FC2ブログ
■モラル崩壊が起きている韓国■


 「ヘルコリア(地獄の韓国)」と言う言葉がはやり、「金のスプーン、泥のスプーン」という格差社会を比喩する言葉が広まったり、就職、結婚、出産を放棄した3放世代など、いろんな言葉で現在の韓国の困難な状況が表現されています。

韓国経済は中国の減速の影響をまともに受けて、大卒の就職率は56%にしかならず、若者の雇用問題は深刻です。
韓国では日本と違って財閥が生き残っており、韓国の政治や経済に多大な悪影響を及ぼしています。

その財閥系の会社に入れるかどうかが、人生を大きく左右すると言われています。
しかも韓国では徴兵制が取られており、配属先により異なりますが2~3年は軍隊に入らなければなりません。

戦後の混乱期の日本でもそうでしたし、今のヨーロッパの移民や難民たちも同じですが、こうしたストレスフルな社会ではレ○プが多発します。
社会を維持する最低限のモラルが、今の韓国で崩壊し始めているのです。

これは、28日の韓国の主力新聞である朝鮮日報の社説です。
社説ですから、一般の記事とは重みがまるで違います。

【社説】女子高生をたぶらかした学校専担警察官、韓国の警察はここまで堕落したのか

釜山市の沙下警察署と蓮堤警察署に所属する学校専担警察官(スクールポリス)2人が、自分たちが担当する高校の女子生徒たちと性的関係を持っていたことが明らかになった。ところが、所属する警察署は問題を把握しながら、問題の警察官らの辞表を受理し、警察官らは処罰や懲戒処分もないまま退職金まで受け取って退職した。

スクールポリスは、校内暴力を防ぐため、2012年6月に導入された制度だ。ところが、生徒を保護すべき警察官らが女子高生たちをそそのかし、放課後に車の中で破廉恥な行為に及んでいたというわけだ。
理解に苦しむのは、当該警察署が所属する警察官らの非行について把握しながら、これを隠蔽(いんぺい)しようとしたという事実だ。蓮堤署の場合、先月に青少年保護機関から関連する内容について通報を受けながら、上級機関である釜山地方警察庁に報告していなかった。


韓国の高校では、学校に常駐する警察官(スクールポリス)がいるというのを初めて知って驚きましたが、その警官が女子高生に性的暴行を働いていたというのです。
日本でも、暴力事件が多い高校や女子高生売春などが起きている問題高校はありますが、警察官が常駐するほどの高校はまずありません。

もともと、韓国はレ○プ大国、売春大国と呼ばれていて、性へのハードルがとても低い国です。
韓国のレ○プの発生率は先進国の中でも群を抜いており、公表されている数字だけを見ても日本の16倍も発生していて、女性への性的暴行などは日常的に発生しています。

さらに韓国社会で絶望的になった若者によって、レ○プが多発するというのは当然の帰結です。
中でも恰好のターゲットにされているのが、日本人旅行者だと言われています。

レ○プへの防御意識が薄い日本人女性は、韓国の男にとってまさに絶好のカモなのです。
しかも韓国の警察は、日本軍の従軍慰安婦への仕返しだと言って、日本人女性へのレ○プをまともに事件扱いしません。

逆に「そんなチャラチャラした格好で韓国の男性を扇情するほうが悪い」と、レ○プされたのに悪者扱いされる始末です。
だから、日本人女性ならレ○プしても警察に捕まることはないと、ほとんどの韓国の男は知っています。

韓国旅行に行ってレ○プされた日本人女性は、警察にも取りあってもらえず、ただ泣き寝入りして日本に帰国するしかないのです。



拘束研究会
スポンサーサイト
[PR]

【2016/06/30 06:02】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■自衛隊機と中国軍機がドッグファイト■
 今朝の毎日新聞のネットニュースに配信されていた内容です。
ヤフーニュースのトップだったので見られた方も多いかと思います。

◇空自創設以来初めて、実戦によるドッグファイト

 元航空自衛隊空将の織田(おりた)邦男氏(64)が28日、インターネットのニュースサイトに、東シナ海上空で中国軍の戦闘機が空自戦闘機に対し攻撃動作を仕掛け、空自機が自己防御装置を使用して離脱したとする記事を発表した。政府は公表していないが、政府関係者は記事のような事実があったことを認めている。

 毎日新聞の取材に織田氏は同様の内容を答えた上で「中国機の動きは少なくとも16日以降、続いているようだ」と話している。

 織田氏は記事で、中国軍艦が9日に沖縄県・尖閣諸島の接続水域に入ったり、15日に鹿児島県の口永良部島の領海に侵入したりしたことを記述しつつ「中国海軍艦艇の挑戦的な行動に呼応するかのように、これまでの(一定の距離を保つ)ラインをやすやすと越えて南下し、空自スクランブル(緊急発進)機に対し攻撃動作を仕掛けてきた」と書いた。

 さらに「空自機は、いったんは防御機動でこれを回避したが、このままではドッグファイト(格闘戦)に巻き込まれ、不測の状態が生起しかねないと判断し、自己防御装置を使用しながら中国軍機によるミサイル攻撃を回避しつつ戦域から離脱したという」とした。

 織田氏は毎日新聞に対し、攻撃動作とは中国機が、後ろから近づいた空自機に対して正面から相対するような動きを見せ、さらに追いかけるような姿勢を見せたことだとした。空自機の自己防御装置は、熱源を感知するミサイルから逃れる花火のようなものをまく「フレア」だったとして、かなり近距離だったのではと指摘した。

 織田氏は記事で「空自創設以来初めての、実戦によるドッグファイトであった」と書き「上空では毎日のように危険極まりない挑発的行動が続いているという」とした。

 織田氏は元戦闘機パイロットで2009年に航空支援集団司令官で退官した。【町田徳丈、村尾哲】




                    フレアを発射しているF15戦闘機

スクランブル発進する自衛隊の戦闘機は、この写真にあるF15戦闘機です。
フレアとは、このように敵のミサイルから逃れるために撒く熱源のことです。

フレアを撒いたからと言って、敵ミサイルから完全に逃れられるわけではなく、かなりヤバイ状況だったと言えます。
ただでさえイギリスのEU離脱ショックで世界が揺れている時に、中国と日本で軍事的なトラブルが起きたら、世界経済にも大きな影響を及ぼすでしょう。

ただし、悪いことばかりではありません。
今は参議院選挙の真っ最中です。

危機対応能力という点では、民進党は全くの無能です。
2010年9月に、日本の巡視船に体当たり攻撃をしてきた中国漁船の船長を、中国政府の言われるままに釈放してしまったり、東日本大震災や福島原発事故の際の対応など、民進党(当時は民主党)は、危機対応能力をまるで持ち合わせていません。

憲法第9条を守ることに専念し、日本の国民や領土を守ろうとはしないのです。
いざという時にその人物の真価が問われると言うのは、個人であっても政党であっても同じです。

今のような危機が発生すれば、空論と反論ばかりの民進党では、リアルの状況で対応できません。
今回の選挙では自民党に有利に働くでしょう。




グレイズ
【2016/06/29 07:07】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■民主党の鳩山元首相とそっくりなイギリスのキャメロン首相■


イギリスの国民投票の結果、EU離脱派の勝利となったことが世界経済には大きな打撃となっています。
今回の国民投票という大ギャンブルをやったキャメロン首相は、これまでにもいくつものとんでもない事をやっています。

2015年3月に、中国が設立したAIIB(アジアインフラ銀行)への参加にイギリスは真っ先に手を上げて、アメリカや日本を驚かせました。
その後、中国の習近平主席を国賓としてイギリスに招き、エリザベス女王に「無礼な対応」と言われるようなこともさせています。

今回のEU離脱の国民投票という大ギャンブルをしかけ、結局負けて辞任することになりましたが、辞任するのは2か月後で、それまでEU離脱に向けた交渉は自らは行わず、後任に任せるということです。
自分の失敗の尻拭いは、全部後任にさせるということです。

もし、実際のビジネスの場でこんな仕事の仕方をするヤツがいたら、総スカンをくらうでしょう。
僕なら、書類を投げ捨てて「出て行け!」と怒鳴るかもしれません。

それほどに、キャメロン首相の仕事の仕方は見ていてオソマツです。
そして、「あ、これはデジャブ(既視感)がある」と感じました。

2009年9月に発足した民主党の鳩山首相と、そっくりなんです。
トンチンカンな発言を繰り返し、中国にすり寄ってアメリカを怒らせて、トドメは沖縄の米軍基地の移設問題で「最低でも県外」と発言して、その後の大混乱を引き起こしました。

どちらも、世間知らずのおぼっちゃまのようで、見た目の雰囲気までもそっくりです。
実際のビジネスの世界でも、失敗をいくつもやらかした挙句に、何とか挽回しようと一か八かの大勝負に打って出るというのは、愚か者の典型的な行動パターンです。

大勝負をやる時は、事前の準備と計算を慎重の上にも慎重に何度も繰り返して、「これならまず間違いなく勝てる」というレベルに達してから、初めて打って出るくらいにすべきです。
この首相がやったことの後始末で、イギリス国民はこれからもしばらくは不幸の時代を過ごすことになるでしょう。
【2016/06/28 04:08】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■今回の参議院選挙より選挙権が2歳引き下げに■


 ご存じのとおり、今回の参議院選挙から18歳にまで選挙権が引き下げられました。
これまでは20歳からだったんですから、2歳引き下げられたわけですね。

何が言いたいかというと、選挙権だけ下げていいのかということです。
どうせなら淫行規定も2歳引き下げろと、僕は言いたい。

そうしないと、不公平だ。
バランスが取れない。

淫行規定も2歳引き下げて16歳からOKということにすれば、他の法律との整合性も取れます。
女性は16歳から結婚できるのに、淫行規定が18歳からだなんて、どう見てもおかしいです。

諸外国を見ても、そもそも年齢による制限など設けていない国が大半ですし、規定があっても16歳以下のところが多い。
第一、18歳までセックスしちゃダメなんて、まるで現実的じゃない。

今回の参議院選挙では、このことを僕は有権者に強く訴えたい。



ラマ
【2016/06/23 04:20】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■僕がまだ幼かった頃の記憶をたどると…■


 先日、近くにご不幸があり、葬儀に参列してきました。
その時に集まってくれた近所の人たちと久しぶりに顔を合わせて話しをすると、遠い昔の記憶がよみがえってきました。

ずっと忘れていた幼い頃の記憶が、突然、目の前に現れてきます。
たぶん、2、3歳頃から小学3年生くらいまで、僕の周りにはいつも年上の女の子がいたのを、思い出しました。

僕の近所の子や親せき関係の子だちです。
僕の幼い頃は、少し年上の女の子たちに、いつもいじられていたんです。

ままごと遊びも、僕はしたくもないのに、いつも付き合わされていました。
他の男の子のように走り回って遊びたかったのに、どういうわけか周りには女の子ばかりで、そのせいで女の子の遊びばかりしていて、男の子からは妙に疎遠にされていました。

その頃の記憶は、どれもあまり楽しくない記憶ばかりです。
幼い頃の経験が、その後の人生にどういう影響を与えるのかは、僕には分かりません。

僕のS性が、その頃の体験に影響されている部分もあるのかもしれませんし、ないのかもしれません。
幼いころの体験は、その後の人格形成に大きな影響を与えるとは聞いたことがありますが、S性にまで影響を与えるのかどうかは、本人にも分かりません。
【2016/06/19 05:07】 | SM | トラックバック(0) | コメント(5)
■僕は猫が大好きです■
 猫のような女性が好きという意味ではありません。
 比喩(ひゆ)ではなく、本物の猫が僕は大好きなんです。

よく世間では、犬派とか猫派とか言われますが、僕はだんぜん猫派です。
犬も好きですけど、やっぱり猫のほうが好きです。

で、グーグルの画像検索で「美猫」と入れると、こんな猫の画像が出てきました。
これは、すごいです。



よく女子高生とかが定期入れなどに人気俳優の写真を入れていたりしますが、僕はこの猫の写真ならいつも持っていたくなります。
時々、取り出してニヤニヤしてたりして。

こんな猫の写真を眺めて、ニヤニヤしているオジサンなんて、もう完全に変態ですね。
【2016/06/17 05:18】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■トヨタが導入した在宅勤務が普及しない理由■


 先日のニュースで、トヨタが従業員の35%に相当する人たちを対象に、在宅勤務を認めると発表したそうです。
在宅勤務そのものは、ムダな通勤時間の削減や家族との触れ合いの時間が増加するとか、育児や介護がしやすくなるなど、いくつものメリットがあります。

もちろん機密情報の漏えい問題などの不安もありますし、フェイストゥフェイスのコミュニケーションが取れないなどの問題も考えられます。
でも、最大の問題点は上司が言う「すぐ来い!」「すぐあの書類を出せ」「すぐやれ!」などの「すぐ!」に、在宅勤務だと対応できないことにあります。

経営者に限らず上に立つ人たちというのは、どこでもいつの時代でも常にわがままなものです。
部下の都合などは、一切考慮されません。

在宅勤務をしていようが子供の育児中であろうが、老親の介護中であろうが、そんなことは一切お構いなしです。
会社のトップが「すぐ!」と言えば、その下の者たちも「すぐに」やらなければなりませんし、当然それはさらにその下の部下にも言えます。

それが「組織で動く」と言うことです。
トヨタが導入した在宅勤務の試み(まだ試みの段階ですよ)は、「すぐに」破綻するでしょう。

そして、その時は導入した時のように大々的なニュースとして取り上げられず、ひっそりと在宅勤務制度が終わっていたということになるはずです。
それが最も日本的なやり方なのです。




&RiBbON
【2016/06/14 05:53】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■本物の素人M女性の写真からにじみ出るもの■



 以前にもこの日記に書きましたが、僕のこのサイトに載せている写真は全て本物の素人のM女性だけです。
お金を払って写真を撮らせてもらったり、プロのモデルさんを使ったりした事は、一度もありません。

実際に彼女たちを奴隷にして僕が調教している時の写真です。
フィクションではなくドキュメンタリーなのです。

そんな彼女たちの写真を見ていると、羞恥心や葛藤、期待、喜び、などの感情が全身からにじみ出ているのが分かります。
縛られて動きができないにもかかわらず、それでも体のほんの小さな筋肉の動きにまで彼女の感情がにじみ出ているのが見て取れます。

パイパンにしてきたオマンコの割れ目に、麻縄がきつく食い込んでいます。
ぷっくりと膨らんだオマンコに、幼さが感じられます。

本物の素人のM女性だからこそ見せることのできる、にじみ出るものがある写真です。
モデルさんの写真からは、にじみ出るようなものは感じられません。

いくらきれいなモデルさんでも、それは女性の身体を縛っただけの、にじみ出るものがない乾いた写真です。
そのような写真を、僕はSM写真とは呼びたくありません。



ティアラ
ティアラ
【2016/06/11 05:31】 | SM | トラックバック(0) | コメント(0)
■乳繰り合うも…■


 乳繰り合う(ちちくりあう)という言葉があります。
最近はあまり使われなくなった言葉ですが、まあ卑猥な意味です。

《「乳」は当て字》男女がひそかに会って情を通じ合う。「夜ごと―・う」

昔、どこかで聞いた言葉。
「彼女と乳繰り合うのも多少の縁だ」

「それは、袖振り合うも多生の縁の間違いじゃない?」

「そうとも言う」
だって。

【袖振り合うも多生の縁の解説】
【読み】 そでふりあうもたしょうのえん
【意味】 袖振り合うも多生の縁とは、知らない人とたまたま道で袖が触れ合うようなちょっとしたことも、前世からの深い因縁であるということ。

【注釈】 人との縁はすべて単なる偶然ではなく、深い因縁によって起こるものだから、どんな出会いも大切にしなければならない





アダルトグッズのNLS
【2016/06/08 06:17】 | SM | トラックバック(0) | コメント(0)
■「限界効用逓増の法則」の分かりやすい例■


 一昨日のエントリーの中で「限界効用逓減の法則」について述べましたが、その逆のパターンも当然あり得ます。
学生時代の悪友が言っていた「限界効用逓増の法則」の分かりやすい例は、これです。

「1回目は痛いだけだったけど、回を重ねる内にだんだん良くなってきた」

「何ちゅう分かりやすい例なんだ」って、その時僕は思いました。
でも授業ではビールの例は使われますが、この例は使われないそうです。



レザーチェーン コンプリートセット
レザーチェーン コンプリートセット
【2016/06/06 08:46】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■「ジャネーの法則」は正しいのか?■


 ウィキペディアでは、「ジャネーの法則」についてこのように書かれています。

ジャネーの法則(ジャネーのほうそく)は、19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネが発案し、甥の心理学者・ピエール・ジャネの著書[1]において紹介された[2]法則。主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるという現象を心理学的に説明した。

簡単に言えば生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に比例する(年齢に反比例する)。

例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。


このジャネーの法則と似たようなものとして、フェヒナーの法則というのがあります。
刺激量の強度R が変化する時、これに対応する感覚量E は
      E=ClogR
の関係となる。ここでC は定数である。つまり心理的な感覚量は、刺激の強度ではなく、その対数に比例して知覚される。

フェヒナーの法則と呼ばれることも多いが、ヴェーバーの法則から導出したことからヴェーバー・フェヒナーの法則とも呼ばれる。
たとえば、100の刺激が倍に増加して200になるときの感覚量と、200の刺激が倍に増加して400になるときの感覚量は等しい。


フェヒナーの法則とは、このようなものです。
両方の法則をもっと分かりやすく簡単に卑近な例で言うと、100万円を持っている人が落した1万円は、1万円しか持っていない人が落した100円と同じ価値と見なされれるということです。

このジャネーの法則やフェヒナーの法則は正しいのでしょうか?
答えは、「正しくない」です。

では、なぜ正しくないのでしょう?
それは、我々は感覚的にいくら金持ちであっても貧乏人であっても1万円と100円が同じ価値のはずがないと分かるし、それが常識というものでもあります。

なぜ、これが「正しくない」かをもう少し分解してみると、ジャネーの法則にしろフェヒナーの法則にしろ、このような「○○の法則」と呼ばれるものは「縦の比較」しかしていないからなのです。
これらの法則は、5歳と50歳とか、100と200、100万円と1万円というような数字での縦の比較をしています。

でも、我々の頭の中では、ちゃんと縦の比較だけでなく横の比較もしているのです。
100円なら自販機で缶コーヒーも変えないけど、1万円ならホテルのレストランでちょっとしたディナーが食べられると知っていて、このような横の比較をして同一価値ではないと判断できるのです。

もっと正確に言うと、「数学としては正しいかもしれないけど、人間の心理を表すものとしては正しくない」ということです。
人はちゃんと縦と横の比較をすることを経験的に知っていて、意識はしてないけど常識として「正しくない」と判断できるのです。

そして経済学で言うところの「効果逓減の法則(こうかていげんのほうそく)」または「限界効用逓減の法則」というのも、似たような意味です。
これも分かりやすく卑近な例で言うと、あの有名な「一杯目のビールほどには3杯目のビールはおいしくない」ということです。

1杯目のご飯はかき込んで食べるから味も分からなかったけど、2杯目のご飯はかみしめて食べるからおいしいということもあります。
自然科学以外の○○の法則とは、当たることもあれば当たらないこともある、まあそんなとこですか。

「○○の法則という名前を付けたとたんに当たらなくなる」
なんて言うマーフィーの法則もあります。
【2016/06/04 16:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■とんでもないことをしてくれた三菱マテリアル■
 先日のニュースです。
【北京・河津啓介】日中戦争時に強制連行され過酷な労働を強いられたとして、中国人被害者や遺族が三菱マテリアル(旧三菱鉱業、本社・東京都)に対し損害賠償と謝罪を中国で求めていた問題で、同社は1日、全員救済のための枠組みとして日中の弁護士らと共に委員会を設置し、被害者や遺族の申し出に応じて、1人当たり10万元(約170万円)の支払いなどを行うと発表した。
同社と生存する中国人被害者ら3人は同日、北京市内で和解文書に初めて調印した。今後、この枠組みで双方の和解が進む可能性が高く、戦後賠償としては被害者数や和解金総額で最大規模になる。
和解の対象者は、下請け企業も含む強制労働の被害に遭った3765人。


これは大変なことになる、とっさに僕はそう感じました。
2015年8月8日の日記に書きましたように、三菱マテリアルの賠償については、いくつもの危ない問題があります。

①これでアメリカと中国で賠償したわけだが、他の国の強制労働者にも賠償するのか?
②中国人は金のことになると、目の色を変えてくる。これをきっかけに日本の他の企業に対しても、同様に賠償を求める訴訟が多発するのではないか?
③強制労働に対してだけでなく、戦争中に死亡した人たちの遺族も謝罪と賠償を求め始めたらどうするのか? 
④当然、当時の日本人も多数、強制労働に駆り出されていたが、中国人に賠償するのに日本人には賠償はしないのか?
⑤戦後に締結された国家間の条約(サンフランシスコ講和条約、日中平和条約、日韓基本条約など)で賠償や補償の問題は決着しているのに、その条約そのものが意味を持たなくなってしまうのではないか?
などなど、いくつもの重大な問題の発生が危惧されるのです。

中国人は一度でも非を認めたならば、無限に謝り続けるべきだという観念を持っています。
無限の謝罪と無限の賠償を、求め続けるのが中国人です。

だから、中国人はどんな理屈をつけてでも絶対に自分の非を認めたり謝ったりしません。
そんな中国人に対して、三菱マテリアルは謝罪と賠償をしてしまったのですから、これから先、無限に謝罪と賠償を求め続けられることになります。

一度、食らいついたおいしい獲物は、決して離さないのが中国人です。
ヤクザと同じで、骨までしゃぶりつくすのです。

他の日本企業に対しても、この問題は大きく波及してくるでしょう。
民主党政権時代に当時の鳩山首相が、沖縄の米軍基地移転について「最低でも県外」と発言したことについて、僕は「これは大変な問題になる」と2010年5月30日の日記に書きましたけど、それに匹敵するくらいにこの三菱マテリアルの賠償は大きな問題です。

2015年8月8日の日記で予想したとおりに、大変な問題になってきました。
今後の三菱マテリアル【5711】の株価は、要注意です。

この一年のチャートを見ても、日経平均を大きくアンダーパフォームしています。
青い線が三菱マテリアル【5711】で、赤い線が日経平均です。



三菱マテリアル【5711】の株主総会は、6月29日(水)に千代田区紀尾井町のホテルニューオータニで午前10時から開催されます。
株主は、昨年8月のアメリカでの賠償に続く今回の中国人への賠償に対して、どんな質問をするのでしょうか。

経営陣にこのようなおろかな判断を許してしまった株主にも、大きな責任があります。
一民間企業の問題として片付けられるものではない、それほどに、この賠償問題は重大な意味を持つのです。



東京ピアレスNo.8太もも&手枷
東京ピアレスNo.8太もも&手枷
【2016/06/03 05:47】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■頭と違う行動を勝手にしてしまう男性の目■
以前、テレビであるお笑い芸人が言っていました。
「電車に乗ってたら向かいの席に座ってるスカート履いたおばはんが、居眠りをはじめたんや。そいでな、時々その居眠りしてるおばはんの膝がガバァって開くんや。スカートの奥まで丸見えになるくらいに、大きく開いてな、ワシ、そんなおばはんのスカートの奥なんか見とうないのんに、どういうわけかワシの目が自動的にそっち行ってまうんや。頭ではいくら見とうない見とうない思うてても、目が勝手にスカートの奥に行ってまうんやで。膝がガバァって開くたびに、目が自動的にロックオンされるんや、ガバァ、ロックオン、ガバァ、ロックオンてな」

まあ、こんなくだらない話でした。(ヘタな関西弁ですんまへん)
でも、ほとんどの男性は、この話はよく分かると思います。

僕も、これは何度も経験のあることです。
テレビでスコットランドの民族衣装のスカートを履いた屈強な男が、力を競う競技に出ているのを観ました。

その時に屈強な男のスカートがヒラリとめくれるのです。
男のケツなんか見たくもないのに、スカートがめくれるたびにどうしても目が勝手にそれを見てしまうのです。



もうこれは男の習性というしかありません。
いくら頭で見たくない見たくないと思っていても、反射的に目が行ってしまう、どうしようもない行動です。
まるで「パブロフの犬」状態です。

そして、これを愛奴からたしなめられたことがあります。
愛奴と一緒に手をつないで街中を歩いていた時、たまたま通りすがりの女性のスカートが風で揺れたんです。

それに反応して、僕の目が自動的にその女性の方に行きました。
その僕の目の動きを愛奴が目ざとく見ていたのです。

後になってから
「私と手をつないで歩いていた時に、他の女の人を見ていたでしょ。あんな人がご主人様の好みなの?」
って、言われてしまいました。

「えっ? 何のこと?」
僕には愛奴の言っていることが、すぐには理解できませんでした。

頭で意識してやった行動ではないので、ほとんど記憶にないのです。
僕の目が反射的に風で揺れたスカートを見たんですが、それは僕がその女性に興味を示したのではなく、目が勝手にそっちに行ってしまっただけなんです。

でも、そんな言い訳が愛奴に通用するかどうかは、また別の問題です。
困りますよねぇ。
男性のどうしようもないこの習性を女性に理解してもらうのは、とても骨のいる作業です。



アダルトグッズの基礎ちしき
【2016/06/02 05:50】 | SM | トラックバック(0) | コメント(1)
■縛られて鏡の前に立たされている少女■
僕の大好きな調教のひとつです。
裸にして首輪と鎖のリードを付けてラブホテルの部屋の中を引き回します。

そして、部屋に壁一面に取り付けてある鏡の前に立たせるのです。
鎖のリードは鏡の上に括り付けます。



自分のいやらしい姿が目の前にあります。
初めて縛られた自分の姿を正視できずにうつむいている、とても可愛い少女です。

白い首筋と小さなおっぱい、すべすべな肌が、とても可憐です。
三角にツンと尖がっている乳首に触れると、可愛い声で泣いてとてもいい反応をします。

そして、こんな子の耳元や首筋を舐めるのも、僕は大好きです。
麻縄で縛り上げられて抵抗できない少女の体を、僕はいっぱい舐め回します。

僕の舌に反応して、体をビクンビクンの震わせながら、可愛い声で泣き続けます。




コスパ最強のSMグッズ大量入荷! NLSはSMにも本気出します!
【2016/06/01 01:32】 | SM | トラックバック(0) | コメント(0)
M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆


SMに目覚めたM女性のためのブログです。縄で縛られてみたい、本物のS男性から調教されてみたいという願望を持っているM女性向けです。 誰にも知られたくない秘密のトビラ・・・。 奴隷の快楽・・・。

プロフィール

SM愛好家 Blue

Author:SM愛好家 Blue
関東に住むSM愛好家。
名前をBlueという。
これまでに調教してきたM女性は多数。

詳しくは、本家「M女の隠れ家」を見てください。
http://yayaya1.com./
リンクのトップにあります。

翻訳

カレンダー

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


BALS大好き

アナタノカタチ

緊縛放置 叶屋

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

私の性奴隷調教日記

淫縛と調教の世界

Kaede's Room

SとMになる時間。

エトランジェ

アブノーマルなLOVEライフ

SM奴隷調教ブログ

SM Sleeper

時々、俺縄

北海道 SM  調教室

珈琲をこよなく愛した私のひととき

Candid Photo Blog

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: