FC2ブログ
■この一年を振り返ってみると■


 この2016年を振り返ってみると、僕個人としては4月から5月にかけての入院が最も大きな出来事でした。
それでも無事に完治できたことは、良かったといえると思います。

他にはこれといってよい事もなくて、全体的には下り坂だったと言えます。
日銀的な表現で言うならば「緩やかな低下傾向が続いている」という感じです。

テレビのニュースなどでは、「いろんなことがあったこの一年を振り返ります」などというフレーズがよく使われますが、僕自身ではあまりいいことはありませんでした。
去年の今ごろの日記を振り返ってみると、2015年よりは2016年し良い年になるだろうって書いています。

でも、全体として見ると良かったとはなかなか言い難い年でした。
まあ、「静かな一年だった」と言えなくもないビミョーな年でした。

来年の干支は酉(とり)です。
羽ばたき飛び立つような勢いは、僕自身や僕の周りにはあまり感じられません。

2017年は今年よりももっと静かな年になる、それが今の時点での予想です。



スポンサーサイト
[PR]

【2016/12/30 18:36】 | 日々の思い | トラックバック(0) | コメント(0)
■「悪貨は良貨を駆逐する」という言葉どおりの中国人観光客■


  新千歳空港で大雪のために飛行機の便が遅延したことに腹を立てた中国人観光客が暴れ出して、警察官ともみあいになるというニュースが大きく報道されています。
放映されている映像を見ると、もみあいというよりも中国人が日本の警察官に暴行を加えていると言っていいレベルです。

こんな中国人がよく行くような観光地やホテルを、日本人は敬遠するようになってきています。
中国人観光客を受け入れるようになった結果、日本人が行かなくなるという最悪の状態になっているホテルや観光地も出始めています。
日本のホテルや観光地を訪れる客の8、9割は、今でも日本人です。

よく伸び率に目が行きますけど、絶対数が違うということを忘れてはいけません。
ちなみに中国人は母国の中国においては、警察官に手を出すようなことは絶対にしません。

そんなことをしたら、どれほどの厳罰を受けるかを彼らはよく分かっているのです。
日本では警察官に手を出しても、外国人ならほとんど問題にされないということを、彼らはもう知っています。

中国人が増えた観光地やホテルの風紀が、今後さらに急速に悪化していくのが想像できます。
その結果、最大母数である日本人観光客が行かなくなり、ある日、中国政府の指示によって中国人観光客が台湾や韓国のように急減した時、泣きを見るのです。

「悪貨は良貨を駆逐する」という言葉のとおりです。






【2016/12/27 13:13】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■今ごろになって「クリぼっち」だって?■


 先日、目にしたニュースの言葉の中に「クリぼっち」というのがありました。
クリスマスにひとりぼっちで過ごすことを意味するそうです。

僕なんて、ずっとずっと何年も前からクリスマスはひとりぼっちで過ごしています。
「ようやく時代が僕に追いついてきたか」と感じる次第です。

そもそもクリスマスは恋人と一緒じゃなきゃいけないって、誰が決めたんだ。
いかにも最近悪名高い電通が流行らせたような匂いがありますし、かつてのトレンディドラマと言われるテレビ番組のような安っぽく作られた風潮には、僕は強い抵抗感があります。

仏教徒はクリスマスには一人静かに過ごすべきです。
間違っても天皇誕生日にクリスマスパーティなどを開いてはいけません。
それは世が世なら、銃殺刑に値する重罪です。
【2016/12/24 18:24】 | 日々の思い | トラックバック(0) | コメント(0)
■これから静かな時期に入ります■


 今日から、世間は3連休でクリスマスの真っ盛り。
繁華街は、にぎやかな時期になります。

でも、僕にとっては、これからが一年で一番静かな時期になります。
毎年のことですけど、僕はクリスマスシーズンから年末年始にかけての期間は、どこへも出かけません。

クリスマスケーキも食べませんし、ケンタッキー・フライド・チキンも買いません。
普段どおりの生活をして、普段どおりのものを食べて、どこへも出かけずに静かな一日を送ります。

年末年始は、食品を買うために混雑したスーパーに出かける頻度を減らすため、いつもより多めに食品を買い溜めしておきます。
年賀状はもう書き上げてありますので、今日ポストに投函します。

また静かにのんびりと過ごす時期に入りました。
【2016/12/23 06:50】 | 日々の思い | トラックバック(0) | コメント(0)
■とっても大変な人■


 会社のウチの部に、すごくすんごく仕事のノロイ女性がいます。
もう女の子と言われるような年齢はとっくに過ぎて、30代も半ばに入ろうかという年です。

でも仕事がノロイのは、まだいい。
(本当は良くないけど、そんなのどうでもいい。取りあえず許す)

その女性が先月からずっと仕事を休んでいたんですが、先日ようやく復帰してきたんです。
仕事を休んでいた理由がコレ。

「休みの日に歩道を歩いていたら、風が吹いて来てよろけて倒れたら、腰の骨を骨折した」
というのです。

「腰の骨を骨折」という日本語もおかしいけど、そんなのどうでもいい。
(本当は良くないけど、今はいい。取りあえず許す)

白鵬の張り手にだってビクともしないような立派なお体をお持ちなのに、風が吹いたから倒れたってぇ?
そんなことぐらいで倒れるか、ふつー?

それから、歩道で倒れたくらいで骨折ぅ?
何だ、そりゃあ。
お前は骨粗鬆症の老婆か。

と言いたいところをグッと堪えて、彼女の職場復帰をにこやかに温かく迎え入れたのであります。
松葉づえを机の横に立てて、彼女がパソコンを開いた時の第一声。

「あれぇ、開く時のパスワード忘れちゃったぁ」

僕は、思わずイスからズリ落ちそうになりましたぞ。
勤労意欲が消失していくのを実感する一日でありました。




HAPPY FISH
【2016/12/20 01:32】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
■縄はある程度使い込まれたくらいがちょうどいい■


 カメラ以外にも大切な道具はいっぱいありますが、縄はSMには欠かせない道具のひとつです。
2年前に麻縄を買い替えました。

朱色で太さ6mm、長さが10mのものを5本使っています。
買い替えた当時はまだ麻縄も固くて縛っていてもあまりしっくりこなかったんですけど、最近はやわらかくなって肌にいい感じで食い込むようになりました。

縄の太さも、適度に痩せてきていい頃合いの太さになりつつあります。
しっくりと手になじむようになりました。

縛っていても、特定の部位がきつくなったり緩んだりせず、全体を締め付けるような感じになっています。
僕の使用状況からすると、2年ほど使い込んだくらいがちょうどいいように感じます。

適度な柔らかさとしなやかさが持ったいい縄になりました。
いい道具を持つと、やっぱりそれを使いたいと感じるようになるものです。



【2016/12/19 03:32】 | SM | トラックバック(0) | コメント(0)
■単焦点レンズは、やっぱりいいのだ!■


 2年ほど前に、単焦点レンズをamazonで購入しました。
F値が1.7です。

それまでは、カメラとセットのズームレンズを使っていたんですけど、やはりこの単焦点レンズはいいなあと最近実感しています。
薄暗いアルファインなどのホテルでの撮影では、その強さが圧倒的です。

僕は一回の調教で、多い時には200枚ぐらいの写真を撮ります。
その中には、ピンボケなどの失敗写真もかなり混じってしまいます。

でも、この単焦点レンズで撮った場合は、そういう失敗写真の率がガクンと下がるんです。
引きのばして見ても、細部までくっきりと写っています。

ズームレンズの場合は、引きのばすとすぐに画質が落ちてしまいますね。
ホテルの部屋での撮影は、やっぱり単焦点レンズがいいなあって、最近つくづく感じているところです。


【2016/12/18 06:24】 | 日々の思い | トラックバック(0) | コメント(0)
■朴大統領が最も恐れているのは弾劾などではない■


 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾訴追案が可決され、憲法裁判所の審議を待つ身となっています。
朴大統領が最も恐れているのは、憲法裁判所で弾劾訴追案が可決されて、自分が弾劾されることではありません。

現在、朴大統領は大統領府から出ることもできずに、事実上の軟禁状態に置かれています。
身分上はまだ大統領ですので、警護もしっかりとなされています。

しかし大統領としての身分を失うと、この警護はなくなります。
その瞬間から、彼女は暗殺の危機に直面することになるのです。

韓国では暗殺は、とても頻繁に行われてきました。
朴大統領は両親ともに暗殺されていますし、昨年はアメリカのリッパート大使が暗殺未遂事件に巻き込まれています。

韓国人による靖国神社での無差別爆破テロも、ありました。
戦前に伊藤博文を暗殺した安 重根(あん じゅうこん、朝鮮語読み;アン・ジュングン)は、英雄になって記念館まで建てられています。

韓国では暗殺者が英雄になれるため、それ以後も安易に暗殺を試みる者が後を絶ちません。
両親の暗殺を経験してきた朴大統領が今一番恐れているのは、自分の暗殺のはずです。

これまでの韓国の情勢を見れば、彼女はまず間違いなく暗殺されます。
まだどのマスコミも彼女の暗殺の危険性をあまり報じていませんが、そのリスクはとても高いはずです。

韓国なら彼女を殺して英雄になろうとする者が、必ず現れます。
その暗殺が、いつどのように誰によってなされるのか、注目です。





【2016/12/14 16:36】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■中絶大国の中国の実態、その2■


 中国では年間1300万人もの人工中絶が行われていると公式発表されていますが、実際には少なくともその2~3倍はあるだろうと推測されています。
中国で公式発表されている数字は、当局にとって都合のいいように加工されているものがほとんどです。

この公式発表されている1300万人の人工中絶の年齢を見ると、その大半が18~24歳に集中しています。
中国では人工中絶をするのは、大学生が大半を占めていると言われています。

中国は日本以上に学歴社会であり、大学受験は中国の子供たちにとって最大のハードルです。
そのため、高校では受験勉強のプレッシャーが非常に強く、男女交際は厳しく制限されています。

学校からの帰宅途中に男女が並んで帰ったというだけで、停学処分を受けるほどです。
また、学校では性教育はほとんど行われておらず、避妊の正しい知識も持っていないのが実情です。

ところがその厳しい大学受験を過ぎて入学すると、制約が外れてそれまで抑えられていた男女交際が一気に行われるのです。
まともな性教育も受けずに、ひたすら受験勉強ばかりをしてきた若い男女が、大学に入学したとたんに自由にセックスができるようになるのです。

その結果が、この膨大な数の人工中絶ということです。
正規の病院で行われる人工中絶以外に、中絶薬を使ったものやモグリで格安の中絶手術をしている業者も多数存在しています。

正規の病院では、長く待たされたり高額な料金を取られたりしますが、モグリの業者の場合は安くてすぐに手術をしてくれるので人気があり、大学の周辺にはそういう業者が無数に集まっていてハデな看板まで上げていたりします。
それらのモグリの業者が行っている人工中絶や薬による中絶は、この1300万人の中には含まれていません。






【2016/12/13 11:54】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■中絶大国の中国の実態■


 中国で1年間に産まれる赤ちゃんの数は、2015年度で1655万人です。
中国の総人口は公式発表では13億7400万人ほどです。

※参考までに言うと、日本の人口は1億2700万人ほどで、産まれてくる赤ちゃんの数(つまり出生数)は年間100万人ほどです。

中国では1655万人が毎年産まれていますが、一方で1300万人もの人工中絶がされているというのです。
この1300万人は公式な数字ですが、実態はそれをはるかに上回る数の人工中絶が行われていると推測されています。

人工中絶が1300万

つまり産まれてくる赤ちゃんの数よりもはるかに多い数の人工中絶が、中国では行われているのです。
元々、中国は一人っ子政策を長く続けてきたため、人工中絶はかなり安易に行われてきた歴史があります。

中国では1人の赤ちゃんが産まれる影で、2人ぐらい中絶されているのです。
中国でも避妊にはコンドームが一般的ですが、中国製のコンドームでは避妊の成功率は6割ぐらい言われ、その品質には大きな問題があります。

この人工中絶の問題が、中国人観光客が日本のドラッグストアでのコンドームの爆買と密接に結びついています。
日本で産まれる赤ちゃんの数の20倍以上の赤ちゃんが、中国では中絶によって殺されているという数字には驚かされます。

ちなみに、日本の人工中絶の数は年間19万人ほどですので、100万人の赤ちゃんが産まれるから中絶の率は2割ほどです。






【2016/12/12 16:24】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■朴大統領を誇りに思うと言っていたのは誰?■
これは、昨年9月のニュースです。
2015年9月3日、中国・北京の天安門広場で抗日戦争勝利70周年を記念する式典が催され、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が他の出席者らと共に天安門城楼に上り、軍事パレードを参観した。韓国・聯合ニュースなど各社が伝えた。



あの時、朴槿恵(パク・クネ)大統領はロシアのプーチン大統領に次いで序列2位だと韓国民は大喜びして、朴大統領を褒めたたえました。

その時に報道された内容が、こちらです。

  朴大統領を誇りに思う

  朴大統領を応援する

  朴大統領と習近平主席、とってもお似合い。夫婦のよう

韓国の国民が、朴大統領をどれほど誇りに思っているかがはっきりと伝わってくる、素晴らしい報道です。
偉大な大統領を持った韓国の人たちの喜ぶ様子が、とてもよく分かります。

中国における序列2位というのは、朴大統領の輝かしい実績です。
この序列と朴大統領の功績は中国と韓国の歴史の中に、しっかりと正しく認識されて行くことでしょう。

この功績を後世に残すため、中国大使館の前に朴大統領の銅像を建てるべきです。
そして韓国の国民は毎週水曜日にロウソクを持って、この功績を称えなければなりません。

しかしまあ、二人の女性の髪型は対照的ですなあ。


【2016/12/11 04:16】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■もうすぐクリスマス■


 師走も中旬に入り、街にはクリスマスソングが流れています。
夜のイルミネーションが輝き、にぎやかさを演出しています。

もうすぐクリスマスですね。
今年は、23日の金曜日が祝日で、24日が土曜日、25日が日曜日と、とてもいい曜日の並びになっています。

3連休という人も多いと思いますし、学校は22日で終わりというところもあるでしょう。
でも、僕は残念ながらそこは仕事です。

いつものことですが、僕はクリスマスシーズンはどこへも出かけません。
混雑したレストランや超割高になったホテルなんて、とても行く気がしないんです。

だから、普段どおりに仕事に行って、後は家でのんびりとDVDでも見ながらひとりお鍋を楽しみます。
これでいいのだ。






【2016/12/10 08:48】 | 日々の思い | トラックバック(0) | コメント(0)
■「息をするようにウソをつく」と言った蓮舫氏■


 7日の国会で、民進党の蓮舫代表が自民党の安倍総理に対して「息をするようにウソをつく」と言ったことについて、いろんな方面から批判が出ています。
この「息をするようにウソをつく」という言葉は、本来ならばネットの世界だけで使うような、とても侮辱的な言葉です。

対象も中国人と朝鮮人に対してのみ使える言葉です。
間違ってもリアルの場で使っていいような言葉ではありませんし、まして日本人に対して使えるような言葉では決してありません。

それほどに侮辱的な言葉を、二重国籍問題でもウソを積み重ねてきた蓮舫氏自身が国会という場で使ったことは、大きな批判を浴びて当然だと思います。

大事なことだから、もう一度言います。
この言葉は中国人と朝鮮人に対してのみ使っていいくらいの侮辱的な言葉です。

中国人などが使っていい言葉では、決してありません。
断わっておきますが、僕は人種差別が大嫌いな平和主義者です。






【2016/12/09 11:17】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■今日は開戦記念日です■
 毎年のようにこの12月8日の日記に書いていますが、1941年の今日、太平洋戦争が始まったとされています。
その代表的な戦いとなったのが、ハワイの真珠湾攻撃です。

今年の12月26、27日に安倍総理が訪問するということで、大きなニュースになっています。
アリゾナ記念館で献花する予定とのことですけど、真珠湾には他にも戦艦ミズーリが博物館として保存されています。

アメリカでは第二次世界大戦で使われた戦艦や空母などが、今でも記念館や博物館となっていくつも残っています。
また、ハワイにもありますけど、戦争博物館はアメリカの随所に存在しています。

戦争の記憶をとどめるために、博物館としていろんなものを保存するのはヨーロッパ各国でも行われており、多くの観光客が訪れています。
戦争や個々の戦闘は、見る立場によってその評価は大きく異なり、ウソやねつ造も数多く生れています。

また、被害者ビジネスと呼ばれるように、金儲けのためにデマの拡散を行っている者たちも多数いますし、感情論で歴史を捻じ曲げている国もあります。
この12月8日は、あの戦争の記憶をとどめるための大切な日です。



お盆やお彼岸にお墓参りをすることによって、今の自分の立ち位置をあらためて確認することができます。
それと同じように、8月15日の終戦記念日やこの12月8日の開戦記念日に過去の戦争を振り返ることで、今の日本の立ち位置を知ることができます。

日々の忙しい生活の中でも、ふと立ち止まることのできる時間を持っているべきだと僕は思っています。
記念日とは賑やかにお祝いやパーティをする日ばかりではなく、静かに過去を振り返る日もあると思います。






【2016/12/08 04:51】 | 日々の思い | トラックバック(0) | コメント(0)
■M女性の泣き声■


 僕のこのサイトは、基本的には視覚に訴えるものばかりで、音は一切出ません。
動画も載せていません。

でも、調教写真館やこの日記の中には音に関する描写がいくつも存在します。
パシーンという鞭の音。
キシキシという麻縄の音。
M女性の泣き声や悲鳴。

これらの音は、普段は聞くことができません。
僕のこのサイトでも、動画をアップすればこれらの音を聞くことができるようになりますけど、スマホなんかで僕のこのサイトをこっそりと覗いている時に、、突然M女性の悲鳴や泣き声が出たりすると大変なことになりますよね。

そんなM女性の泣き声や悲鳴、ムチの音などをアルファインでは、しょっちゅう聞くことができます。
元々、アルファインのホテルの壁は音が通りやすくできているんです。

さらに、アルファインでは調教している時に部屋のドアを少し開けて、M女性の悲鳴や泣き声が外にも聞こえるようにしている人がいます。
アルファインの廊下では、リアルにM女性の悲鳴や泣き声が聞こえてきたりします。

調教の様子や雰囲気がタイレクトに感じられるので、とっても興奮します。
AVとは違って本物の調教の時の音は、やはり迫力があります。

そんなアルファインは、僕のお気に入りです。
ただ、普通のラブホの2倍以上くらいの料金なので、その程度の出費は覚悟しておいてくださいね。

アルファインのサイトは、ここから見れます。
   SMホテル 
【2016/12/06 09:59】 | SM | トラックバック(0) | コメント(0)
■M女性のパイパンおまんこは、カワイイのだ■
 僕はパイパンが大好きです。
でも、全てのM女性がパイパンにできるという訳ではありません。

パイパンにできないいろんな理由が、それぞれのM女性にあります。
例えば
今、付き合っている彼氏がいる。
実家に住んでいて、お風呂に入っている時に家の人に見られる可能性がある。
近々、会社の慰安旅行で温泉に行く予定だ。
友だち同士で、旅行に行くことがある。
スポーツクラブに入っていて、着替えの時に見られるかもしれない。
肌が弱いので、カミソリを使えない。
など・・・。

これらの問題がないM女性には、僕はパイパンにしてくれるように伝えます。
パイパンのおまんこは、とってもカワイイのです。






【2016/12/05 05:57】 | SM | トラックバック(0) | コメント(0)
■正しい朴大統領と正しくないキャンドル集会■


 韓国のニュースが日本でこれほど報道されるのも、なかなか珍しい現象です。
お隣の国の内情を知るのに、いい機会だと思います。

一連の報道を見ていますと、朴槿恵(パク・クネ)大統領の情実を元にした政治やウソだらけの談話などは、これぞまさに正しい韓国の政治だと言えます。
韓国の政治家は、こうでなくちゃいけません。

ドロドロの足の引っ張り合いと罵り合いを繰り広げ、政治が混乱を極め内外の問題にはまるで対処できずに内輪もめを繰り返すというのが、正しい韓国の政治です。
今の朴槿恵(パク・クネ)大統領は実に正しい韓国政治のありかたを見せてくれています。

一方で、毎週のように行われているキャンドル集会は、まるで正しくありません。
韓国の集会やデモと言えば、参加者はわめき散らして周囲のものを手当たり次第に破壊し、警護の警察隊とは激しい衝突を繰り返して、多数の死傷者が出るというのが、正しいあるべき姿です。

韓国3000年の歴史の中では、ただロウソクを持って歩いたり踊るだけの集会なんて、まるで正しくありません。
もっと韓国の歴史を正しく認識すべきです。

正しい歴史認識のもとで韓国らしく火病に怒り狂った正しいデモや集会をしている映像を、我々日本人は見たいのです。
韓国の国民なら、韓国らしく正しいデモや集会をしなければなりません。

【2016/12/04 09:44】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
■自社のことについては意外と無知な経営者■
 日本の大手企業の経営者のほとんどは、自分の会社の工場がどこにあってどんな製品を作っていて、営業所はどこにあるかなどということは意外と知らないものです。



大企業になればなるほど作っている製品の種類も多くなりますし、その工場も世界中に散らばっていて、営業所などに至ってはその数を数えるのも大変なほどになっていたりします。
そんなことをいちいち経営者は覚えていられないので、もう知ろうとはしなくなっているのです。

つまり大企業の経営者は、自社のことについてはほとんど素人と同じレベルの知識しか持ち合わせていないと言えます。
我が社でもまた他社でも、経営者の話を聞くと「えっ、そんなことも知らないの?」っていうのは、しょっちゅうです。

でも、一方で「えっ、そんなことまで知ってんの?」って驚くことも多くあります。
部下のA専務は、2年前までは銀座のBというクラブのC子と付き合っていたが、今はD美を愛人にしているとか、昨日は赤坂の料亭EでF社のG社長と一緒だったなどという話は、とてもよく知っています。

H部長は5年前までI常務の部下で今も懇意にしているとか、J課長の長女は今年K大学のL大会で三位に入賞したなどの情報は、どこで調べているんだろうと思うほどです。
僕が仕事の報告をしている時でも「ところで君のご両親は今どうしてる?」などと、仕事とは関係のないことに妙に興味を示したりします。

企業の維持と発展は部下がやることであり、自分はそれらの部下をどう操って自分の今の地位を保つかを考えていけばいい、これが日本の経営というものなのです。

【2016/12/01 08:33】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆


SMに目覚めたM女性のためのブログです。縄で縛られてみたい、本物のS男性から調教されてみたいという願望を持っているM女性向けです。 誰にも知られたくない秘密のトビラ・・・。 奴隷の快楽・・・。

プロフィール

SM愛好家 Blue

Author:SM愛好家 Blue
関東に住むSM愛好家。
名前をBlueという。
これまでに調教してきたM女性は多数。

詳しくは、本家「M女の隠れ家」を見てください。
http://yayaya1.com./
リンクのトップにあります。

翻訳

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


BALS大好き

アナタノカタチ

緊縛放置 叶屋

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

私の性奴隷調教日記

淫縛と調教の世界

Kaede's Room

SとMになる時間。

エトランジェ

アブノーマルなLOVEライフ

SM奴隷調教ブログ

SM Sleeper

時々、俺縄

北海道 SM  調教室

珈琲をこよなく愛した私のひととき

Candid Photo Blog

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: