FC2ブログ
■僕が調教中に写真や動画をいっぱい撮る理由■


 僕は調教している時に、いっぱい写真や動画を撮ります。
カメラ自体が羞恥責めの道具であることもその理由のひとつですが、実はもっと大切な理由があります。

自分の調教内容を反省するために、後から見返しをするんです。
本当は自分の調教を全部記録できればいいんですけど、そんなことは無理なのでポイントを絞って動画で記録しています。

それを後で見返すと、自分の調教の不備や改善点がとてもよく分かるんです。
SMはそれ自体が危険を伴う行為です。

だから、問題がないか不備がないかを常に客観的に見つめて反省する事が必要になります。
調教中は自分がいくら冷静に客観的になろうとしていても、それはなかなか無理なことです。

後から冷静な時に動画で見ると、いくつもの反省点や改善点が見つかるものです。
僕はそれをいつも行っています。

それを繰り返すことで、本来は危険な行為であるSMを安全に楽しめるようになるのです。
そして自分の技術の問題点も見つかり、改善を繰り返すことによって調教の腕も上がっていきます。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

【2016/09/29 10:17】 | SM | トラックバック(0) | コメント(0)
■やっぱり国籍を偽証していた蓮舫氏■


 民進党の蓮舫代表が、9月23日の記者会見で「台湾積の離脱が完了したので報告します」と話ました。
ということは、それまでは台湾籍(つまり中国籍)を持っていて、今までの発言はウソであったことを自ら暴露したのと同様です。

国会議員になって16年間も中国籍を持っていたにも関わらず、ずっとそれを偽っていたわけです。
国会議員における国籍の偽証は、これまで時々芸能人などで問題になっている学歴の偽証などとは重みがまるで違います。

ましてや、ただの国会議員ではなく党の代表なのです。
その代表の国籍が長年ウソであったということが、今回明るみに出たのです。

これほどの重大な事柄を、どうしてマスコミはもっと追究しないのでしょうか?
国会でも、証人喚問するくらいに追求して欲しいものです。

例えマスコミや自民党が許しても、国民はこれを許さない!
中国人に日本の国会を牛耳らせるわけにはいかないのです。
【2016/09/27 17:30】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■僕はリアルが大好きなのだ■


 よく3現主義(現場・現実・現物)とか百聞は一見にしかずとか言いますが、僕もリアルが大好きです。
空想や理論よりも、リアルのほうが好きです。

書類の上で書かれていることや数字ばかりを眺めていると、段々と知らないうちにリアルから遠ざかってしまいます。
だから、意識して自分をリアルに引き戻す必要があります。

現場に行ってそこでリアルに人と話をしたり、現物としての固くて冷たい鉄に触れ、油の匂いを嗅ぎ、土に触って泥の中を歩くのです。
自分をそうやってリアルの世界に引き戻すことを、時々やります。

会議室で長い議論をしたり、多くの書類に目を通したりしている時間があったら、現場を見れば一発で分かることって、世の中には結構多いものです。
SMだって、いくら数多くのサイトやブログを見ても、またどれだけ多くの写真や動画を見ても、実際に経験してみないと分からない事がいっぱいあります。

人は大地から離れては生きていけないように、リアルから遠ざかると人は思考がおかしくなってしまい、まともに生きていけなくなるものです。
エアコンの効いた会議室から出て現場で汗を流せば、これまで分からなかった答えが一発で分かるようになります。
【2016/09/23 05:03】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
■19日に国会の前で反対と叫んだチャイニストたち■
 台風16号の被害は、僕の周りではほとんどありませんでした。
地震や火山、台風や大雨など自然災害の多い日本では、日頃からの備えも欠かせません。

この写真の中央でこぶしを振り上げている女性が11日の日記の習近平とそっくりに見えるのは、ただの偶然でしょうか?
民進党の代表選で勝った蓮舫氏も、握りこぶしを振り上げていましたね。

僕は握りこぶしを振り上げる女性を見ると、強い恐怖と悲しみを感じるんです。
これは幼い頃の体験が大きく影響しているのかもしれません。



19日の祝日に国会議事堂の前で、「戦争法反対!」と叫んでいたのは、中国に媚びへつらっているチャイニストたちです。
高圧的な中国に対して、それに追従し媚びへつらう人たちです。

今の中国は、「世界中で中国が一番偉い」という中華思想に凝り固まっていて、周辺国は中国の属国にすぎないのだから、黙って中国の言うとおりにしろという傲慢な態度を鮮明にしています。
そんな中国の言いなりになることを推し進めている人だちが、この集会の参加者です。

中国が絶対的な君主であるという前提の元で、その下の序列を争うことに価値を見出している人たちです。
そういう人たちのことを「チャイニスト」と呼びます。

中国中心主義者とも言います。
今、中国は軍拡にいそしんでおり、それに対抗できるようにするための集団的自衛権は、チャイニストたちには邪魔なものです。

彼らは「戦争法は反対」と言っていながら、中国の軍拡や尖閣諸島への領海・領空侵犯、北朝鮮のミサイル発射や核実験には全く反対していません。
民進党は党首からして中国人なんですから、そんなことは当然と言えば当然なんでしょうね。

【2016/09/21 06:30】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■疲労がたまると、自分で自分の異常に気付かない■


 疲労がたまると、その時は正常な判断をしているつもりでも、後から考えると危なっかしいことをやっていたりするものです。
先日も、会社の大事な会議での発表があり、直前まで資料作りに追われて疲労がかなり溜まっておりました。

疲労がピークの状態で会議に臨んだわけです。
そんな状態で、いざ発表です。

資料は苦労して作っただけあって、我ながらよく出来ていたと思います。
でも、発表は後から考えるといくつかのマズイ点がありました。

特に質問に対する受け答えは、ちとマズイ。
「あの答え方は、いくら何でも相手に失礼だろう」と言うような言い方をしてしまいました。

答えた内容よりも、その言い方に問題があったわけです。
普段の僕ならあんないい方はしなかったのにと悔やまれます。

疲労が溜まっていると、自分で自分の異常になかなか気付かないものです。
いつもベストコンディションでいれるわけではありませんから、悪いコンディションであれはその悪いなりの対応をしなければなりません。

自分のコンディションをきちんと把握して、そのコンディションに合わせて動くというスキルが不足していました。
反省しきりです。
【2016/09/20 07:20】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■調教写真館の「奴隷 里奈」のシリーズがようやく完成■
 長らく続いていました調教写真館の「奴隷 里奈」のシリーズを、ようやく完成させることができました。
この子へは、特に乳首クリップでの責めが多かったように思います。

幼さの残る小さな乳首は、クリップ責めがよく似合いました。
ゴム紐の付いたクリップで乳首を引っ張り上げる責めは、とても辛そうでした。

クリップに引っ張りあげられて痛々しく歪む乳首は、とても被虐的です。



「奴隷 里奈」のシリーズは全部で68ページにもなって、これまでの調教写真館の中では最多となりました。
68ページというのは、さすがに長かった。

我ながらよく頑張ったものだと、自分で自分を褒めてあげたいです。
ここまでで、ちょっと一休みしたい気分です。
【2016/09/16 05:17】 | SM | トラックバック(0) | コメント(1)
■忙しい時ほど、どうでもいいような事をしたくなる■


 学生の頃、テストの前日に突然、部屋の掃除をしたくなったり、今やらなくてもいいような他の科目の課題をしたりしませんでしたか?
つまりそれは、目の前の問題から精神的に逃げようとしている状態なわけです。

仕事が忙しい忙しいと言っている人に限って、どうでもいいような事ばかりにこだわっていて、肝心のことにはなかなか取り組まなかったりするものです。
で、つまり何がいいたいかというと、明日は大事な会議での発表があり、僕はその資料を今日中に作らなくてはならないのです。

僕はどうしても今日中に明日の大事な会議資料を作らなくてはならないのであります。
ああ、それなのにそれなのに。

どうして僕はこんな日記の更新なんぞをしているのでありましょうか。
こんなことをしている間にも、無情にも時間はどんどん過ぎて行くのであります。

「ああ、忙しい忙しい」
こんな口癖の人は、意志薄弱な要注意人物です。

男は黙って、与えられた課題を黙々とこなすのであります。
こんな日記を書いているヒマがあったら、早く資料作りに取り組まなきゃ。
【2016/09/15 05:48】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■「そうかえん」と言えば?■
 「そうかえん」とひらがなで書いて、その意味が分かる人もそれほど多くはないかと思います。
漢字で書くと「総火演」。

年に1回、8月後半に富士の裾野で行われる陸上自衛隊の「総合火力演習」を短くして「総火演」つまり「そうかえん」。
最近は人気が高くなり、チケットがなかなか手に入らなくなってきています。

ハガキやインターネットで申し込むのですが、今年の当選倍率は28倍ぐらいだとか。
以前はハガキを20枚ほど書いたら、数枚は当選したものなんですけどね。





以前、何度か行った時の写真です。
その頃は、まだ10式戦車(ヒトマル式と呼びます)は存在していません。

当時の花形は下の写真の90式戦車で、これを目当てに来ている人も多かったのですが、僕はどちらかというと上の74式のほうが好きだったなあ。
流線装甲と長い105mmライフル砲がかっこいい。

制式化されたのが1974年ですから、もう30年以上も経っているんですね。
徐々に退役しているそうですけど、それでも今年も出ていたそうです。

毎年やることが決まっているので、少し飽きた感も僕にはあります。
それとこの8月後半はまだ暑さも厳しくて、富士の裾野をちょっとしたハイキングくらい歩かされるのも、疲れます。

天候によってはぬかるんでいる事も多くて、靴が泥だらけになったりします。
それに比べれば、海上自衛隊の観艦式(かんかんしきと呼びます)は楽チンだなあ。

まあどちらも天候次第ですけどね。
【2016/09/14 15:33】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■相変わらずのドタバタを繰り返している民進党■


 今年の3月26日の日記に、「春闘期間中に党名問題でモメていた民主党の存在価値」というエントリータイトルで書きました。
民主党が民進党に党名を変えましたが、その代表選で蓮舫氏の二重国籍の問題が明るみに出て、今またドタバタともめています。

民主党から民進党に党名だけを変えても、中身は相変わらずで毎度のドタバタを繰り返しています。
二重国籍であった事が判明し、その釈明会見を見ましたけど、何とも歯切れの悪い答弁です。

中国籍をいまだに持っている蓮舫氏ですが、日本の国会議員を16年間も務めてきていながら、その間ずっと中国籍を持っていたというのはまるで喜劇です。
これまでに中国からいろんな支援を受けていることも、これでは当然と言わざるを得ませんね。

中国籍を持っている日本の国会議員に中国が支援をするのは、当然のことでしょう。

【2016/09/13 13:39】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■高い代償を払うことになった■
 雨の日曜日になりました。
気温も下がって、とても秋らしい感じがします。

この写真は、昨年9月3日に実施された中国での抗日戦争勝利記念パレードの時のものです。



カメラの前で握りこぶしを振りあげている習近平を後ろにして、黄色い服を着て座っている女性は、韓国の朴大統領です。
その横に座っているのは、ロシアのプーチン大統領です。

あれからたった1年ですが、極東の情勢は大きく変わってしまいました。
中国との蜜月時代だと謳っていた韓国ですが、今は大変なことになっています。

「時代はあっという間に変わる」
これは僕が常に感じていることです。

この写真の天安門の上で閲兵式に臨んだ朴大統領は、高い代償を払うことになりました。
中国という国の正体を見誤った結果です。
【2016/09/11 19:04】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■チャイナネットが蓮舫氏を「日本のヒラリー」と絶賛■
 中国のチャイナネットで、民進党の代表選について蓮舫氏を「日本のヒラリー」と呼ばれているとして絶賛しています。
中国は民進党を影で支援しており、特に蓮舫氏に対してはかなりのものがあると噂されています。

蓮舫氏を称えているチャイナネット



中国とのつながりがいろいろと深い蓮舫氏ですが、民進党の代表選ではその辺についての答弁が注目されます。
もともと民主党時代から中国べったりの政党でしたので、親中派の蓮舫氏が党首になるのは妥当と言えます。

また北朝鮮のミサイルが、奥尻島まであと200kmのところに撃ち込まれたというのに、相変わらずピントの外れた話ばかりしている民進党です。
これからも反米・親中路線で行くのは明らかでしょう。

【2016/09/05 18:54】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■労働分配率がリーマンショック以降で最低を記録だって?■


 これは昨日の日経新聞朝刊の記事です。

財務省の法人企業統計から算出した2015年度の労働分配率は66・1%で、リーマン・ショック前に企業の利益が膨らんだ07年度(65・8%)以来の低さとなった。
一方で企業の利益の蓄積である内部留保は4年連続で過去最高を更新した。

 労働分配率は付加価値額に対する賃金などの割合で表す。付加価値額は年度の人件費や営業利益、減価償却費、支払利息等を合計した。賃上げや賞与の増加で人件費の総額は2年連続で増えたが、利益が過去最高水準となるなか、分配率は低下している。
15年度の内部留保は377兆円で前年度比6・6%増となった。


問い-労働分配率が記録的な低水準にあり、かつ企業の内部留保が最高額を更新している。この2つの数字から読み取れるものは何か?
このような設問は、経済学の試験などでありそうですね。

-好景気の中での人余り。
この日経新聞の記事から導き出される答えは、ただひとつ「人余り」です。

この労働分配率と内部留保金の数字は日本全体を表したものですから、日本全体で言うならば今は「人余り」だということです。
ただし、有効求人倍率が高く失業率が低下しているという数字からは、真逆な「人手不足」だとも言えます。

以上から言えることは、局所的には「人手不足」だが日本全体では「人余り」だということです。
となると、取るべき対策は、「移民を受け入れる」などというものにはなり得ません。

5月30日の日記や8月11日の日記にも同じようなことを書きましたが、今のような状況で取るべき対策は「雇用のミスマッチの解消」です。
これらの数字から導き出される答えはこのひとつしかないのに、なぜ日経新聞などのマスコミはそれを言わないのでしょうか?

相変わらずのおバカなのでしょうか、それとも裏に隠された理由があるのでしょうか?
経団連や一部の政治家が、あれほど移民の受け入れにこだわるのは、何か別の理由がありそうな気がします。

【2016/09/04 03:26】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■スマホとテレビの関係■
 韓国のスマホ・メーカーのサムスンが発売したギャラクシーノート7の爆発事故が、相次いでいます。
充電中に爆発するとのことで、サムスンは出荷を停止したと報じられました。
(おバカの日経新聞は「出火」と書いていますが、韓国内のマスコミは「爆発」と表現しています、「爆発音」ではありません)


スマホもかつてのテレビと同じで、普及期にはメーカーは大きな売り上げと利益を上げますが、普及が一巡すると後は買い替え需要だけになりますので、一気に売上の減少を招きます。
かつてはシャープやパナソニック、東芝やソニーと言った日本の家電メーカーも、テレビの普及期には世界中に出て行ってテレビを売りまくり、大きな利益を上げました。

そのテレビも普及し終わって買い替え需要だけになったのと同時に、日本の家電メーカーの没落が始まったわけです。
買い替え需要だけではあまり大きな利益を見込めないため、日本の大手家電メーカーはテレビ事業部を縮小したりテレビから撤退したりし、シャープは会社そのものがなくなりました。

同じようなことが今後スマホでも起こるでしょう。
スマホで利益の大半を稼いでいたサムスンは、普及期が終わったこの時期に今回の爆発事故で信用を大きく失いました。

韓国では財閥系企業は政府からいろんな裏の援助を得られますので、すぐに経営に影響することはないでしょうが、ここしばらくは注目です。
【2016/09/03 04:51】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■朝晩が涼しくなってきてSMのシーズン到来■


 9月に入り、朝晩の気温がグンと下がりました。
涼しくなると、いよいよ本格的なSMのシーズン到来です。

「野球じゃあるまいし、SMにシーズンなんてあるのか?」
そんな声が聞こえそうですが、僕にはあるんです。

やはり真夏の暑い時期は、SMには不向きです。
秋はSMをするには一番いい季節です。

でも、その前にこの忙しさを何とかしなければならない。
まずは目の前に積みあがっている仕事の山を片付けないと、SMまで至らないのであります。
【2016/09/02 10:47】 | SM | トラックバック(0) | コメント(0)
M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆


SMに目覚めたM女性のためのブログです。縄で縛られてみたい、本物のS男性から調教されてみたいという願望を持っているM女性向けです。 誰にも知られたくない秘密のトビラ・・・。 奴隷の快楽・・・。

プロフィール

SM愛好家 Blue

Author:SM愛好家 Blue
関東に住むSM愛好家。
名前をBlueという。
これまでに調教してきたM女性は多数。

詳しくは、本家「M女の隠れ家」を見てください。
http://yayaya1.com./
リンクのトップにあります。

翻訳

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


アナタノカタチ

緊縛放置 叶屋

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

私の性奴隷調教日記

淫縛と調教の世界

Kaede's Room

SとMになる時間。

エトランジェ

アブノーマルなLOVEライフ

SM奴隷調教ブログ

SM Sleeper

時々、俺縄

北海道 SM  調教室

珈琲をこよなく愛した私のひととき

Candid Photo Blog

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: