FC2ブログ
新しい春


明後日は、もう4月です。
2014年も、1/4が過ぎ去ろうとしています。

季節は春。
新しいことを始めるには、絶好の季節です。

明後日の4月1日からは、いろんなものが変わります。
まずは消費税が8%にアップしますし、お昼の「笑っていいとも!」も新しい番組になります。

僕の職場でも新しい人が入ってきて、一気に雰囲気が変わりました。
とってもいい事です。

どんどん変わっていけばいいんです。
無鉄砲なくらいが、ちょうどいい。

人は傷だらけになるくらいが、ちょうどいい。
無傷でぬくぬくと温室で育ったような人間なんて、つまらない。

最近、そんなことを考えています。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

【2014/03/30 06:57】 | 日々の思い | トラックバック(0) | コメント(0)
作られた写真
 写真についてのウンチクやこだわりは、人それぞれです。
人によってその意見や考え方は、大きく違います。

僕にとっての写真は、「あるがままの姿を切り取るもの」と言えます。
写真は動画と違って一瞬の姿しか表せませんが、その一瞬の中にその時の情景やストーリーが感じられるような写真であればいいなあって思っています。

僕の調教写真には、モデルさんは一人もいません。
全部、M性を持っている僕の奴隷の写真です。

僕の撮った写真は、調教している時のその一瞬を写し取ったものです。
だからドキュメンタリー写真に近いかもしれません。

その反対に位置するのが、スタジオ写真です。
美しいモデルさんを使って、環境のいいスタジオで、メイクさんがいてきれいにお化粧し、いろんなポーズを作ったりした姿を撮ります。
それは、言うなれば「作られた写真」です。

どちらがいいとか悪いとかいう問題ではなく、写真に対する目的や考え方、撮り方が違うというだけです。
美しい写真にしたいと言うのであれば、「作れば」いいのです。

そして「作る」となれば、どんどんと手を加えていくことができます。
大きなコストをかければ、さらにいいものが作れます。

現在、最高に美しく「作られた写真」と言えば化粧品のモデルさんが写っている写真でしょうか。
こんな感じですね。




化粧品のCM写真ですから、肌をいかに美しく「見せる」かがカギです。
上の写真は、まるで赤ちゃんの肌のように見えます。

もちろんすごいお金のかかった設備のスタジオで、相当に込んだ手を使って作られた写真です。
この一枚の写真のためにどれだけのお金がかかっているのか、僕は知りません。

たぶん、何百万円というお金がかかっているでしょう。
すごくきれいな写真ですが、化粧品に興味のない僕には「きれいだなあ」で終わりです。

情景やストーリーは何も感じられません。
写真に対する目的や考え方が違うなあという、ただそれだけです。



【2014/03/25 05:48】 | サイト関連 | トラックバック(0) | コメント(1)
乳首のクリップ責め
乳首のクリップが苦手という女性は、結構多いんです。
でも、あの痛いのが好きという女性も、時々います。




たっぷりと膨らんだおっぱいを、麻縄で上下から絞り出します。
鈴の付いたクリップ(洗濯バサミです)を、そのツンの飛び出している乳首に付けます。

乳首の形が、クリップに摘ままれて、痛々しく歪みます。
パイパンのオマンコの奥に埋め込まれたローターの振動が、縄を伝ってクリトリスにも響いています。

オマンコのローターの刺激で体がビクンビクンと動くたびに、乳首のクリップに付いた鈴がチリンチリンと鳴ります。
そして、その鈴の音色に合わせるかのようにして、M女性がいい声で泣きます。

【2014/03/24 04:27】 | SM | トラックバック(0) | コメント(1)
今から14年前の今日


もう遠い昔のことです。
2000年3月23日に、僕は長野県に車で出かけました。
夜、道路を走っていると大雪になって、除雪もされていない真っ白な道を僕はノーマルタイヤで走りました。

僕がふかふかの新雪が積もった道をゆっくりと走っていると、その横を大型ダンプが白く粉雪を巻き上げながら追い越して行きます。
そのダンプが通り過ぎた跡のわだちを、僕は外さないようにして走りました。

真夜中だったので通る車もほとんどなく、また周りに家もないところでした。
もしここで車が動けなくなったら危険だなあって感じていました。

幸いにして、無事に東京に帰ってこれたのですが、あれはついこの前のことのように思い出します。


アダルトグッズのNLS
【2014/03/23 21:59】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
卒業ソング


こんなデータが、ヤフーの記事に載っていました。

心に残る思い出の「卒業ソング」 総合ランキングTOP20   有効回答者数 n=4250人

順位:曲名/アーティスト名
1位:卒業写真/荒井由実
2位:贈る言葉/海援隊
3位:仰げば尊し/(唱歌)
4位:卒業/斉藤由貴
5位:卒業/尾崎豊
6位:蛍の光/(唱歌)
7位:旅立ちの日に/(唱歌)
8位:3月9日/レミオロメン
9位:my graduation/SPEED
10位:さくら/森山直太朗
11位:乾杯/長渕剛
11位:制服/松田聖子
13位:春なのに/柏原芳恵
14位:なごり雪/イルカ
15位:サウンド・オブ・サイレンス/サイモン&ガーファンクル
16位:高校三年生/舟木一夫
17位:卒業-GRADUATION-/菊池桃子
18位:想い出がいっぱい/H2O
19位:道/EXILE
19位:翼をください/赤い鳥


今は卒業式の時期ですね。
僕には、もう遠い昔のことなので、記憶のかなたです。

実は、僕は高校のころの記憶がとても少ないんです。
大学受験の灰色一色で、あまりこれと言った思い出がありません。

卒業式の記憶も、ほとんどありません。
むしろ、この時期は大学の入学にためにアパート探しをしていた記憶のほうが、鮮明に残っています。

卒業して以来、一度も会っていない友達もいっぱいいます。
「卒業ソング」は、将来、また違う心境で聞くことになりそうな気がします。



【2014/03/22 07:29】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
ブラのホックやショーツの…
 黒っぽいバックに浮かび上がる女の白い肌は、とってもエロチックです。
写真を撮っているの時には気づかなかったんですが、ブラのホックが外れかかっています。



ブラのホックが途中で外れかかっている様子など、普通のアダルト写真にはあまりありません。
しっかりと止まっているか、完全に外れてしまっているかのどちらかです。

僕のような素人が、ごく普通の女の子の写真を撮っているから、こういう写真になるんですね。
プロの写真だと、ショーツやブラの後ろに見える縫い付けラベルも、切り取ってしまうそうです。

縫い付けラベルがない下着は、日本には存在しません。
家庭用品品質表示法で、表示が義務づけられていますので、縫い付けラベルのない衣料品は作れません。
縫い付けラベルが見えると興ざめするというプロのカメラマンの気持ちも分からないではありませんが、僕はそういうものも含めて全てがリアリティだと思っています。

いくらきれいな写真でも、いくらきれいなモデルさんでも、いくら腕のいいカメラマンが高級カメラで設備の整ったスタジオで撮った写真でも、リアリティのない作り物では僕のS性は反応しないのです。
本物のM女性を、本物のS男性が実際に調教している時の写真だからこそ、その写真からリアリティが感じられるからこそ価値があると、僕は思っています。



【2014/03/19 13:52】 | サイト関連 | トラックバック(0) | コメント(1)
ホワイト・デーのころは


 昨日の3月14日は、ホワイト・デーでした。
バレンタイン・デーでもらった分をお返ししなければなりません。

会社では、今でも僕に義理チョコをくれる人がいて、そのお返しをしました。
ちょっと面倒くさいです。

そんな中、僕の会社でも人事異動があり、何人もの人が住み慣れた土地を離れて、転勤していきました。
僕は今回は異動はなかったんですが、毎年この時期は悲喜こもごもです。

サラリーマンをしていると、人事異動からは逃れられません。
僕もこれまでに何度も経験してきていますが、住み慣れた土地を離れて、知らないところへ行くのは、僕は苦手でした。

アパートの部屋の荷物を段ボール箱に詰め込んでいると、ふとそれまで忘れていた過去を思い出したりします。
もう二度と戻ることのない部屋の中を、僕はゆっくりと眺めてみます。

いろんな思い出があるこの部屋から出ていきます。
春の風は、まだ冷たさが残っています。



【2014/03/15 06:10】 | 日々の思い | トラックバック(0) | コメント(0)
フクシマとウクライナ
今日で、あの震災から3年です。
今でも画像や動画を、あまりにも辛くてまともに見ることができません。

こういう部分は、僕の感受性によるのでしょうか。
それとも、僕はただの泣き虫なんでしょうか。

あの震災まではほとんど無名だった「フクシマ」という名前が世界に知れ渡る前は、「チェルノブイリ」が有名でした。
そのチェルノブイリはウクライナにあり、今ウクライナ情勢が大変緊迫しています。

ウクライナにはクリミア半島があり、クリミア戦争があったところです。
クリミア半島には、第二次世界大戦でセヴァストポリ要塞攻略戦があり、その後あのヤルタ会談が行われたヤルタもクリミア半島にあります。

歴史の表舞台に何度も登場する重要な地域であり、それだけいろんな火種を常に抱えている地域だとも言えます。
またウクライナは美人の産地としても有名です。

黒海をはさんでウクライナの対岸にあるトルコの売春街では、ウクライナ出身というだけで値段が跳ね上がるそうです(僕は行ったことはありません)
そのウクライナの「美しすぎる政治家」と言われたティモシェンコ元大統領です。



この独特の髪型は、ウクライナの伝統的な髪型なんだそうです。
ちなみに彼女の金髪は染めており、元は黒髪です。




笑顔で中指をオッ立ててみたり投げキッスをしたりと、結構セックスアピールもしています。

ウクライナはロシアにとっては、絶対に手放せない重要な地域です。
今もロシアの黒海艦隊の基地がクリミア半島のセヴァストポリにあります。

ウクライナにはロシアからヨーロッパへの重要な輸出品である天然ガスのパイプラインが通っています。
小麦の一大産地でもあります。

このウクライナをロシアのプーチンが簡単に手放すとは、とても思えません。



「オレから逃げられると思っているのか? 今夜は調教だぞ」
「はい…、ご主人さま…」

ああ、歴史はこうして夜作られていくのでした。


【2014/03/11 04:46】 | 日々の思い | トラックバック(0) | コメント(0)
おもらしさせられたい
 M女性の願望や妄想は、いろいろです。
人によって、その願望や妄想は大きく違います。

それは絶対にイヤ!
と言うM女性もいれば、
それに興奮する、そんなことをされたい。
という願望や妄想を持つM女性もいます。

おもらしをさせられたいとい願望を持っているM女性は、僕の出会った人の中ではそれほど多くはいませんでした。
でも、まったくいないという訳でもありません。







おもらししている恥ずかしい姿を見られたい、見られながらおもらししたいという願望を持っているM女性もいるんです。
M女性がおしっこをピュッでオマンコから噴き出す姿は、かなり興奮します。

その時に見せる羞恥心いっぱいの顔や泣き声も、僕は大好きです。

【2014/03/10 06:43】 | SM | トラックバック(0) | コメント(0)
人生、立ち向かってなんぼ


先日、久しぶりに本屋さんに寄りました。
駅で時間が余ってしまったので、近くの本屋さんにふらりと入ったんです。

そこで手に取った本の中に、この言葉がありました。
「人生、立ち向かってなんぼ」
関西弁で読むんだと思いますが、人生は困難に立ち向かっていってこそ価値があるという意味ですね。

つまり、チャレンジしてこその人生だ、ということです。
今の僕に、とても沁みる言葉でした。

アマゾンで、本の書評や感想を呼んだだけで本を買うと、たいてい失敗します。
先日も、アマゾンの書評で高く評価されている本を本屋さんでパラパラと見て、これはダメだと感じて、買いませんでした。

内容が僕には全然合わないんです。
どれだけ高く評価されていても、自分に合わなければ意味がありません。

それに元々他人の評価など、アテにはならないものです。
やはり、本は自分で手に取って中をペラペラとめくってみて、いくつかのページを呼んでみて、それから買うものですね。

【2014/03/09 09:29】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
春にまたパーティを


今日は、お雛様です。
もう春らしい日差しになり、コートもいらなくなりました。

さて、去年の秋にパーティを開催した時、「春にまたパーティを開きます」と言いました。
もうそろそろ春のパーティのご案内をしなければならない時期なんですが、仕事のスケジュールがまだ決まらないため、バーティの日程を決められないんです。

今回は、日程調整がかなり難しい。
前回、いったん決めた日を僕の仕事の都合で変更した経緯もあり、二度も同じヘマをしたくありません。

だから、慎重に日程を検討しています。
もう少しお待ちくださいね。



【2014/03/03 06:51】 | サイト関連 | トラックバック(0) | コメント(3)
会いたいのに、会えない


仕事を持っていると、仕事のスケジュールのために制約があって、会いたい日に仕事が休めないことが多々あります。
そして、会いたいのに会えない日が続くと、段々と不安になってきます。

もうずっと会えないんじゃないか…、とか。
このまま、二人の関係は終わってしまうんじゃないか…、とか。

つい、悪いほうにばかり考えてしまいます。
そういしている内に日が過ぎていき、お互いの連絡も途絶えて、いつの間にか関係が消滅してしまいます。

そんな悲しい経験を、僕は何度もしてきました。
今、またそんな不安におびえています。



【2014/03/02 21:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
少女の股間縄
以前にもこの日記に書きましたが、SMはアンバランスなところがあるほうが、より刺激的になります。
SMとは場違いなところでの調教や、服装、そして調教されるにはまだ早すぎるような年齢の少女。

いろんなアンバランスがありますが、そういうアンバランスな要素が加わると、SMはとても刺激的で興奮するものになります。
こんな少女に、股間縄をするのも、とても刺激的です。



これでさらにパイパンなら、もっと刺激的なんですけどね。
この時点では、18歳の女の子にそこまで求めるのは、まだ無理でした。
【2014/03/01 04:17】 | SM | トラックバック(0) | コメント(0)
M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆


SMに目覚めたM女性のためのブログです。縄で縛られてみたい、本物のS男性から調教されてみたいという願望を持っているM女性向けです。 誰にも知られたくない秘密のトビラ・・・。 奴隷の快楽・・・。

プロフィール

SM愛好家 Blue

Author:SM愛好家 Blue
関東に住むSM愛好家。
名前をBlueという。
これまでに調教してきたM女性は多数。

詳しくは、本家「M女の隠れ家」を見てください。
http://yayaya1.com./
リンクのトップにあります。

翻訳

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


アナタノカタチ

緊縛放置 叶屋

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

私の性奴隷調教日記

淫縛と調教の世界

Kaede's Room

SとMになる時間。

エトランジェ

アブノーマルなLOVEライフ

SM奴隷調教ブログ

SM Sleeper

時々、俺縄

北海道 SM  調教室

珈琲をこよなく愛した私のひととき

Candid Photo Blog

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: