FC2ブログ
SMで最も大切なこと
 これまでにも、何度か同じようなことをこの日記に書いています。
SMは、それ自体が危険をともなう行為です。

だから、だから最も大切にしなければならないことは「安全の確保」です。
それがS男性の最大の努めだと思っています。

安全への配慮が欠けていた場合、その被害者はM女性です。
S男性が被害者になることは、ほとんどありません。

S男性がM女性の安全を思っていれば、おのずとその行為も変わってきます。
例えば、縛りをする時でも、そこにはS男性の考えが見えてきます。

しっかりと安全を考えた縛りには、写真からもそれがよく分かります。
他のサイトの縛りを見ていると、安全への配慮がほとんどなされていない縛りのものがよく見受けられます。

「あんな縛りをして、もし万一のことがあったらどうするのだろう」と感じる縛りを、何度も目にしています。
M女性は縛られるだけで興奮し、時には絶頂に至ります。

その時、女性の体調は大きく変化します。
万一の時は、すぐに縛りを解いて手当をしなければなれません。

それができる縛りでなければならないのです。
万一の時、パラリと解ける縛りであるべきです。



縛り自体が美しいとか、M女性が感じるとか、縛りにはいろいろありますが、絶対に守らなければならないこと、それは「安全」です。
安全への配慮が欠けたSMは、ブレーキのない車のようなものです。

そんな車には、乗ってはいけません。



スポンサーサイト
[PR]

【2013/03/29 05:50】 | SM | トラックバック(0) | コメント(0)
愛奴と一緒に
 元気が戻ってくると、愛奴と一緒に旅行に出かけたくなります。
行きたいところは、いっぱいあります。

温泉は、僕の大好きなところです。
可愛い愛奴を連れて、温泉地のホテルや旅館で過ごすのは、とても楽しみです。
貸し切りの露天風呂で、二人っきり。

温泉のお湯は、お肌をスベスベにしてくれます。
愛奴のスベスベの肌を抱きながら、貸し切り露天風呂の中で抱き合います。
お湯が揺れて、愛奴が声を押し殺して泣きます。

京都もいいですね。
京都は、夏は蒸し暑いし冬は底冷えしますけど、春と秋はとても素敵です。



これは僕が撮った写真ではありません。
ネットで検索して見つけました。

有名な御室仁和寺の桜です。
こんな真っ青な空に満開の桜は、そこに住んでいないとなかなかいいタイミングで撮れる写真ではありません。

愛奴と一緒に京都の観光地を見て歩くのも、とても素敵です。
京都の旅行は、平日の空いている時がいいですね。
しっとりと落ち着いた雰囲気の中を、愛奴と手をつないで歩きたいです。
【2013/03/28 02:28】 | SM | トラックバック(0) | コメント(0)
完全復活
 桜の花も咲いて、春本番です。
一時期は消えかかっていた僕のS性も、ようやく完全復活しました。

もう大丈夫です。
ながらくお待たせしましたと言った感じですね。



S性は精神的なものですから、外部環境やストレスの影響をとても強く受けます。
そういうものが重なって、僕のS性が極端に弱くなってしまい、ひょっとしたらあのまま消えてなくなってしまうのではと心配もしていました。

でも、今はもうすっかり回復して、元どおりです。
いっぱい調教してあげることができます。
元気いっぱいです。
【2013/03/27 05:56】 | SM | トラックバック(0) | コメント(0)
マーケット(市場)化する世界
 東京では、桜が咲きました。
ポカポカ陽気に誘われて、桜を見に行ってきました。

さすがに有名な公園では、人が多かったです。







 さて、3月17日の日記の続きです。
グローバル化していくと、そこは同時にマーケット(市場)化もしていきます。

その日記にも書きましたが、マーケット(市場)は、今やあらゆるところに存在します。
そして新たなマーケット(市場)がいくつも生まれています。

例えば「労働市場」や「就活市場」という言葉は、新聞などでもよく目にします。
マーケット(市場)は取引の場ですから、そこで扱われるのは「商品」です。

地方の小さな港の鮮魚市場では「商品」は魚ですし、株式市場での「商品」は会社の株ですし、為替市場では各国の通貨(日本の円やアメリカのUSドルなど)です。
労働市場や就活市場での「商品」は、人間です。

マーケットでは、その「商品」が売買されるだけでなく、その場で「商品」の「価格」が決まります。
マーケットにおける「価格」は、その「商品」の持っている価値で決まるのではありません。

例えば、労働市場において人間の価格は、その人の持っている能力や会社への貢献度やその期待値などでは決まりません。
そうあって欲しいというのは「商品」である人間の願望に過ぎず、マーケット(市場)では「商品」の願望などは、全く考慮されません。

その「商品」の価格を決めるもの、それは需給関係のみです。
それがマーケット(市場)と言うものの冷徹な仕組みです。



【2013/03/23 06:58】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
別れの理由


「出会いに理由はいらないが、別れには理由が必要だ」
こんな言葉をどこかで聞いたことがあります。

でも、僕の場合は別れのほとんどは女性からの一方的な別ればかりです。
僕からM女性に別れ話を切り出したという記憶は、ほとんどありません。

僕はもう結婚をすることはありませんから、いつかは別れが来ます。
別れの形の大半は、M女性からの連絡が途絶えるという形です。

お互いにメールアドレスと電話番号以外は何も知らないという関係ですから、メールアドレスを変えられたらもう二人の関係は終わったと僕は理解します。
その時に、なぜかという理由は聞きません。

別れの理由を聞いたとしても、それは何の意味も持たないことだと思っています。
僕は悲しさとともに、思い出のアルバムの中に二人の楽しかった時のことを加えます。



【2013/03/21 20:02】 | SM | トラックバック(0) | コメント(1)
オナニー・ショー
 僕は調教で、奴隷にオナニー・ショーをさせることが、時々あります。
初めのうちは、恥ずかしさで抵抗していますが、段々と指の動きが早くなり、息遣いも荒くなってきます。

そうなると、もう止められません。
そうなった頃を見計らって、僕はカメラを取り出します。

下の写真は、ギャラリー2の女性です。
「いやっ。撮らないで」



でも、一度燃え上がった快感は、もう治まりません。
開いていた足を閉じて、恥ずかしい写真を撮られることを抵抗していたのに、しばらくするとまた足を大きく開いて恥ずかしいところを指でいじり始めます。

「ほら、いやらしいことを止められない」
「そんな恥ずかしい姿を、写真に撮ってあげようね」

僕は、オナニーをしているところを、フラッシュを光らせて写真に収めます。

「いや、いやぁ……、恥ずかしい……」
言葉とは関係なく、オマンコから液が垂れていきます。

彼女の股間の前に、バイブを置きました。
それを手にする時の表情を、僕は見たいのです。

彼女がバイブに手を伸ばす瞬間を、僕は辛抱強く待っています。



『ないしょのついんてーるず!』ランディングページ用バナー
【2013/03/19 07:17】 | SM | トラックバック(0) | コメント(0)
別れの季節


 東京では、もう桜の開花宣言がありました。
例年よりも、かなり早いですね。

今頃は、卒業式のシーズンであり、また転勤の時期でもあります。
卒業でも転勤でも、これまで住み慣れた土地を離れて、知らないところへ行くことになります。

親しい人との別れ、思い出を段ボール箱に詰め込んで、引越ししていきます。
もう何度も経験していることですが、一人で部屋の中で荷造りをしている時は、とても寂しい。

カーテンのなくなった窓、段ボール箱が積み上げられた殺風景な部屋、食器の置いてない流し台、見慣れた風景なのに、いつもと違う……。
窓ガラスを開けると、暖かい春の風が吹いています。

引越しトラックに荷物を全て積み込んでから、不動産屋さんに部屋の鍵を返しにいきます。
この街を歩くことも、これが最後、もう二度とこの街に戻ることはないでしょう。

見上げれば、真っ青な春の空です。
春は、別れの季節です。



アダルトグッズのNLS
【2013/03/18 07:32】 | 日々の思い | トラックバック(0) | コメント(0)
常に不完全


 昨日の続きです。
「合成の誤謬」は、普段はあまり意識されていませんが、日常的にいたるところで発生しています。
全体の調整役というのは、損な役割です。

利害調整というのは、双方から嫌われることが多く、時には火中の栗を比拾うようなこともしなければなりません。
それができる人は、それほど多くはいないのです。

個々の人や組織が、ほとんど自由に利益を追求しているのが「マーケット(市場)」です。
「マーケット(市場)」は、大小さまざまにあらゆるところに存在します。

地方の港の小さな鮮魚市場から、東京株式市場や世界の為替市場まで、マーケット(市場)は我々を包み込んでいます。
そして、それらのマーケット(市場)には、全体調整をする立場の人はほとんど存在しません。

マーケット(市場)は常に不完全であり、いろんな形で歪みが発生しています。
その歪みを利用して、人々は利益を得ようとしているのです。

マーケット(市場)では、みんなが同じように自分だけの利益の追求に走っているのですから、当然、そこには合成の誤謬が生れます。
その最大の結果が、バブルの発生とその後の暴落です。

全体調整をする人がいないマーケット(市場)では、バブルの発生は必然です。
これまでに何度もマーケットではバブルが発生し、その後の暴落を繰り返してきました。

そのたびに、大勢の人が悲劇に見舞われ、マーケットと直接関係のない人々にまで多くの災いを及ぼしてきました。
マーケット(市場)という仕組みの最大の弱点が、ここにあります。

割に合わない全体調整役を買って出る人は、あまりいません。
全体調整役のいないマーケット(市場)では、合成の誤謬はこれからも発生し続けます。

【2013/03/17 05:21】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
合成の誤謬(ごうせいのごびゅう)


 ある地方の温泉街の組合長さんは、悩んでいました。
昭和の頃は会社の慰安旅行の団体さんも来てくれて、この温泉街もそれなりに賑わっていましたが、今ではそんな団体客もほとんど来てくれなくてさびしいものです。
この温泉街は、さびれていく一方です。

この温泉街には、各駅停車しか停まらない小さな駅がありました。
ここに特急電車が停まるようになれば、もっと客を呼べるのではと、組合長さんは考えました。

そこでその組合長さんは地元の政治家に働きかけて、その駅に特急が停まるようにしたのです。
すると、温泉街のお客が増えてきました。
組合長さんの目論みが当たり、にんまりです。

その噂は、すぐに近隣の市や町に広まりました。
あんな小さな町の温泉駅に特急が停まるなら、我が市の駅にだって特急が停まるべきだ。
駅前商店街がさびれているその市の顔役さんは考えました。

そして顔役さんとつながりのある政治家を動かして、その市の駅にも特急が停まるようにしたのです。
するとその駅の乗降客も少し増えて、さびれていた駅前商店街は少しだけ潤いました。
顔役さんは、にんまりです。

そんな話を聞き付けた沿線の市や町の商店街や温泉街は、もう黙っていられません。
我も我もと、その沿線の市や町では地元の駅に特急が停まるようにあの手この手で働きかけ、とうとうその沿線のほとんどの駅に特急が停まるようにしてしまいました。

特急が各駅停車と同じになったのです。
そうなると、その電車に乗る人は特急料金を払って各駅停車に乗っているようなものです。

そんな電車には、もう誰も乗ってくれず赤字路線になってしまいました。
やがてその路線の特急電車は廃止され、温泉街も駅前商店街も前以上にさびれていきました。

これは作り話ですが、一部実話を元にしています。
こういうのを「合成の誤謬(ごうせいのごびゅう)」と言います。

「ミクロの利益の追求はマクロの不利益」という意味です。
特にみんなが同じ行動を取ることの多い日本では、これはよく起こる問題です。

合成の誤謬を防ぐには、ミクロの利益の追求だけでなく、全体的な視点でそれぞれの利害の調整をする立場の人が必要になります。
先の特急列車の例で言うならば、どこの駅に特急列車が停まるのがもっとも効果的かを考えて、それぞれの地元の利害調整を行える立場の人です。

それを行うのが地方政治であり、政治家はただ地元への利益誘導を行うだけでなく、その地方の全体調整をしなければなりません。
個々の人や組織が利益を追求するのを放任していくと、いたるところでこの「合成の誤謬」は発生します。



ラブサプリ特集
【2013/03/16 19:13】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
際立った能力


ユニクロ 疲弊する職場 サービス残業が常態化、うつ病の罹患率も高い

2月8日、東京・六本木のミッドタウン・タワー。カジュアル衣料大手のユニクロやジーユーを傘下に持つファーストリテイリングの東京本部で、新卒採用イベント「ユニクロ・ジーユー希望塾」が開かれた。
同社の柳井正会長兼社長が開口一番こう語りかけると、800人弱の学生たちで埋め尽くされた会場は、どっと沸いた。「世界一へ。グローバルリーダー募集」と大書された採用パンフレットには、多くの社員たちの笑顔が並ぶ。「入社1年半でフランスに赴任」「バングラデシュでソーシャルビジネスを起業」といった内容に、学生たちは目を輝かす。

だがこの日のイベントでも、採用パンフレットでも、決して明かされなかった事実がある。この数年間、ユニクロの新卒社員の3年内離職率は実に5割前後で推移している。
数百人単位で新卒社員を採用する大企業としては、極めて異例の高水準だ。 日本を代表する急成長企業の裏側で、いったい何が起きているのか。「終わらぬ膨大な作業 ユニクロ一色の生活」


こんな記事が目に止まりました。
これまでのようなデフレ下にありながら際立った利益率を上げられる会社には、それなりの要因があるはずです。

経営者や幹部が際立った能力を持っている会社などというのは、ほんの一握りしかありません。
ほとんどの会社の経営者や幹部は、ごく普通の能力しか持っていないのです。

ごく普通の能力しか持たない経営者の会社が他社よりも際立った利益率を上げる方法は、通常は以下の3つです。

①取引先を泣かせる。
②従業員を酷使する。
③違法行為をする(それが発覚すると「不祥事」と呼ばれます)。

際立った能力の経営者がいるわけでもなく、際立ってよい条件下にあるわけでもない会社が、際立った利益率を上げられるわけがありません。
原因がなければ、結果は生れないということです。
もし、原因がないのに結果が生れたならば、それば偶然の産物であり、そういう偶然は一時的なもので長くは続かないものです。

マスコミは一時的な結果だけを見て、いくつもの会社の経営者に「彼こそは際立った能力がある」と喧伝しています。
でも、そんな際立った能力のある経営者など、めったにいないのですよ。

際立った利益率の会社のほとんどは、先に上げた3つの方法のどれかを取っているだけです。

【2013/03/14 07:01】 | 日々の思い | トラックバック(0) | コメント(0)
磔(はりつけ)の調教
 今月のトップページの写真は、アルファ・インの部屋で磔(はりつけ)にしてオマンコの中にローターを埋め込んでいる写真です。
同じことを、別の子にもしてみました。
下の写真の子は、初公開です。



オマンコの奥に埋め込まれたローターの刺激で、腰がくねくねといやらしい動きを見せます。
股間からブーンという音が、聞こえてきます。

「ああぁ……、いやぁ……」
ローターの刺激が、この子を悶えさせています。
こんな恥ずかしい恰好にされ、ローターの刺激に嬲られても、磔(はりつけ)にされていては、逃れることができません。

太ももの途中まで引き下げられたストッキングとショーツが、いやらしさを増しています。
陰毛を見られてしまっていますが、両手を上に拘束されていて、隠すこともできません。

19歳の女子大生は、肌もきれいです。
透き通るようなその白い肌が、アルファ・インの石造りの壁に固定され、ローターの刺激に悶えています。

鏡に写る姿は、まるでもう一人向こうにいるかのようです。
【2013/03/13 02:15】 | SM | トラックバック(0) | コメント(0)
3.11から2年


 昨日の11日で、あの東日本大震災から2年が経ちました。
各地で、いろんな追悼行事が行われていました。

いまだに31万人もの方が避難生活を続けているとニュースで言っていました。
31万人も!
あれから2年も経っているのに……。

復興がなかなか進まない最大の原因は、福島第一原発にあります。
地震や津波などの天災は、どうしようもないと感じますが、原発事故は東京電力のこれまでの強欲や怠慢・思い上がりの結果、発生した人災です。

しかも、事故後の被災者への対応が、あまりにもひどくて誠意がなかった。
そんな会社が、いまだに多くの人々を苦しめている。
それが悔しいです。
【2013/03/12 06:47】 | 日々の思い | トラックバック(0) | コメント(2)
とっても素敵なパーティでした


 9日の土曜日は、とても楽しくて素敵なパーティになりました。
主催する側としては、いろんな苦労がありましたけど、それらが全部消し飛んでしまったような気分です。

今回は前回よりも参加された人数も多く、しかもS男性よりもM女性のほうが多いというパーティでしたので、とても賑やかにワイワイとおしゃべりもされていましたね。
S男性は前回よりもかなり多い参加人数でしたけど、さらにM女性は前回の倍以上の参加人数でした。

僕は4人のM女性を縛ったのですが、会場では他のS男性がご自分の縄や拘束具を持参されて、参加されているM女性を縛ったりしていました。
ご自分の縄やSM道具を持ってこられたS男性や、SM関連の本や雑誌をいっぱい持ってこられたS男性もいて、予想外に盛り上がっていました。

今年の秋に、もう一度パーティを開いて欲しいとのご要望がありましたので、秋に企画します。
その時まで待ち遠しいです。



【2013/03/11 03:28】 | サイト関連 | トラックバック(0) | コメント(0)
明日、9日はパーティです


 いよいよ、明日になりました。
僕のサイトの11周年記念パーティを開きます。

これまでも、いろんな細かい準備をしてきました。
かなり面倒な作業もありましたけれど、それが決して苦にならない。
仕事だったら嫌になるようなこまかい作業でも、自分で企画したものは楽しみでもありますね。

ところで、今回の参加のお申込み状況を見ますと、なんと男女比が逆転しています。
これまでは、S男性のほうがM女性よりもやや多かったのに、今回はM女性のほうがかなり多いのです。

女性の多いほうが会場は華やかになりますけど、S男性は小さくなってしまいそうで、ちょっと心配……。
今回は、余興も予定していますので、これまでにも増して楽しいパーティになりそうです。

参加お申込みをされた方だけの「秘密の掲示板」も、すごく盛り上がっていて、見ているだけでも楽しいです。
パーティの前にこういう掲示板でいろんなお話ができるのは、とても良いことだと感じました。
すばらしいアイデアをいただき、感謝しています。

【2013/03/08 10:02】 | サイト関連 | トラックバック(0) | コメント(0)
おいしい汁

  
  大阪府交通安全協会、200人規模リストラ、民間企業に入札競り負けで
2013.3.6 02:10
 大阪府警が導入した一般競争入札で民間企業に競り負け、40年間にわたって任されてきた運転免許証の更新時講習を平成25年度から受託できなくなった財団法人「大阪府交通安全協会」が今月中に全職員の半数にあたる最大200人規模の人員削減を実施することが5日、分かった。年間収入の3分の1を占めていた講習委託料に代わる財源を見いだせず、大幅な人件費抑制を余儀なくされていた。

 協会によると、削減されるのは更新時講習に携わっていた65歳以上の講師や事務員ら。任期付きの契約職員が多く、25年度以降の契約を打ち切る。協会の職員数は2月1日現在で431人。このうち半数近くを府警OBが占めており、OBの大半が今回の削減対象になるとみられる。


世の中にはこのような「なんとか協会」という名前の団体がいっぱいあります。
ほとんどが、公務員関係のOBの受け皿になっているようです。

誰もがこのことは分かっていましたが、経済が右肩上がりの時は、あまり目くじらをたてずに「まあ、この程度はいいか」としていました。
でも、財政赤字が膨大となる中、非正規雇用やいろんな官民格差が問題となり、ようやくこの分野にもメスが入るようになったと言えます。

とは言え、この動きが一気に広まるとは思えません。
自治体ごとにいろんな「なんとか協会」は分かれていますので、その地方のしがらみがこの動きを束縛しています。

この「なんとか協会」は、いろんな権益を独占しなおかつ補助金までもらっていたりしていますが、存立目的が「公益に資する」ことになっていますので、おいそれと民間への変更ができないのです。
まだ当分は、このおいしい汁を吸うOBたちは安泰でしょう。



【2013/03/07 06:43】 | 日々の思い | トラックバック(0) | コメント(0)
さびしくないですか?


 長く一人暮らしをしていると、よく他の人から「さびしくないですか?」と問われます。
確かに一人でいると、ふと寂しさを感じることもありますが、もう長いのでそれも慣れてしまいました。

でも、転勤して知らない土地に引っ越していく時は、とても寂しさを感じます。
僕はサラリーマンですから、辞令という紙切れ一枚でどこへでも転勤させられます。

住み慣れた土地を離れ、多くの親しい人と別れ、思い出のいっぱい詰まった部屋から出て行かなければなりません。
部屋の中を片付けて、引越しの荷造りをするのは、これまでにも何度も経験してきていますが、その時が一番寂しさを感じます。

それは、いつも今の頃の季節です。
まだ春の日差しが弱くて、時折、冬に逆戻りするような寒さの残る時期、僕は住み慣れた土地を離れて転勤していきました。

引越しのトラックを何台も見かけるようになりました。
あとどれだけ僕はここにいられるのだろう?

さびしさと不安が入り混じる、そんな季節です。


アダルトグッズのNLS
【2013/03/06 06:40】 | 日々の思い | トラックバック(0) | コメント(0)
春一番


 昨日は、ポカポカ陽気で春一番も吹きました。
コートもジャケットもいらないと感じるほどで、季節がいきなり飛んでしまったような感覚になりました。

でも、今日はまた冬に逆戻り。
毎年のことですけど、今の時期は気温の変化が激しいですね。

伊豆の河津桜も満開でしょう。
僕も、何度か河津に行きました。

伊豆は僕の大好きなところです。
これまで何度も伊豆の温泉に行きました。

春、これからしばらくは、また遠い昔を思い出す季節です。
忘れかけていた記憶が、またよみがえってきます。

【2013/03/02 07:00】 | 日々の思い | トラックバック(0) | コメント(0)
まだ、間に合います
3月9日(土)に開催する11周年記念パーティへの参加お申込みは、S男性・M女性ともにまだ間に合います。
もし、迷っている方は、ぜひ一度ご参加ください。
いろんな方と、楽しいおしゃべりができますし、おいしいお料理やデザート、お酒に、ちょっとSMっぽい余興(当然といえば当然ですが)も企画しています。

参加お申込みは、こちらからどうぞ。
  11周年記念パーティのご案内



今年は、仕事が例年以上に忙しくて、パーティの準備が遅れています。
あと1週間しかありません。

がんばらねば……。



【2013/03/01 18:12】 | サイト関連 | トラックバック(0) | コメント(0)
M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆


SMに目覚めたM女性のためのブログです。縄で縛られてみたい、本物のS男性から調教されてみたいという願望を持っているM女性向けです。 誰にも知られたくない秘密のトビラ・・・。 奴隷の快楽・・・。

プロフィール

SM愛好家 Blue

Author:SM愛好家 Blue
関東に住むSM愛好家。
名前をBlueという。
これまでに調教してきたM女性は多数。

詳しくは、本家「M女の隠れ家」を見てください。
http://yayaya1.com./
リンクのトップにあります。

翻訳

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


BALS大好き

アナタノカタチ

緊縛放置 叶屋

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

私の性奴隷調教日記

淫縛と調教の世界

Kaede's Room

SとMになる時間。

エトランジェ

アブノーマルなLOVEライフ

SM奴隷調教ブログ

SM Sleeper

時々、俺縄

北海道 SM  調教室

珈琲をこよなく愛した私のひととき

Candid Photo Blog

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: