の大半はその意味をすでにご存じでしょうけど、念のためにご説明しますと、バレンタインデーでは本来は女性が男性にチョコレートをプレゼントして愛を告白する日ということですが、「逆チョコ」は男性が女性にチョコレートをプレゼントするのだそうです。

何といいますか、世の中もしばらく見ないうちにずいぶん変わったなあと感じます。
こういうものは、急激に普及する可能性があります。
いつの間にか逆のほうが当たり前になってしまっているというのは、どんな時代でもよくあることです。
あと何年かすると逆チョコのほうが普通になっていて、チョコレート売り場には男性が群がっているという図が見られるかもしれません。

でも、そうなったらホワイトデーはどうする?



【2010/02/11 16:37】 | 日々の思い | トラックバック(0) | コメント(0)
菜の花は小さな幸せをくれます


2月も中ほど入り、春が待ち遠しいと感じるようになりました。
菜の花は、僕の大好きな花です。
あの明るい黄色は、見る人を元気にしてくれるような気がします。
まだ、僕の住んでいる近くでは菜の花は咲いていません。

菜の花の花言葉は『元気いっぱい・小さな幸せ』だと、ある人が教えてくれました。
とてもよく分かりますね。
菜の花は元気がいっぱいで、元気があふれているような感じがします。
見ているだけで、幸せを感じます。

でも、今はまだ春の足音も聞こえません。
春は遠いようです。


【2010/02/09 08:22】 | 日々の思い | トラックバック(0) | コメント(0)
爆乳の・・・
スポーツニュースを見ていたら、女子プロゴルフで今、新井麻衣という選手が話題だとか。
話題の理由は、その爆乳にあるそうです。

これです。



なるほど、デカイ!
これはカメラマンが飛びつくわけです。

僕は胸の大きさには、ほとんどこだわりはありません。
大きくても小さくてもいいと思っています。

僕が唯一、気にするのは、相手の女性がどんなM性を持っているか、ただそれだけです。
僕のS性と相手の女性の持っているM性が合うかどうか、それが一番肝心なのです。

あとは、健康な女性であること。
SMは元々がそれ自体、危険をはらんでいる行為です。
身体に予想以上の負担がかかります。
だから、健康であることがとても大切なのです。
ホテルに救急車を呼ぶなんていうのは避けたいですから。



【2010/02/07 12:02】 | SM | トラックバック(0) | コメント(0)
転勤の季節


春はサラリーマンにとっては転勤の季節でもあります。
毎年、この春の時期に多くの転勤を見てきましたし、僕も何度も転勤を経験しています。

サラリーマンにとって転勤は、悲喜こもごもです。
誰もが納得できる転勤もあれば、「なぜ?」と疑いたくなるような転勤も数多くありました。
人の仕事は、そんなに単純に割り切れるようなものではないのです。

本人の思い、周りの人の見方、上司の見方、そして人事の見方は、それぞれ違います。
そこに合意形成はありません。
一方的に異動辞令が出されるだけです。

転勤によって仕事が変わり、職場が変わり、住むところも変わります。
いろんな思いを抱きながらも、それを黙って押し殺して転勤していきます。
辞令交付の時にもらった小さな花束と、ホワイトデーのお返しができなくなったバレンタインチョコが引っ越し荷物の段ボール箱の隅に入っています。
引っ越し荷物の片付いた部屋に、弱い春の日差しが射し込んでいます。

春まだ浅い頃、そうやって転勤していきます。
もうすぐまた転勤の季節です。



【2010/02/05 10:14】 | 日々の思い | トラックバック(0) | コメント(1)
節分寒波


節分の豆まきも過ぎて、暦の上では今日から春です。
でも、いつも今頃にグッと寒くなったり、雪が降ったりします。
いわゆる「節分寒波」がやってくるわけです。
風邪をひきやすい時期ですから、気をつけましょうね。

そしてもうすぐバレンタインデーです。
本命の彼にはどんなチョコを贈ろうかとか、悩んでいる人もいるでしょうね。
義理チョコは、この不景気ですから去年よりは減らそうとか・・・。

贈る側ももらう側も、妙にそわそわするのがこの時期です。



【2010/02/04 08:21】 | 日々の思い | トラックバック(0) | コメント(0)
地獄の快楽責め
アルファ・インの部屋の中には、いろんな責め具や設備が備え付けられています。
壁には鏡もちゃんと絶妙な位置に付いていて、M女性の羞恥心をあおるような仕掛けになっています。

このSMチェアは、下のハンドルをグルグルと回転させていくと、イスそのものが段々と後ろに倒れていくようになっています。
イスに座らされたM女性は、そのまま仰向けのような形になります。
股間を大きく開いたままで。



前を向いても横を向いても鏡があり、自分の恥ずかしい姿が目に飛び込んできます。
そんな状態にされているM女性の乳首にクリップを付けると、とてもいい声で泣きます。

さらに、オマンコにはローターを埋め込み、ローターを入れたままでバイブも突っ込んであります。
乳首の痛さと、オマンコの快楽が重なり合って、狂うほどの刺激が待っています。
準備は整いました。

頭が真っ白になり、全身から汗を噴き出し、泣き声が悲鳴に変わって、さらに声も枯れて声が出なくなるくらいまで狂わされるのです。
いくらあがいても、もがいても、皮ベルトが全身をしっかりとSMチェアに固定していて逃れられません。
さあ、地獄の快楽責めが始まります。



【2010/02/02 08:45】 | SM | トラックバック(0) | コメント(0)
羞恥と快楽責めのSMチェア
あっという間に1か月が過ぎて、もう2月になりました。
月日の経つのが早く感じられます。

この写真は、都内のSMホテル「アルファ・イン」の一室でSMチェアに固定した時のものです。



このSMチェアに座らされて、両手両足、腰、太ももを皮ベルトで固定されてしまうと、もう何をされても逃れることはできません。
動かせるのは首だけです。
しかも、足は大きく開かされ、股間は丸見えになってしまいます。

両足を大きく開いたその目の前には大きな鏡が設置され、股間がくっきりと写し出されています。
羞恥と快楽責めのSMチェアです。



【2010/02/01 03:34】 | SM | トラックバック(0) | コメント(0)
M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆


SMに目覚めたM女性のためのブログです。縄で縛られてみたい、本物のS男性から調教されてみたいという願望を持っているM女性向けです。 誰にも知られたくない秘密のトビラ・・・。 奴隷の快楽・・・。

プロフィール

SM愛好家 Blue

Author:SM愛好家 Blue
関東に住むSM愛好家。
名前をBlueという。
これまでに調教してきたM女性は多数。

詳しくは、本家「M女の隠れ家」を見てください。
http://yayaya1.com./
リンクのトップにあります。

翻訳

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

最近の記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


アナタノカタチ

緊縛放置 叶屋

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

私の性奴隷調教日記

淫縛と調教の世界

Kaede's Room

SとMになる時間。

エトランジェ

アブノーマルなLOVEライフ

SM奴隷調教ブログ

SM Sleeper

時々、俺縄

北海道 SM  調教室

珈琲をこよなく愛した私のひととき

Candid Photo Blog

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: