FC2ブログ
27、28日に千葉市の幕張メッセで開かれた会員イベント「ニコニコ超会議2」
インターネット愛好家などを集めたイベント「ニコニコ超会議2」の自衛隊ブースで、迷彩服を着て10式戦車に乗った安倍晋三首相=千葉市美浜区の幕張メッセで2013年4月27日午後4時29分、鈴木泰広撮影

インターネット動画配信サイト「ニコニコ動画」の大規模イベント「ニコニコ超会議2」(実行委主催)が27日、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開かれた。他のイベントでは見られないユニークな催しが各所で開かれ、開幕時には約1万2000人の列ができ、安倍晋三首相が訪れたイベントでは会場が大混雑になるなど、各ブースでにぎわった。

 目立ったのは、抽選で当選した希望者が巨大ステージで好きな歌を歌う「超歌ってみた のど自慢ステージ」で、約60人の枠に2000人以上の希望者が殺到。ステージで踊るダンサーの希望者も多かった。次々とアニメの曲が流され、歌声と応援の歓声が会場に響いた。

 他にも、収益を東日本大震災の復興支援のために寄付するTシャツを制作するためにマンガ家が公開で巨大な絵を描きあげる「ライブドローイング」、巨大な日本地図に来場者らが地域への思いを書いたふせんを次々と張っていく「にっぽん地図カキコ」も盛況。ジャーナリストの田原総一朗さんを司会に批評家らが激論を交わす「超ニコニコ言論コロシアム」、懐かしいゲームが楽しめる「超ゲームエリア」、虫の模型が華麗に空を飛ぶデモンストレーションが行われた「超ニコニコ技術部」にも、多くの人が詰めかけた。
 「ニコニコ超会議」は、「ニコニコ動画のすべて(だいたい)を地上に再現する」をコンセプトに、音楽やアニメ、ゲームなどさまざまなジャンルを網羅するイベントで、今回は78社・団体が参加している。28日まで。当日券は2000円。(毎日新聞デジタル)


コスプレーヤーと総理大臣が同じ会場でアピールする時代になったんですね。
最新鋭の10式戦車を持ち込んだりして、政府も力が入っています。

ネット選挙が解禁されると、社会が大きく変わるはずです。
政治への関心度合いも投票率もそして選挙結果も、これまでとは全く違う世界が広がってきます。

そのことをちゃんと認識している政党は、こういうイベントに力をいれています。
このイベントにブースすら出していない政党は、もう全然時代の変化を読めていないと言えます。

安倍総理には、ちゃんと読めているようですね。
ここにローゼン閣下が訪れたら、もっと盛り上がったでしょうに……。

政治が動けばお金が動く、これ常識です。
かつて多くの土建会社に政治家がらみの工事が入って、多額のお金が流れていきました。

それと同じことがネット関連の会社にも起こるはずです。
選挙結果を大きく変える可能性のあるネット選挙の解禁は、とても大きなインパクトです。



スポンサーサイト
[PR]

【2013/04/29 07:51】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
もうすぐゴールデン・ウィーク
もう今日からゴールデン・ウィークで連休だという人もいるかもしれませんね。
今年のゴールデン・ウィークは、天候にも恵まれて景気も回復傾向にありますから、行楽地は昨年以上ににぎわうことでしょう。

さて、昨日の続きです。
オレの子のはずなのに血液型が合わないことに心配したある男性が、産婦人科の医者に尋ねました。

医者;「血液型が合わない? ああ、そういうのはよくあることなんですよ」
オレ;「え? よくあるんですか?」
医者;「はい。そんなのはもう日常茶番劇、おっと違った日常茶飯事です。だから全然心配しなくて大丈夫ですよ」
オレ;「大丈夫なんですね。良かったあ。これで安心しました。ありがとうございますっ!」

家族だから血液型が合わなきゃいけないって、誰が決めたんだ?
人種が違ったって、生物の種が違ったっていいじゃないか。

今年はグローバル化なんだから。
もうイケイケだい。


【2013/04/27 12:27】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
離婚率の国際比較


結婚した人のうち、どれだけが離婚するかという数字で離婚率を表すと、日本の離婚率は36.4%になります。
結婚した3組に1組以上が離婚するという確率です。

ちなみに、フランスは53.8%、ハンガリーは66.7%、ポルトガルに至っては67.5%と3組に2組以上が離婚します。
結婚し続けるほうが少数派というデータです。

離婚した後、再婚、再々婚を繰り返していくと、子供はどっちの親に付いていくかはその時の状況次第となりますので、その内に血筋が全くつながっていない親子や兄弟関係が出来上がります。
戸籍上は親子や兄弟であっても、DNAは全く別物ということになります。

日本でも、すでにそういう家族が生れています。
妹は日本人なのに、お兄ちゃんは黒人で、お父さんは犬、という家族がいます。

親子で血液型が違うっていうくらいは、もう目じゃない。
人種や生物の種まで違うんですから。
オレの子のはずなのに血液型が合わない、などという細かいことを気にしてちゃいけない時代に入ったのです。


DVD販売ページ
【2013/04/26 13:38】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
グローバル化しない社会


 グローバル化が進んで、日本の社会も新興国のような生活レベルに落ちて行くという論調を時々目にします。
では、果たして本当にグローバル化は進んでいくのでしょうか?

確かに経済面ではグローバル化は進んでいくでしょう。
しかし、文化面や宗教の面ではそう簡単にグローバル化は進んで行かないと僕は思います。

特に宗教は、そんなに簡単には変わりません。
日本にいると宗教への意識はとても低いですが、他の国では宗教が全ての基軸であり全てに優先するというところがいっぱいあります。

僕の会社にも、イスラム教の外国人社員がいます。
毎日、特定の時間になると、どんなに忙しい時でも、あるいは大事な会議の真っ最中でも、部屋の隅で床にマットを敷いて一定の方角に向かって前屈運動を始めます。

ラマダン(断食月)に入ると、昼食の時間は付き合いが悪くなります。
そして、時々爆弾テロを仕掛けます。

彼には、日本は仏教国だと何度言ってもそれを聞き入れようとはしませんでした。
すごく頑固で、かたくなにイスラム教の習慣を死守します。

とてもグローバル化などできない柔軟性に欠けた男です。
世界には宗教を主軸に動いている国がたくさんあり、宗教がグローバル化の妨げになっていると感じます。


【2013/04/23 04:35】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
アベノミクスと新聞報道
 おバカの日経新聞を読んでいると、アべノミクスという単語が何度も目に入ります。
ヒマな日に数えてみたら、一日分の新聞に50回近くも載っていました。

概して新聞報道では、アベノミクスに対しては好意的な書き方になっています。
日本経済も復活の兆しが見えており、政府のいろんな取組が前に進んでいるように見えます。

新しい取り組みがどんどん出てきており、それが実現されているように感じられます。
民主党政権時代は、ただ議論や検討や調整をしているばかりで、前に向かって進んでおらず息苦しさを感じていましたが、安倍政権になってからはいろんなことに風穴が開いて空気が流れ始めています。

いい傾向だと思います。
先日の日経新聞に、こんな内容の記事が載っていました。

麻生副総理が、先日アメリカで講演した際のことです。
「日本の政権は、(クルクル変わる)回転ドアのようだと評されるが、それは今の総理と私のことを言う」と言って会場の爆笑を誘ったそうです。
こういう自虐ジョークを言えるのは、さすがローゼン閣下です。



彼は英語は堪能ですから、通訳なしで言ったのでしょう。
安倍、麻生、石破のトリオは、なかなか面白いです。


【2013/04/22 08:56】 | 日々の思い | トラックバック(0) | コメント(0)
携帯番号を変えました


 僕の携帯電話の番号が、外部に漏れてしまいました。
「まさる」と名乗ってパーティに参加した20代の男性が、僕にしつこく嫌がらせをしてきています。

この男性に僕の携帯電話の番号が漏れてしまい、彼からさらに外部の人に流れていきました。
全く知らない人から突然僕の携帯に電話がかかってくるようなことが起きてしまいましたので、、携帯電話の番号を変更しました。

この「まさる」と名乗っていた20代の男性は病的な性格ですが、どこにでもいるんですよ、こんな病的な人というのは。
携帯電話番号の変更は、こういうサイトを運営していると、時々発生します。

僕の携帯電話の番号を登録していた方には、お手数をおかけしますが、前の番号は一旦削除してください。


コスパ最強のSMグッズ大量入荷! NLSはSMにも本気出します!
【2013/04/20 07:01】 | サイト関連 | トラックバック(0) | コメント(1)
M女性の悩み
これは「M女の告白・相談掲示板」に書かれていたものです。
多くのM女性が同じように感じて、同じように悩んでいると思います。

題名:告白 名前:リトル 2013/01/08(火) 12:45 No.1469

ここの掲示板は告白をしてもいいのだと気が付いて・・・


私のM性を目覚めさせたのは、最初の彼でした。
でもそれは、穏やかな目覚めではなく、なおかつ中途半端すぎて自覚することもできない目覚めでした。

もちろんそれまでも、妙な触手が出てくるような小説に濡れてしまったり、自由がきかない状態で快感を与えられるシーンで興奮してしまったりはしていましたが、それはあくまで妄想の域を超えてはいなかったと思います。
その時点でMとしての素質は十分にあったのですが、私のM性を目覚めさせたのは、彼だったと思うのです。
ですが、もしかしたら彼はSではなかったかもしれません。
彼はただ、彼の普段見ていたであろうAVをそのまま実行しようとしただけろうと思います。
外で舐めることを要求して来たり、トイレのドアを開けたままにさせようとしたり。
彼が最初の人だった上に、本来のSMが持つべき信頼関係も何も成立していない状態での彼の行為は、何ら気持ちのいいものではなく、深く私自身を傷つけました。
そして、おそらく彼自身もあまり楽しくはなかったのでしょう。
彼の行為に乗り切れない私に、不躾な言葉を向けることもありました。

そんな彼との関係についていけなくなり別れた後、新しい恋人が出来た時に、私は愕然としたのです。
自分は感じることが出来るのだろうか、と。


そして、彼には隠して、年配の男性、Sさんと関係を持つようになりました。
年上だということもあったのだろうと思いますが、その人は優しく紳士的でした。
私は、最初の彼にM性を中途半端に目覚めさせられ、痛みしか伴っていなかったのを治したかったのです。

Sさんは、優しく私を導いてくれました。
まずは普通の行為で私が感じることができること、イクことができることを教え込み、
カメラを向けた状態で命令されるままに脱ぐこと、
恥ずかしいことを口に出すこと、
命令されるままに自慰をすること、
おもちゃを入れたまま、電車に乗ること。
そういったことを、一つずつ教えてくれたのです。

ですが、彼を裏切ってそんな淫靡な関係を持っている事実や
Sさんに惹かれそうになる事実にだんだん耐えられなくなって別れたのです。


それ以降、私はM性を封印してきました。


これが、私の告白です。
最初の彼につけられた傷は、なお残っているようで、私はどうすればいいのか分からなくなります。
もしかしたら、Sさんと関係を持つべきではなかったのかもしれません。
そのことが私の傷をさらにひどくしたのかもしれません。
でも、あのときは他に道を選ぶことはできなかったのです。
それほどに、私は追い詰められていました。

こんな私は汚いと思いながら、心の底から好きになれた今の彼がS性を持っていることを望んでしまうのです。
もしかしたら、私は付けられた傷を消すために、彼にS性を求めてしまうのでしょうか?

自分の告白をどう書くのがいいのか分からなくて、こんなちょっと小説みたいな形になってしまいました。
この場に相応しくなかったら、ごめんなさい。


S男性からの調教を受けたいけど、それは今付き合っている彼に対する裏切り行為になるのではないか……。
淫靡なことに興味を持ってしまう自分が、汚く感じる……。

一度、SMを知ってしまうと、もう元には戻れなくなるのではないかと不安……。
S男性に惹かれていく自分が怖い……。

これらの悩みは、全て性に対する世間の常識とSMとのギャップから生まれています。
付き合っている男性と、ベッドの中で抱き合ってセックスをするだけの行為が、純粋で美しいという世間の常識です。

でも、それはただの生殖行為であり、所要時間は15分程度でしょうか。
男性は射精さえすればそれで満足できますが、M女性は15分間の生殖行為ではとても満足できないはずです。

純粋で美しい「性」とは、女性が性的な快楽を求めることを「悪」とし、子孫繁栄のための生殖行為だけにその身を捧げることです。
これは男性の側からだけの、とても一方的な偏見だと僕は思っています。

こんな偏見を常識として受け入れてしまい、それに悩んでいるM女性が可愛そうです。
気持ちいいと感じること、ワクワク・ドキドキすること、興奮すること、楽しい・うれしいと感じること、そんな感情を否定するのは、決していいことだとは思えません。

【2013/04/13 14:35】 | SM | トラックバック(0) | コメント(1)
失敗は何度でも


ネットでいろんなところを見ていたら、こんな言葉が目につきました。
「失敗? それがどうした?」

失敗などというものは、僕にとってはどうでもいいことで、全く気にも止めません。

僕は失敗と言う言葉を知らない。
全ては完成への一歩に過ぎないのだから。
(Blue/SMサイトの管理人)

これは、2007年2月21日の日記に書いた内容です。
失敗なんて何度でもやればいいし、そもそも僕は失敗などとは思ってもいません。

僕も若い頃は、失敗を恐れていました。
他人の目をとても気にしていましたし、一度失敗したらそれを取り返すのは大変なことだと感じていました。

でも、長い経験を経て、今は他人のことなど誰も気にしていないと分かりましたし、失敗を取り返すなんてどうでもいいことで、放置しておいてもいいと知りました。
反対に、失敗することで経験値が上がります。

失敗を繰り返すことで得られる経験値は、とても貴重です。
むしろ、経験値を上げるために積極的に失敗すべきだとも思えるほどです。


【2013/04/12 06:47】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
切なくて


愛奴と一緒に以前歩いた道を、先日一人で歩きました。
手を握って二人並んで歩いた時の記憶が、鮮明によみがえってきました。

もう彼女に会えない。
今は、どうしているのだろう……。

そんなことを思いながら一人であの道を歩いていると、切なくて胸が急に苦しくなりました。
苦しくて歩けなくなって、一人道端にたたずんでいると、まるですぐそばに彼女がいるような錯覚に襲われます。

大きく息を吐いてから、僕はその道を外れて、家路につきました。
電車の中でも、時々窓ガラスに写る姿に彼女の面影を感じます。

切ない春です。
【2013/04/10 11:34】 | SM | トラックバック(0) | コメント(0)
麻縄をなめしています


 僕のS性が復活して、疼き始めています。
新しい麻縄を買って、なめしています。

新しい麻縄を手でしごいていると、僕の中のS性がウズウズとしているのが感じられます。
この麻縄を使う時、どんな女性がこの縄の中でもがくのだろう……。

新しい麻縄は、これまで使っていた麻縄よりもやや太く感じられます。
麻縄は使いこんでくると、段々と痩せてきます。

だから、新しい麻縄はやや太く感じられるのです。
でも、なめしていると、その太さが手になじんできます。

他にもいろんな道具類の準備は、万端です。
道具たちが出番を待っています。



コスパ最強のSMグッズ大量入荷! NLSはSMにも本気出します!
【2013/04/09 05:10】 | SM | トラックバック(0) | コメント(0)
普通のエッチができなくなる?


 時々、僕にM女性から質問が来ます。
「SMにはとても興味があるけど、それを知ってしまったら普通のエッチに戻れなくなってしまうのではないかと心配です」
というような内容です。

これまでにも、何度も同じような質問を受けています。
そして、この日記に何度も同じようなことを書いています。

性欲と食欲は人間の二大欲求と言われるほどに、その性質が似いてます。
料理に例えるなら、SMはおいしいフランス料理。
普通のセックスは、普段食べている和食のようなものです。

たまにおいしいフランス料理を食べたからと言って、もう普通の和食が食べられなくなるというものではありません。
むしろ、たまにはおいしい料理を食べたほうが、ストレスの発散や気分転換にもなります。

ずっと普段の料理ばかりだと、変化がなくて偏食になったり、ストレスが溜まったままだと過食になったり摂食障害になったりもします。
意味のない心配をして「本当の自分」が望んでいることを、無理やり押さえつけるのは、決していい結果につながりません。

「本当の自分」の声にそっと耳を傾けて、静かに聞いてあげてください。
「本当の自分」の声はとても小さいから、日中の騒がしい中ではなかなか聞こえてきません。

夜の静かな時間に、耳を澄ませて聞いてあげてね。
真実は、そこにあります。



【2013/04/04 07:45】 | SM | トラックバック(0) | コメント(0)
いつもフラれています


 M女性との出会いと別れは、いろんな形があります。
そんな中でも、僕はフレれた回数はとても多いと思います。

フラれるたびに、僕は落ち込みます。
何度も何度もフラれ続けているうちに、少しずつフラれることにも慣れてはきましたけど、それでもやはり落ち込みます。

付き合っていたM女性と別れる時も、ほとんどは僕がフラれます。
別れの多くは、他にいい男性ができたからという理由です。

他に好きな人ができたからと、はっきりと言って別れて行くM女性が多いのですが、何も言わずに突然音信普通となるM女性もいます。
でも、そんな場合でも、予兆のようなものがあって、僕にはある程度は分かります。

会って調教していると「あ、他に男性ができたな」と、なんとなく分かるんです。
僕がそう感じてから、しばらくすると音信不通になります。

僕は今、落ち込んでいます。



【2013/04/03 06:28】 | SM | トラックバック(0) | コメント(1)
マーケットの原理


マーケットでは、商品の価格はそれが持っている価値ではなく需給関係で決まる。
この原理を理解していれば、これからの行動は大きく変わります。

みんなと同じだということは、自分の価値を自ら下げているのと同じことです。
いくらでも簡単に代替えのきく人間なら、それは無価値です。
せいぜい代替えコスト分の価格でしかマーケットでは評価されません。

でも、今の学校ではみんなと同じであることを求められます。
そのために貴重な青春時代を浪費しているのです。
その結果として、自分の価格を暴落させているのです、本当はもっと高い価格が付くはずなのに。

同じようなことを、2009年10月14日の日記にも書きました。

ココ・シャネル語録には、こういうくだりがあるそうです。
「かけがえのない人間」になるためには、常に他の人とは違っていなければならない。

世界のマーケットで生きてきたシャネルならではの、言葉だと思います。
時代が変わる時、その時代に合わせて我々の行動も変わらなければならないのです。


【2013/04/02 06:42】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
自分の価格を高める方法


先日の日記にも書きましたが、世界はマーケット(市場)化していきます。
マーケット(市場)では、そこで商品の価格が決まります。

商品の価格を決めるのは、商品そのものの価値ではなく需給関係です。
供給量が少なければ、高い価格が付きます。
レアアースやレアメタルが、時には金よりも高くなるのは、その希少性によるのです。

労働市場や就活市場でも、そこがマーケット(市場)である限り、同じ原理で価格が決まります。
労働市場や就活市場で扱われる商品である「人間」の価格は、その人の価値ではなく、需給関係で高くも安くもなります。

それがマーケット(市場)の原理です。
であるならば、マーケット(市場)化した世界で生きていくには、自分の価値を高める努力をするのは全くナンセンスです。
いくら自分の価値が高くても、それは価格に反映されないのですから。

自分の価格を高めたいのなら、需給関係の改善(悪化というべきか)に努力すべきです。
自分に希少性があるようにすれば、あるいは希少性があるかのように見せかければ、大して価値のない人間でも高い価格が付きます。
その方法は、同質の人間のいないところへ自分が移動していくことです。

また例えですが、女性しかいない島に男性のあなたが流れ着いたならば、あなたはとんでもない価格になります。
実話があります。
太平洋戦争の直後、ある島では成人男性は全部戦争に取られていなくなり、男性は年寄りと子供だけでした。
そこに一人だけ成人の男性が帰還してきたのです。

その男性は、とても大切に扱われました。
希少性が生れたのです。
その男性が元々持っていた価値とは無関係に、ただ成人男性というだけの希少性ですが、他にいなければどうしようもないことなのです。

自分と同質の人間のいないところへ移動するのが難しいという場合は、自分と同質の人間を減らしていくという方法もあります。
単純に言えば、先の島の例でいうなら、もし他にも成人男性がいるなら、その男を殺すか追い出してしまえばいいだけです。

会社などで同じ部署に自分と同質の人間がいるのなら、その人をその部署から排除してしまうか、その人間が自分と同質の能力を持っていないように上司にみせかければいいのです。
もっと分かりやすい言葉でいうなら、ライバルを排除するか足を引っ張ることです。

それが自分の価格を高める最も効率的な方法です。
セミナーに参加したり、本を読んだりして勉強し、自分の価値を高めるために努力するなんて、今のマーケット(市場)化した世界では、まるで無駄な努力です。
いくらそんなことをして自分の価値を高めても、自分の価格にはほとんど関係しないのですから。



【2013/04/01 06:58】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆


SMに目覚めたM女性のためのブログです。縄で縛られてみたい、本物のS男性から調教されてみたいという願望を持っているM女性向けです。 誰にも知られたくない秘密のトビラ・・・。 奴隷の快楽・・・。

プロフィール

SM愛好家 Blue

Author:SM愛好家 Blue
関東に住むSM愛好家。
名前をBlueという。
これまでに調教してきたM女性は多数。

詳しくは、本家「M女の隠れ家」を見てください。
http://yayaya1.com./
リンクのトップにあります。

翻訳

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


BALS大好き

アナタノカタチ

緊縛放置 叶屋

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

私の性奴隷調教日記

淫縛と調教の世界

Kaede's Room

SとMになる時間。

エトランジェ

アブノーマルなLOVEライフ

SM奴隷調教ブログ

SM Sleeper

時々、俺縄

北海道 SM  調教室

珈琲をこよなく愛した私のひととき

Candid Photo Blog

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: