FC2ブログ
■労働人口が減っているから労働者が不足するという詭弁■


 日本の人口が減少に転じ、15歳から65歳までの労働人口が減っているというのは、その通りです。
日本は少子高齢化が進んでいて、働き盛りの人が減っています。

でも、労働人口が減るということと労働者が不足するということは、実は同じ事を意味しません。
日本のGDPの7割近くが個人消費です。

つまり国内消費されるものであり、輸出産業の日本のGDPに占める比率は輸出額が約70兆円でGDPが約500兆円ですから14%ほどにしかなりません。
日本では物を作る仕事はどんどん機械化され、製造業に携わる人は減少の一途です。

輸出産業のほとんどは製造業であり、輸出額の減少以上に輸出産業に携わる労働者の数は減っています。
輸出産業の典型は自動車産業ですが、例えば車を1台作るにしても、昔よりもずっと少ない人数で作る事ができるようになっています。

いまや自動車はロボットが組み立てていると言っても過言ではないほどです。
働く人のほとんどは国内向けの仕事をしているわけです。

となると、国内の人口が減っているのですから、国内向けの仕事も減っていることになります。
国内向けの仕事が減っているのに、労働者不足が起きるはずがありません。

労働人口の大半はサービス業に従事しており、サービス業の需要は人口に比例します。
日本の人口が減っているのに、労働需要だけが増えるなどということはありえません。

今、労働者不足だと言っているのは介護や医療分野、外食産業などの非正規労働に依存していた分野など、労働市場全体の中の特定の分野に大きく偏っています。
結論を言えば、労働者が不足しているのではなく、ミスマッチを起こしているのです。

失業率が低下したり有効求人倍率が上がっているのは、介護や外食産業などの特定の分野の求人が増加しているからであり、ミスマッチが解消されているわけではありません。
ここを間違えると、対策も大きく違ってきます。

労働者が不足しているから移民を受け入れるなどというのが、間違った対策の典型例です。
市場原理が働けば、労働力が不足している介護や医療、外食産業などの分野の給料が上がり、他の低賃金分野からの労働者移動が起き、ミスマッチが解消されていくはずです。

ところが労働者移動がスムーズに行かないような障害となっているものがある、だから特定の分野の労働者不足が解消されないのです。
今、取るべき対策は、介護や医療、外食産業などの労働者不足が起きている分野の給料を需給水準にまで引き上げることと、労働者移動の障害となっているものを取り除くことです。

移民を受け入れるなどという対策は、問題の根本を見間違えているばかりでなく、付随する大変な弊害を引き起こす元でもあります。
今、移民を受け入れるべきだと言っている人たちは、問題の本質を見ることのできない人か、何らかの意図を持って詭弁を使っている人です。




スポンサーサイト
[PR]

[PR]

【2016/05/30 09:36】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■事実をありのままに伝えないマスコミは■


 大韓航空機の羽田空港での事故について、あの飛行機に乗っていた乗客は、
「ドーンという大きな爆発音がして、機体が揺れた。窓の外を見たら、左のエンジンから大きな炎が燃え上がっていた」
「大きな音とともにイスがガクガクとして急ブレーキがかかった、とても怖かった」
などと証言しています。

左のエンジンが爆発・炎上し、破片が滑走路に700メートルに渡って飛び散っているとのことです。
一歩間違えば、大惨事になっていた事故です。

この事故を韓国の朝鮮中央日報などの主要新聞は、
羽田空港の滑走路からソウルに向かう予定だった大韓航空機2708便の左側エンジンから煙が出た。
消火活動が行われ、航空機に搭乗していた乗客乗員319人には現在までのところ負傷者はいない。

と簡単に伝えています。

正しくはエンジンが「爆発・炎上」しているにもかかわらず「煙が出た」という矮小化(わいしょうか)した表現です。
日本のマスコミもそうですが「事実をありのままに伝える」という報道のもっとも基本的な事を、とてもないがしろにしています。

意図的に表現を歪めて、世論誘導しているのです。
今回の羽田空港での事故も、「大した事ではない。大きな話題にするな」という韓国側のマスコミの意図が透けて見えます。

中国や韓国では、大事故や事件に対して「国民の不安をあおるような報道はしない」というムードがマスコミ各社にあるため、表現を歪めて小さなこととして報道したり、また報道そのものをしなかったりしています。
日本でも朝日新聞が「記事のねつ造」を「誤報」だと言い続けていますし、大企業の企業ぐるみの犯罪を「不祥事」と言っています。

また「報道しない自由」だと言って、身内の犯罪や世間に知られては困るような事件を隠ぺいしています。
こういうのを「偏向報道」といいます。

でも、ネットがこれだけ普及し、だれもがスマホなどを使っていつでも自由に動画や写真などとともに発信できるようになると、マスコミの報道がいかに事実と違うかを知ることになりました。
「ありのままに」、一昨年、話題になった有名な歌詞ですが、このことの大切さをマスコミもいずれ痛切に思い知らされる日が来ると信じます。


【2016/05/29 06:33】 | 日々の思い | トラックバック(0) | コメント(0)
■オバマ大統領専用車のすごさに目がテン■
 昨日のオバマ大統領の広島訪問は、もうマスコミで大きく報じられていますので、僕がコメントすることはありません。
で、全然違う視点から、僕の感想です。

オバマ大統領の専用車が、テレビの画面に大きく映し出されていました。
アメリカ映画などではたまに見ることはありますが、実際に日本の公道を走っている姿は迫力がありました。

あの車で伊勢神宮、そして伊勢志摩サミット会場のホテル、さらに広島市内のヘリポートから平和記念公園まで移動したことになります。
あの大統領専用車は、アメリカから軍の輸送機で空輸して来たのでしょうね。

重量は約8トンもあり「走る要塞」と呼ばれているそうです。




なんと分厚いドアだこと!
そして大統領を警護している屈強な男たちも、テレビに大きく映っていました。

もちろん彼らは、服の中に威力のある銃をぶら下げているでしょう。
日本では、アメリカ大統領の警護のためならアメリカのSPが日本に銃を持ちこむことも、あんな特別な車を日本に持って来て公道を走らせることも、全てOKです。

大統領専用車を2台同時に走らせて、どちらに大統領が乗っているのか分からないようにしているのだそうです。
テロ対策というわけですね。

他にも警護する車が何台も大統領専用車を取り囲むようにして走っているのが、テレビに映っていました。
あれらも今回のためにアメリカから空輸して、日本に持ち込まれたのでしょう。

ああいう車に男の子は、ちょっとワクワクしてしまうのだ。
今日のサミットのニュースの途中で、大韓航空機が羽田空港でエンジンから出火したという映像も流れていました。




サミットの真っ最中のため、空港や駅など人の集まるところはテロ対策で厳戒態勢を取っている時に、こんな話題を振りまくなんてさすがは韓国です。
今、日本に集まっている各国のマスコミが「すわ、テロか!」と、一斉に飛びつくニュースになりました。

ナッツ・リターンで有名になった大韓航空だけあって、やるタイミングをよく心得ています。
今回の火災発生時にも「安全のためシートベルトをしっかりと絞めて座席から離れないように」と言う機内放送が流れたとか、機長がバンツ一丁で自分だけ先に逃げたとか、機内サービスのマカダミアンナッツが袋に入ったままだったなど、いろんな噂が飛び交っています。
【2016/05/28 05:12】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■吾輩はロリである、名前はまだ言えない■
 これまでにも何度かこの日記に書いていますけど、実は大きな声では言えませんが僕はロリなんです。
可愛い女の子が大好きなんです。

それで、ネットで画像検索していたら、こんなのが出てきました。
ロリだと言っていながら、このへんの情報には僕はまるでウトイのだ。



橋本環奈というアイドルだそうで、「1000年に1人の美少女」だとか。
中国のネット上では、これに対抗して「3000年に1人」とか「4000年に1人の美少女」という子まで現れているそうです。

まあこれらは「中国3000年の歴史」とか言うのと同じです。
白髪三千丈(はくはつさんぜんじょう)など、比喩に数字を使うのが中国式の表現です。

南京虐殺30万人とかいうのも同じですね。
この数字はただの比喩なのに、実際の数字だと勘違いしているマスコミ人が多いのには困ったものです。

2015年4月25日と27日の日記にも書きましたが「数字は一人歩きしやすい」という、やっかいな性質を持っています。
だから数字が入ったものを見る時は、ちょっと眉にツバを付けてから見たほうがいいですね。

リーマンショックの時も「100年に一度」などという表現がマスコミでよく使われました。
あの後、アメリカの某有名投資銀行の幹部が「金融の業界では100年に一度ぐらいのことなら、年に4、5回は起きている」と言ったそうです。

何をか言わんんや(現代語訳:こんなヤツに何て言おうか、あきれて何も言えない)、同義語=「なんじゃそりゃあ」、ですね。
ちなみに、こんな子も可愛いとは感じますが、さすがにこれは僕の限界点を超えています。


【2016/05/27 03:59】 | SM | トラックバック(0) | コメント(0)
■タモリがいう「恋愛は変態のはじまり」とは■
 イカ天ぷらからオバマ大統領の広島訪問まで、幅広いテーマで書いているこのBlue日記であります。
SMから外れてしまって、いまや何でもアリ状態に陥っています。

今日のテーマは「恋愛は変態のはじまり」というタモリの持論についてです。
NHKの人気番組「ブラタモリ」の中で、NHKにしては珍しく変態についてのタモリの持論を述べています。

下ネタもOKな番組なんです。
10分15秒過ぎあたりからタモリさんの持論が始まります。



変態を普通じゃない状態のことだと言えば、まあその通りですね。
変態がクリエイティブかどうかと問われれば、僕には何とも言えません。

ただし変態はあくまでもマイノリティ(少数派)であるということです。
決してメジャー(多数派)にはなれません。

最もメジャーであるNHKテレビの人気番組の中で、マイノリティのことを語っているというところに、この変態に対する見方の面白さがあります。
でも、メジャーがマイノリティを語るから面白みがあるのであって、マイノリティがメジャーを語っても全然面白くも何ともないものです。
【2016/05/26 05:28】 | SM | トラックバック(0) | コメント(0)
■オバマ大統領によって過去を清算しつつあるアメリカ■


 昨日、オバマ大統領がベトナムを訪問し、ベトナムへの武器輸出を解禁したり、演説でこれまでタブーとされていたベトナム戦争での枯葉剤使用にまで言及したりして、ベトナムとの関係改善を積極的に推し進めています。
2か月前には、歴史的と言われるキューバ訪問を行っており、外交において得点を積み重ねています。

さらに、伊勢志摩サミット後の27日には、現職のアメリカ大統領として初の広島訪問が予定されています。
原爆投下については、アメリカ人においてもその是非はまだ揺れ動いていて、センシティブな問題です。

「核兵器の使用は悪である」という世界の共通認識に対して、広島・長崎に原爆を投下したアメリカは「第二次世界大戦の早期終結のため仕方なかった」というのが一般的なアメリカ人の論理です。
もちろんこの論理は完全に破たんしており、非戦闘員のいる都市に2発も投下した理由を説明できません。

広島訪問でオバマ大統領が何を述べるのか、非常に注目されます。
しかし、何を述べるにしてもこの広島訪問という事実は、アメリカにとって目をつむっていたい過去を清算することになります。

キューバ、ベトナム、広島という一連のオバマ大統領の訪問は、これらがアメリカの歴史の中で「区切りをつけた」ということを意味します。
平たく言えば「過去の問題はこれでもう終わった事にする、これからは未来のことについて語ろう」という訳です。

次期大統領がクリントンかトランプか分かりませんが、どちらにしてもそこで過去の話を持ち出せば「それはもうオバマ前大統領が区切りをつけただろう? ヤボな事を言うな」という雰囲気になるでしょう。
オバマ大統領は、いい仕事をしました。
【2016/05/25 07:54】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■イカ天ぷらを作ってみたのだ■


 病み上がりでまだ仕事もせずに家でブラブラしていたら、友だちがイカを釣って来たと言って持ってきたので、ありがたく頂戴しました。
どう料理しようか思案した結果、イカ天ぷらにして食べたいと思い、とっても久しぶりに天ぷら料理です。

一人暮らしをしていると、天ぷら料理というのはなかなかできません。
1人分では天ぷらの油がもったいないし、できた頃には油の蒸気でもう食欲がなくなってしまっているということも多いんです。

でも、何だかイカ天ぷらを食べたくなって、チャレンジしてみました。
イカは油の中で爆発するというのは知識としては知っていました。

事前のネットでいろいろと調べて、爆発を防ぐ方法を企てました。
イカには薄皮が3枚あるので、それをしっかりと剥くことと書いてありましたのでやってみましたが、これはなかなか難しくて全部はできずにあきらめました。

切れ目を入れるといいとも書いてあったので、これはちゃんと入れました。
油の中に入れる前に電子レンジで温めて、前もって爆発させておくといいとも書いてありましたので、これもやりました。

イカのさばきはあまりやった事がないので、ユーチューブで検索して勉強しました。
魚のさばきなら、僕は結構上手なんですよ。

長い一人暮らしの中で出刃包丁もいいのを買って持っていて、3枚おろしくらいなら簡単にできます。
お刺身だって作れます。

さばいたイカを爆発しないようにいろいろと手を尽くした後に、粉をまぶして油の中に入れました。
フライパンにガラスの蓋をして揚がる様子を見ていたら、それでもいっぱい爆発しています。

バンバンと爆発して油がガラス蓋に飛び跳ねています。
もしこのガラス蓋をしていなかったら、大変な事になっていただろうとゾッとしました。

それで、何とかイカ天ぷらが出来上がりました。
結果、おいしい!

釣りたての新鮮ないかをすぐに天ぷらにして食べたら、シコシコしていてとってもおいしかった。
今日は、ただそれだけのイカ天日記です。
【2016/05/20 20:17】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■僕の好みを聞いてくるM女性、その2■
 このM女性に、僕はTバックのショーツと太腿までのストッキングが好きだと言いましたが、他にも言った言葉があります。
「それとね、実は僕はパイパンが好きなんだ」

僕のこの言葉を聞いた時、彼女は少し困ったような顔をしましたが、特に返事はありませんでした。
そして、Tバックのショーツと太腿までのストッキング姿の彼女の本当の姿を見たのです。

ブラジャーを引き下げて乳首をあらわにし、さらにショーツを引き下げるとパイパンの割れ目がくっきりと見えました。
ぷっくりと膨らんでいて、まだ幼さの残る割れ目です。

両手はしっかりと後ろで組むように命令しています。
まだ縛っていません。



こんな恥ずかしい姿を見られている彼女は、無言でうつむくことしかできません。
僕の好みを聞いてそれに応えようとするM女性は、とてもいじらしく感じます。


【2016/05/18 03:40】 | SM | トラックバック(0) | コメント(1)
■僕の好みを聞いてくるM女性■


 もうずっと昔の話です。
僕と付き合い始めたばかりのあるM女性が、僕に言いました。

「ご主人様はどんな下着が好きですか?」
「そうだなぁ、やっぱりTバックのショーツに太ももまでのストッキングがいいなあ」

そんな会話をしたその次の調教の日に、彼女は僕の好みに合うような下着を付けてきたのです。
こんな恥ずかしい下着を買ったのは初めての子です。

Tバックのショーツを引き上げて首輪と鎖のリードを付けられた格好で、ホテルのドアの前に立たせます。
まだ縛っていません。

両手を後ろに組むように命令しただけです。
羞恥心が全身からにじみ出ています。
【2016/05/17 03:29】 | SM | トラックバック(0) | コメント(4)
■あせらずにゆっくりと■


 入院中に溜まっていた雑用を、少しずつ片付けています。
一気に元に戻るわけではないので、あせらずにゆっくりと活動しています。

およそ1か月間の入院期間中に、ずいぶんと体力が落ちたなあって感じます。
少し動いただけで息が乱れます。

まあ、そりゃそうですわな、ずっとベッドの上にいたんですから。
完全復活まではもう少しかかりそうです。

それにしても最初に片付けた雑用が税金の支払いだったというのが、何とも言えない気持ちにさせます。
【2016/05/16 06:23】 | 日々の思い | トラックバック(0) | コメント(0)
■入院中にたまっていた分を、まとめてアップロードします■ その2


5月2日  
     ■どこへも行かないゴールデン・ウィーク■
 毎年、僕はこのゴールデン・ウィーク期間中は「どこへも行かない」と書いていますが、今年は「どこへも行けない」という状況になっています。
病室で、ただじっとしているだけです。

そんな折、新聞やニュースを見ていると、オーストラリアのターンブル政権の動きがちょっと不安です。
オーストラリアの次期潜水艦の建造受注競争で、ドイツ、フランス、日本の競争入札に日本が破れてフランスに決定したというのは、それまでの経緯や今の地政学的な環境を見ると「おやっ」と思う点があります。

昨年9月に安倍首相と仲の良かったアボット首相が退任し、親中派と言われているターンブル首相に交代しました。
アボット前首相の時に、ほぼ日本に決まりかけていた総額4兆円規模のこの潜水艦建造計画の受注が、ターンブル首相になってから白紙に戻されて国際入札という形に変更され、先日フランスがこの受注競争に勝利したのです。

オーストラリアの同盟国であるアメリカも性能的に一番優れているとされる日本の潜水艦を推していたと言われている中で、フランスに決まった事にいろんな憶測が流れています。
ひとつは最近の資源価格の下落による国内景気の減速に対して、オーストラリア国内の雇用問題に対応するため、この潜水艦の建造を国内で行うことにしたことです。

この潜水艦の建造を全てオーストラリア国内で行うと、4000人規模の雇用が新たに生れるとのことですが、雇用と安全保障を天秤にかけるなんていうのは、あまりまともな政治判断とは思えません。
もうひとつが、中国からの圧力です。

2002年頃は、日本がオーストラリアの最大貿易輸出相手国でしだか、今や日本、アメリカ、EU、ニュージーランドなどを抜いて圧倒的に中国が一位の座を占めています。
先月、アメリカ海兵隊も駐留していて軍港でもあるダーウィンの港湾を、中国企業に99年間の貸与契約を結んでアメリカから反発を受けたばかりです。

このオーストラリアの中国傾斜は、まるで韓国の姿を見ているかのようです。
中国は日本の潜水艦を嫌って(恐れて)おり、オーストラリアがこの日本の潜水艦を導入しないようにさまざまに圧力をかけていました。

親中派であるターンブル首相はその中国の動きを受けて、今回の受注をフランスに決めたと言われてもいます。
まあ国際政治の事ですから、外部の人間にはうかがい知れないことでしょうけど、これだけ中国が前面に出て来ると危なっかしさを感じます。

5月3日
      ■中国が取るあの手この手■
 昨日の続きです。
オーストラリアのターンブル首相の息子のお嫁さんは、中国共産党幹部の娘です。
この息子夫婦は、現在シンガポールに住んでいます。

古来、政治や軍略にはいろんな形で女性が絡んでいます。
政略結婚などというのは、どこの国でも行われていたことですし、日本の戦国時代などは政略結婚を抜きにして語れないほどです。

そして、色仕掛けというのも、古来から使われている手です。
日本語では色仕掛け(いろじかけ)とか呼ばれていますが、英語ではハニートラップなどとも言うそうです。

日本では、江戸時代までの忍者の九の一(くのいち)なども有名です。
今、各国のスパイ活動で女性のハニートラップを多用しているのは、ロシアや中国、北朝鮮などの共産圏側の国々です。

中国軍には、色仕掛けの専門部隊として女性ばかりの8000人規模の組織が存在すると言われています。
彼女たちは容姿端麗で語学力に優れており、幼い頃から洗脳教育されていて、年頃になるとターゲットとされる国の人物の近くに送り込まれます。

このハニートラップ部隊には、外国の有力者本人のみならずその親近者に近付いて、結婚してもスパイ活動を続ける者がいます。
アメリカやヨーロッパなどの西側の政治家や政府幹部の関係者の中にも、この共産圏側の女性スパイが多数入り込んでいます。

時々、機密情報がそれらの手によって漏えいしたというニュースが流れますが、そんなニュースは氷山の一角にすぎないでしょう。
スパイ映画のような派手さはありませんが、このハニートラップに引っかかってしまった男たちは、相当数に上ると見られています。

幹部が色仕掛けに引っかかって機密情報を漏らしてしまったなどという話は、どの組織もあまり表沙汰にはしたくないものですし、そもそも機密情報が中国に漏れているということすら気付いていないケースも多く、その実態はあまり分かっていません。
ターブル首相の息子に娘を嫁がせた中国共産党の幹部は、その後、大出世したと言われています。

5月4日
      ■シワはどこに寄る?■
 病院のベッドに寝ていると、普段と違ってくだらない事を考えたりします。
僕の寝ているベッドは、スイッチで上体を起こすことができます。

とっても楽チンなんですけど、これに頼っていると腹筋が完全になまってしまいそうになります。
それに僕のベッドは時々ガクンという動きになって異音もします。

だからあまりこれは使わないようにしているんですけど、最初のうちは面白くてこれで遊んだりしました。
で、ベッドの上体が起きると、布団にシワが寄ります。

木の板などでも力を加えて曲げていくと、どこかにシワが寄り最終的にはそこから破断します。
どこにシワが寄るかというと、その木の板全体にまんべんなくシワが寄るということはなくて、その板の一番弱い部分に集中してシワが寄ります。

板の強度は均一ではなく、強い部分や弱い部分がありますが、シワは弱い部分に集中して寄るのです。
これを「シワ寄せ」と言います。

よく「シワ寄せを受ける」などと言いますけど、そのシワは一番弱いところに集まるのです。
大きく曲がるときは、どこかにシワは寄る、それは一番弱いところに集中する、というのが原則です。

組織や社会が大きく変化する時も、同じようにどこかにシワ寄せが起きます。
それは組織や社会の一番弱い人のところに集中して寄るのが普通です。

4月19日の日記にも書きましたが、今は大きな変化の真っただ中にいます。
大きな変化が起きている時、シワば社会の一番弱い人のところに寄ります。

今の社会で弱い人のところにシワは集中的に寄るのですが、その人たちを守るべきセーフティネットはまともに機能していません。

5月7日
      ■アメリカ大統領選挙で、ややこしいのが出てきた■
 アメリカ大統領予備選挙で、共和党候補にドナルド・トランプ氏が確実となりました。
彼の発言は、世界中の注目を集めています。



特に注目を集めている発言が「韓国や日本の安保ただ乗り論」です。
在日米軍や在韓米軍の撤退にまで言及しています。

このドナルド・トランプ氏の発言に、中国や北朝鮮やロシアは大喜びです。
もちろん朝日新聞や琉球新報、また民進党なども密かに喜んでいるはずです。

集団的自衛権法案に反対していたシールズなどの学生団体や憲法学者の人たちも、アメリカ軍そのものが日本からいなくなれば集団的も何も実効性がなくなるのですから、トランプ大歓迎です。
沖縄県民にとっては、悲願の米軍撤退が現実味を帯びてきました。

アメリカ軍が日本からいなくなれば基地問題は一挙に解決しますし、思いやり予算も含めて総額8000億円に及ぶ日本の負担もなくなります。
ではそれで全てが万々歳でしょうか?

ここで思考を停止してはいけません。
問題は、アメリカ軍が撤退した後にどうなるかということです。

これには先例があります。
フィリピンのアメリカ軍は反米感情の高まりを受けて、1992年にフィリピンから撤退しました。

そのため、南シナ海を中心とした地域に軍事的な力の空白が生まれたのです。
アメリカがフィリピンから撤退した2年後の1994年に中国は南沙諸島のミスチーフ礁に無断で軍事設備を作り、それ以来ずっと不法支配を続けています。

2015年10月23日の日記にも書きましたが、「空白はまず最初に災いを呼び込む」のです。
2015年6月4日の日記に書きましたように、この中国の動きに対してフィリピンのアキノ大統領は悲鳴を上げています。

同じように韓国や日本からアメリカ軍が撤退したら、どうなるかは容易に想像がつきます。
韓国と日本は中国・北朝鮮・ロシアの3か国と、独力で対峙しなければならなくなります。

この3つの国と独力で対抗できるだけの力を持つことは、韓国にも日本にもすぐには無理です。
アメリカ軍がいなくなれば、真っ先に北朝鮮が韓国に侵攻してくるでしょう。

アメリカ軍の保護のなくなった韓国など、中国やロシアの援助を受けている北朝鮮軍に数週間で制圧されます。
これで朝鮮民族にとって悲願の南北統一が成されるわけです。

そしてついに、海洋進出を狙っている中国にとって最大の障害だった日本を、じっくりと料理できるチャンスがやってきました。
まず尖閣諸島に中国軍が上陸し、自衛隊との戦闘がはじまります。

次に中国海軍と海上自衛隊が東シナ海で衝突します。
後に東シナ海海戦と呼ばれる戦いになります。

初戦は性能にまさる自衛隊が勝利するでしょうが、量で圧倒する中国軍は徐々に優勢になり、尖閣諸島を占領した後、沖縄諸島の一部にまで上陸してきます。
国連はロシアと中国の拒否権に合って、何も決められず動くこともできません。

アメリカをはじめとする主要各国は中国への非難声明を発表しますが、最大の貿易相手国となっている中国に対して実効性のある制裁を行うことは自国の経済にも大きな影響をおよぼすため、形だけの非難声明にとどまります。

これ以上の戦火の拡大を望まない各国は、停戦に向けた交渉をするよう中国と日本の政府に促します。
それを受け入れる形で中国と日本は停戦交渉を行い、落としどころを探ります。

落としどころとして、沖縄は中国に割譲され、対馬は新たに生まれた朝鮮国領に、北海道の一部はロシア領になり、日本は中国の属国として形だけの独立国として存続します。
地図上は日本という国は存在しますが、中身はこれまでの日本とはまるで違います。

ほとんどの日本人は中国内陸部の各地にバラバラに強制移住させられ、日本国内にある資産や設備などは全て没収されて中国政府のものになります。
アメリカなどと違って普通の日本人は銃などの武器をほとんど持っていませんので、進駐してきた中国兵に対してまともな抵抗運動を起こすこともできません。

中国内陸部に移り住んだ日本人の多くは、その厳しい自然環境と過酷な労働に耐えられずに死んでいき、生き残った者たちも貧困にあえぐ生活を強いられます。
日本語の使用は禁じられ、中国語を強制されます。

20年を経ずに日本人は3000万人程度まで激減し、14億人を上回る中国人の中に紛れてその存在は消滅していきます。
これは架空のシナリオですが、チベットや内モンゴルで今現在も起きていることを見れば、十分にあり得るシナリオでもあります。

憲法第9条は戦争をすることを禁じていますが、日本人が消滅することまでは禁じていません。

5月8日
      ■今日でゴールデン・ウィークも終わりです■
 今年のゴールデン・ウィークは、世間では10連休とかで行楽地はにぎわったとか言っていましたが、僕はただベッドの上に寝ているだけでした。
明日から世間ではまた忙しいビジネスに入るのですが、僕はまだ入院中です。

普段はあまりテレビを見ることのない僕ですが、入院中は時々テレビも見ています。
昨日見たNHKの「ブラタモリ」は面白かったです。

タモリさんのキャラクターもいいですけど、出演者がしゃべり過ぎないしわめかないのがいい!
他の番組だと、大声を上げてわめいたり大笑いしたりして、あのわざとらしさが鼻に付くんです。

「鼻に付く」っていう言い方、分かります?
最近のテレビ番組の多くがコレですね、だから僕はあまりテレビを見ないんです。

大体がやかましいんですよ。
もっと静かに「普通にしゃべれよ」って言いたくなります。

またこのブラタモリは、へぇ、ほぉって感じさせるのがいいです。
こんな視点で見ることができるのかって思わせてくれます。

見慣れたいつもの景色でも、この視点で見るとまったく違うものが見えてくる、そんな驚きがあります。
ちょっとだけSMにも通じるものがあるんですよ、これは。

SMの視点で見ると、まるで違ったものが見えてくるって言うところが。

5月10日
      ■問題が発生してから、その原因や対策を探り始める■
 物事が順調に行っている時は、人は特に何も考えもせず調べたりもしません。
何か問題が発生してから初めてその原因を探ったりいろんな事を調べたりし始めます。

問題が起きなければ、こんな事を調べたりもせず、知識も深まらなかったと思います。
問題が発生したことにより、自分の知識が深まり経験値が上がったのです。

逆説的ですが、問題が起きた事で原因や対策などを調べる動機が生れたました。
つまり順調に生きてきた人は、知識は「ペーパー知識」に過ぎず、経験値も浅いということになります。

いろいろと苦労したり困難を経て来た人ほど、実践的で深い知識や経験値を持っているとも言えます。
古人曰く「困難は人を育てる」と。

周りの人がいろんな困難や問題を前もって排除してくれている「温室地育ち」というのが、実は最も危険な生き方なのかもしれません。
本来ならば得られているはずの実践的な知識や経験を得る機会を奪われているのですから。

問題が発生したことにより生じたコストやリスクの見返りは、とても大きな果実だったのです。
致命傷にならずリカバリーの効く範囲内での問題の発生ならば、それはむしろ「善」なのです。

また、古人曰く「若い頃の苦労は買ってでもせよ」と。
「可愛い子には旅させろ」とも言いますしね。

戦国時代の武将「山中 鹿介(やまなか しかのすけ)」が三日月に「願わくば我に七難八苦を与えたまえ」と願ったという逸話は、歴史マニアによく知られています。
戦前の教科書にも載っていたそうです。
(戦前というのは太平洋戦争の終結前という意味です、湾岸戦争イラク戦争の前という意味じゃありませんよ、それと僕は歴史マニアではありません、ただのSMマニアです)

5月13日
      ■ようやく退院■
 およそ1か月間ほどの入院生活でした。
僕の人生の中で2度目の入院であり、またこれだけ長い入院というのは初めてです。

本当はもう少し早くに退院することもできたのですけど、入院していると新たにいろんなものが見えてきました。
また、早く退院しなかった理由も、いくつかあったんです。

①有給がたっぷり余っていたのだから、この機会にぞんぶんに使わせてもらう。
②保険は入院日数によって支払われるため、入院期間が長いほどもうかる。
③今は、僕がいなきゃどうにもならないという仕事の案件はない。
④仕事で僕の部下や仲間たちが、僕が不在の時にどう動きかを知るチャンスだ。
⑤部下たちは、大きく成長できるであろう。
などです。

もちろんこの入院によって失う物もいくつもあります。
そのメリットとデメリットを天秤にかけたら、入院していることのほうが大きかったというわけです。

この入院期間中、何人もの方から励ましのメールや掲示板の書き込みをいただき、とってもとってもうれしいです。
深く感謝申し上げます。
【2016/05/13 19:16】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆


SMに目覚めたM女性のためのブログです。縄で縛られてみたい、本物のS男性から調教されてみたいという願望を持っているM女性向けです。 誰にも知られたくない秘密のトビラ・・・。 奴隷の快楽・・・。

プロフィール

SM愛好家 Blue

Author:SM愛好家 Blue
関東に住むSM愛好家。
名前をBlueという。
これまでに調教してきたM女性は多数。

詳しくは、本家「M女の隠れ家」を見てください。
http://yayaya1.com./
リンクのトップにあります。

翻訳

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


アナタノカタチ

緊縛放置 叶屋

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

私の性奴隷調教日記

淫縛と調教の世界

Kaede's Room

SとMになる時間。

エトランジェ

アブノーマルなLOVEライフ

SM奴隷調教ブログ

SM Sleeper

時々、俺縄

北海道 SM  調教室

珈琲をこよなく愛した私のひととき

Candid Photo Blog

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: