FC2ブログ
人口減少対策?


 昨日、政府の有識者委員会の初会合がありました。

以下がそのニュースの内容です。
少子高齢化による大幅な人口減少が予想される中、その対策を検討する政府の有識者委員会の初会合が行われた。
人口減少により発生する将来の課題について検討するこの委員会は「選択する未来」委員会と名づけられ、委員長には日本商工会議所の三村明夫会頭が指名された。30日の初会合には小泉復興政務官など各界の有識者も参加した。
甘利経済再生相「日本の人口が8000万人で順調な経済成長が得られるのかと、今のまま手をこまねいていたら、未来はそう明るいものではなくなると思います」。
政府は、少子高齢化の傾向がこのまま続いた場合、2060年の日本の人口は、8700万人になると試算しており、少子化対策や社会保障の改革が急務だとしている。

有識者からは大都市より地方で、より深刻な人口の減少が始まっているとの見解が示された他、外国人労働者の受け入れのあり方についても議論が必要だという考えが示された。
「選択する未来」委員会は政府が6月にまとめる「骨太方針」で方向性を示す他、年末をメドに政策提言をまとめる方針。


人口減少化対策とは、地方の人口減少対策であったり、外国人労働者の受け入れであったりするんですね。
人口減少の原因は、少子化であることは誰もが分かっている。

出生率の低下が最大の問題であり、これを改善しないがぎり他の地方対策や外国人労働者の受け入れなどは枝葉末節の対策に過ぎない。
そして、なぜ出生率が低下しているのかの本質を誰も探ろうとしていない。

僕の会社でもそうですけど、議論が長く続くようなテーマの場合、議論の内容が段々と本質から離れていって枝葉末節の問題の議論に終始してしまうものです。
特に、これはマスコミなどが多く取材に来ている公けの場です。

そんな場で、立派な肩書きを持ったご高齢の委員の方々が「人口減少の原因は少子化にあり、その少子化の原因は出生率の低下であり、出生率の低下の原因は若者のセックス離れにある。だから若者のセックス離れにこそ人口減少対策の本質がある」などというはしたないお言葉は、決して言えないのであります。

「セックスをしなければ子供は産まれない」という本質を避けた議論をいくら繰り返していても、大した改善は見られないでしょう。
「もっと若い男にセックスをさせろ」などという議論は、マスコミが大勢来ている場では、誰も口にできません。

今のようにがんじがらめに若者を縛りつけていれば、性欲も衰えるというもんです。
そして、ここからは僕の勘です。

なぜ、若い男の性欲が衰えてしまったのか?
その原因は、若い男のその母親世代にあるような気がしています。

高度成長時代から亭主は会社に人生の大半を捧げ、核家族化が進行して行ったために、母親は一人で家で子育てをするという時代が生れた。
母親にのみ育てられた男の子は、お坊ちゃん的な育ち方になり、他の男の子と戦うことや父親との戦いから遠ざけられてしまった。

男の野生は戦いの中で育まれる。
その戦いの場がなくなり、野生が育たなくなってしまった。

野生を持たない男性は性欲が弱くなり、その結果セックスをしなくなってしまった。
これが僕の推論です、当たっているかどうかは知りません。
あくまでも勘です。

もうひとつの推論です。
今から約20年ほど前、マスコミを賑わした問題がありました。

幼児用の食器などに使われているメラミンという物質に、性ホルモンかく乱物質のビスフェノールAがメラミンの製造過程で使われる柔軟剤の中に含まれていて、それが熱湯などに溶け出して幼児の体内に取り込まれているというニュースです。

性ホルモンかく乱物質を体内に取り込んでしまったら、性欲の異常が発生したり、時には男性の女性化や女性の男性化などが見られるということです。
性ホルモンかく乱物質のビスフェノールAは、その後突然マスコミの話題から消え去りました。

一説には、ビスフェノールAの害だという科学的根拠はないからということでしたが、メラミンの製造メーカーはビスフェノールAを含んだ柔軟剤の使用をその後取り止めています。
これも、僕の推論に過ぎません。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

【2014/01/31 16:51】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
日本ではあり得ない?


 昨日、ふと春の香りがしたような気がしました。
春は、独特の香りがあり、それを感じることがあります。

どんな匂いがと言われると答えにくいのですが、花粉の匂いなのかもしれませんし、他の匂いなのかもしれません。
街を歩いていると「あれ、これは春の匂いでは?」と感じるんです。

僕は幸いにして、まだ花粉症ではありません、たぶん……。
春になると時々、クシャミを連発するだけです。

さて、アクリフーズという冷凍食品会社の契約社員が農薬を混入したとして逮捕されています。
以前に中国製のギョーザに農薬が混入された時、日本の食品メーカーでは「日本ではあり得ない」と言ったそうです。

でも、中国製のギョーザと全く同じ構図の事件が、今回起きたわけです。
僕は、これは当然起こるべくして起きた事件だと感じました。

従業員は全て正社員で、彼らが会社に大きな帰属意識と忠誠心を持っていたというのは、もう遠い昔の話です。
今は、派遣社員や契約社員やアルバイトやパートの人たちが、食品会社にもたくさん入っています。

そんな人たちは、会社への帰属意識や忠誠心など全く持ち合わせていません。
嫌なことがあれば、あるいは他の動機でも、その会社にどんな迷惑がかかろうが、お構いなしです。
コンビニのバイトが、食品に不衛生な行為をしている写真をネットに載せて問題になったのは、ついこの前です。

会社が、従業員を家族の一員のように扱って大切に育ててきたのは、遠い昔です。
今は、従業員をとても粗末に扱うようになりました。

上司と部下の関係もとてもドライになり、人間として扱っていない、ただの機械のひとつのように、部下を扱うようになりました。
粗末に扱われるようになったら、当然こんな事件が起きます。

人を粗末に扱っておきながら、昔のような帰属意識や忠誠心があると勘違いしていた会社のトップ連中は、まさにピエロです。
もう従業員に忠誠心などないと思って、会社の組織や防止の仕組みを作らなければならない時代なのです。
あるいは、昔のように従業員を大切に扱うか、です。

アメリカでは、上司が気に入らないからと言って、銃で殺害するという事件が日常的に発生しています。
日本でも、上司に対して暴力的な行為を平気でするようになるでしょう。

人を粗末に扱えば、当然その反動が生れます。
そんなことも分からない人たちが、会社のトップにいること自体が、情けない。
こんな事件は、まだまだこれからいっぱい起きます。

ブラック企業が増え、ブラック従業員も増えていきます。
会社と従業員が信頼関係で結ばれていたのは、遠い昔です。



【2014/01/29 21:40】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
おっぱいの形
 SMでは縄での縛りは欠かせません。
縄で縛ると、一番目に入ってくるのが、おっぱいです。

縛りが似合うなあって感じるのは、大体、おっぱいの形がいい子です。
でも、単に大きければいいというものではありません。



ブラジャーに隠れていますが、なかなかいい形をしていると感じさせるものがあります。
こんなおっぱいを縛ってみたい、これはS男性に共通する願望のようなものです。

夏場に薄いブラウスから透けて見えるおっぱいや、肌にピタッつくっ付いたTシャツ姿の女性のおっぱいの形を見て「ああっ、縛りたい」と思うのは、僕だけでしょうか。
両手で乳房を握りつぶしたいと思うか、乳首を舐めたいと思うか、縛りたいと思うかは、男性それぞれ好みの違いかもしれませんね。

そこでこの子を縛ってみたら、こんな風になりました。
乳首が少し上を向いていて、とってもいい形になっています。

丸みのあるおっぱいとまだ若さを感じさせる乳首が、とってもいいですね。


【2014/01/23 08:40】 | SM | トラックバック(0) | コメント(1)
労働組合
 自民党の安倍総理が経団連に対して、春の賃上げを要求したというニュースを見て、僕はとても違和感を覚えました。
かつては、賃上げを総理大臣が要求するなんて、とても考えられなかったことです。

    経団連(大企業、資本家) 対 労働者(中小零細企業も)
という構図は
    自民党 対 野党
という対立図であり、それは、
   会社 対 労働組合
という対立図でもありました。

だから、労働組合の支持を受けている野党の党首が春の賃上げを要求するというのなら理解できますが、安倍総理がそれを言うのは、警察署長が暴力団組長に対して上納金の値下げを要求するようなもんです。

時代劇では、お代官様のところに越後屋がやってきて
「こちらは、いつもの饅頭でございます」
「おお、いい山吹色をしておるのお、うまそうな饅頭じゃ」

「では、例の件、またお願い申しますよ、お代官様」
「ほっほっほ、まかせておけ、越後屋、おぬしもワルじゃのう」
「いえいえ、お代官様ほどでは」
というのが、定番のパターンで自民党と経団連はまさにコレでした。

今回の安倍総理は、この逆を演じたわけです。

こうなると野党や労働組合は、面目丸つぶれです。
本来なら自分たちがやるべき仕事の一番格好のいいところを、敵の大将に演じられてしまったんですから。

野党の民主党や社民党は瀕死状態ですが、労働組合だって、その存在価値を自ら放棄しているようなもんです。
働く者を守るべき立場の労働組合が、この体たらくです。



2013年には労働組合に入っている人は、わずか17.7%しかいません。
20%にも満たないのです。

働く人のセーフティネットであるべき労働組合が、セーフティネットとして機能していません。
これでは、ブラック企業はやり放題ですし、ワーキングプアや非正規雇用の問題は悪化するばかりです。

出生率は改善せず、少子高齢化が進み、国内消費は盛り上がらず、経済は停滞したままとなります。
もし、この春に安倍総理が求めたほどの賃上げが実現するならば、画期的なことです。

僕の会社にも労働組合はありますが、もう形だけの存在でしかなく、その実態は人事部の手先です。
越後屋とお代官様の構図そのまんまです。



【2014/01/20 04:49】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
共通の趣味


 僕の友人に、大型バイクに乗るのが趣味という人がいます。
1200ccもあるバイクに乗って、よくツーリングに出かけています。

彼にはそんなバイク仲間が何人もいて、今度は四国だ、次回は北海道だと、いろんなところへ出かけています。
まあ趣味は人それぞれですから、他人がとやかく言うことではありませんが、よくやるなあとそのエネルギーに感心します。

また、山登りが趣味という人もいます。
かなり高い山をガイド付きで登ったりもしています。

どの方も、他に同じ趣味の仲間がいて、一緒に趣味を楽しんでいます。
仲間がいれば、その楽しさも倍になるとはよく言われることです。

一方で僕の趣味は?と問われると、これが答えにくい。
SMが趣味ですとは、他の人にはとても言えません。

以前、他の人から「趣味は何ですか?」と問われて、つい「写真を撮るのが好きです」と答えてしまいました。
そしたら「どんな写真を撮っているんですか?」と言われて、まさか「調教写真です」とも答えられず、「え? ええ、まあ、その…、いろいろです…」と、お茶を濁すことしかできませんでした。

だから、僕には共通の趣味の仲間という人がいません。
一人だけでSMも調教写真も楽しんでいます。

もちろん相手のM女性がいますので、それはS男性の仲間という意味です。
一人でいることに慣れてしまっていますので、特にどうということはありませんが、たまには同じ趣味を持った気ごころの知れ合ったS男性と、ゆっくりとお酒でも飲みながらSM談義に花を咲かせたいという気持ちもあります。

でも、そんなS男性を求めることは、僕にとってはM女性との出会いよりも難しい気がします。
ないものねだりですね。

【2014/01/19 21:56】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
かんべえの話


 今年の大河ドラマは、軍師官兵衛どのです。
実は、これを僕はまだ一度も見たことがありません。

こういう連続ドラマは、出だしを見逃すと話の途中から見るというのも何だか気のりがしなくて、そのままズルズルと見ないままということが多いものです。
この官兵衛も何となくそうなりそうな予感がします。

それはそれで良いとして、他に僕は「かんべえ」を定期的に見ているのです。
こちらです。

溜池通信

他のサイトへこのようなリンクを貼るのは、僕はあまりしないんです。
だって、僕のところようなエロサイトからリンクを貼られて、流れて来る人がいっぱいいるというのは、相手のサイトにとっては時には迷惑にならないかと僕は心配するからです。

でもまあ、相手のサイトはリンクフリーと謳っていますし、かなりのアクセス数を誇るサイトでしょうから、僕のところから見に行く人の数は、大して問題にもならないかもしれません。
この溜池通信のサイトオーナーが、かんべえさんです。



コスパ最強のSMグッズ大量入荷! NLSはSMにも本気出します!
【2014/01/18 03:42】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
不幸な人


僕の知り合いから聞いた話です。
中学の同級生の一人が、新聞の記事に乗っていたということです。

それはいい記事ではありませんでした。
その同級生は、何度か転職を繰り返していたそうですが、落ちぶれてホームレスになり、とうとう賽銭泥棒にまでなってしまって警察に捕まり、それが新聞に載っていたそうです。

中学生の頃は、クラス委員をするほどで運動もできて、先生からも一目置かれていたほどの男だったそうです。
それが賽銭泥棒をするまでに落ちてしまったのです。

彼には弟がいました。
その弟がアパートで独り暮らしをしていましたが、仕事を休みがちな生活をしていて、ある日何日も出勤してこないのでその弟の勤め先の人が見に行ったら、アパートの部屋で既に死んでいてウジが湧いていたそうです。

彼らには母親がおり、父親は他界していました。
その母親が弟の身元確認のためにわが子の変わり果てた姿を見た時、あまりの姿にその場で倒れてしまい、そのまま入院して今も病院暮らしをしているとのことです。

その弟が死んだアパートからは、多額の請求書がその母親のところに届きました。
そんな死に方をした部屋にはもう他の人は入りませんので、賠償金を求められたのです。

病院に入院している母親は、住んでいた小さな家を売って、アパートへの支払いにしたそうです。
不幸な人生は、いろいろありますが、これもそのひとつです。

ホームレスの人についての話も先日知り合いから聞きましたが、その人たちは共通して歯がボロボロだそうです。
きちんと歯磨きをしていないのと、虫歯になっても歯医者に行って治療することができませんので、歯がボロボロになるのでしょう。

以前は、こんな底辺の人の話を聞くことなどめったにありませんでしたが、最近時々こんな話を耳にします。
一方で、華やかな話を耳にすることがほとんどなくなりました。

何かが変わっています。
不幸な人が増えているような気がします。

行政のやっているアンケートにも答えられず、データにも入らないような不幸に人たちが増えている。
そんな気がします。



DVD販売ページ (2)
【2014/01/17 18:10】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
これまでの男性経験やSM経験を聞くと


 僕は、調教する前にM女性にこれまでの男性経験やSM経験を聞きます。
自分の過去のそういう経験を聞かれるのは、あまり気持ちのいいものではないかもしれません。

でも、調教するためには、必要な情報なんです。
これまでにも何度かこの日記に書いていますが、SMはとても幅も広いし奥の深いものです。

だから、M女性のして欲しいことや好み、そしてこれまでの経験などの情報を総合的に知ってどういう調教をしたらいいか、どういう言葉で責めたらいいかを判断するのです。
初めてのうちは、ひとつひとつの調教の後に「どうだった?」とよく僕は聞きます。

僕の調教でどう感じたかを聞いて、次の調教を考えているんです。
初めて出会った女性を調教している時は、こういうことを繰り返しますので、とても疲れます。

緊張もしていますが、この情報処理で脳はフル回転しています。
M女性の発する言葉だけでなく、泣き声や身体の反応、顔の表情などにも、全神経を集中しています。

初めて出会った女性との、一回目の調教の後は疲労困憊(ひろうこんぱい)です。
【2014/01/12 07:02】 | SM | トラックバック(0) | コメント(2)
恋するフォーチュンクッキー


 僕は、このジャンルに全く疎いので全然知りませんでしたが、AKB48のこの曲の踊りがいろんなところで盛り上がっているとのことです。
これは某経済評論家の方のサイトを見て知りました。

恋するフォーチュンクッキー 神奈川県 Ver. / AKB48[公式]

まあ、確かにノリのいい曲であるし、これで少しでも元気が出るのなら、それもOKです。
日本が明るい方向に向かって歩み始めてくれているような気にさせてくれます。

できるなら、みんながあきれるくらいのバカをやって欲しいし、やってみたい。
今の僕の周りは、あまりにも管理が厳しくて、窒息しそうな気がします。

もっとのびのびと自由に、何でもありのほうが楽しくて面白い。
そんな組織や会社が、これから伸びていって欲しい。

もう暗い話や堅い話は、聞きあきました。
人から言われたことをやっているよりも、自分がやりたいことをやりたい。

人が言っていることなんて、実は大して意味があるわけではありません。
ただの思いつきや自分の欲のために、他の人を利用しようとしているだけの場合が多いもんです。

そんなの無視して、本当に自分がやりたいことをしていきましょう。
自分のことは、自分で決める。
一度っきりの人生に、悔いは残したくありませんから。



【2014/01/06 20:52】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
リアの曲線
 テレビの車のCMに、トヨタ2000GTが出ています。
発売されていた時期は、1967年~1970年と言うことですから、もうずいぶんと昔の車ですけど、それでもカッコよさを感じさせてくれます。

生産台数がわずか337台という少なさから、現存する台数も少ないために希少価値が生れています。
まあ、現実に市内を走らせる車ではないですけどね。




この車は、ひとつひとつの曲線が、とても美しく感じられるのです。
直線的なラインが少なくて、微妙にカーブしているのですが、その曲線が美しいのです。

現物を見て、これはデザイナーの感性の良さだと感じました。
サイトなどに載っているトヨタ2000GTの写真はフロントからのものが多いのですが、リアの曲線も見事なものです。



女性の写真でも、正面から見た顔の写真だけでなく後ろから見たお尻のラインに男性は、ソソられるものです。
ハッするような女性と街ですれ違った時、振り返って後ろ姿を見てしまうことがあります。

そんな時に、まず目が行くのがお尻のラインです。
お尻のラインは、男性のウィークポイントですね。

下の写真も、きれいなリアの曲線です。







【2014/01/05 23:53】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ひとりでいると
今年、元旦に初もうでに行ってきて感じたことは、かつてのような着物姿の女性が圧倒的に少なくなったということです。
今や、成人式に振袖を着るくらいで、他は着物を着る機会はなくなってしまったかのようです。

着物を着るのは親しい誰かに見せるためであり、見せる相手がいなければわざわざ高いお金をかけて着物姿になる必要もないということかもしれません。
僕は人っきりで初もうでに行って来ましたので、服装はとてもカジュアルでした。

一人暮らしをしていますので、クリスマスやお正月などでも、特に誰かと何かをするということもしません。
昨今は一人暮らしをしている人が増えたため、1人用のクリスマスケーキやおせち料理セットが売れているそうです。



クリスマスケーキを一人で食べる気はしませんけど、一人用のおせち料理セットなら買ってもいいかなって思います。

お正月に里帰りをして、孫がおじいちゃんおばあちゃんからお年玉をもらうという図は、かつてニューファミリーと呼ばれていた時代の話です。
家族というものの形が大きく変わり、一人暮らしが最大多数となった今では、過去のそんな家庭の姿にはもう戻れません。

今や一人暮らしが当たり前。
僕も一人暮らしになった理由はあるけれども、それぞれ理由は違っても一人暮らしでいることに変わりはありません。

堂々と一人暮らしを続けて行きます。
だって、一人暮らしだとSMをするのに、とっても便利だもん。



【2014/01/03 07:47】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
平穏な年でありますように
 明けましておめでとうございます。
2014年の幕開けです。



今年の僕の願いは、ただただ平穏に過ぎれはというだけです。
辛い一年になりそうな予感。

無事にこの難局を乗り越えられればと願っています。
自分の力や努力では、どうすることもできない問題ですので、ただ願うのみです。

だから、今年は朝一番に元旦の初詣でに行きました。
困った時の神だのみ。


【2014/01/01 21:54】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆


SMに目覚めたM女性のためのブログです。縄で縛られてみたい、本物のS男性から調教されてみたいという願望を持っているM女性向けです。 誰にも知られたくない秘密のトビラ・・・。 奴隷の快楽・・・。

プロフィール

SM愛好家 Blue

Author:SM愛好家 Blue
関東に住むSM愛好家。
名前をBlueという。
これまでに調教してきたM女性は多数。

詳しくは、本家「M女の隠れ家」を見てください。
http://yayaya1.com./
リンクのトップにあります。

翻訳

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


アナタノカタチ

緊縛放置 叶屋

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

私の性奴隷調教日記

淫縛と調教の世界

Kaede's Room

SとMになる時間。

エトランジェ

アブノーマルなLOVEライフ

SM奴隷調教ブログ

SM Sleeper

時々、俺縄

北海道 SM  調教室

珈琲をこよなく愛した私のひととき

Candid Photo Blog

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: