FC2ブログ
■かつて「魚のいない水族館」というサイトがありました■


 2月6日の日記の続きです。
古いSMサイトをいろいろと検索していたら、「魚のいない水族館」という名前が出てきました。

「ああ、懐かしい」
僕の記憶が、敏感に反応しています。

もう15年ほども昔のことだったかと記憶しています。(古い記憶ですので、違っていたらごめんなさい)
HALF-MOONというS男性の方が作っていたサイトです。

KYOKOさんというとてもきれいな女性の調教写真が、いっぱい載っていました。
彼女は当時、18歳くらいで初々しさがあり、写真もとってもきれいでした。

KYOKOさんの美しさと写真の見事さに、僕はそのサイトをあこがれを持って見ていました。
HALF-MOONさんとKYOKOさんが一緒に海外旅行(グアムだったような)に行ったりした時の写真も載っていて、きれいな海辺のグラビアのような姿は、とても素敵でした。

やがて調教内容が段々と過激になっていき、乳首やクリトリスにピアスをしたり、屋外の公園などでの緊縛露出もされるようになりました。
また顔を隠すモザイクも薄くなって、表情がよく分かるようになりました。

そして、彼女が二十歳の成人式を迎えた時、晴れ着姿の調教写真が載っていました。
それを見て僕は
「あっ、あぶない」
と感じました。

成人式では、ふつうみんなが集まっての集合写真を撮ります。
洋服とは違って女性の晴れ着は一点ものですから、晴れ着の色やデザインからその人を特定することができます。

KYOKOさんは、青い色の晴れ着に純白のショール姿でした。
とてもきれいな晴れ着ですが、特定されやすい色です。

それからしばらくして「魚のいない水族館」は、消えてしまいました。
のちに、ネットではKYOKOさんの身元がバレたのが、その原因だと噂されていました。

 僕がこのサイトを2001年から今まで18年も続けてこられたのは、このような問題を細心の注意を払って回避しているからです。
僕はすごく用心深いのです。

僕のサイトに載っている女性の写真には、基本的には顔にモザイクをかけていますし、モザイクがないところには別人に見えるほどの他の加工をしています。
ですから、たまに「顔が見えている」と指摘される方がいますが、あれは僕が意図的に加工後の写真を載せているんです。

さらにこのサイトに載っている写真は、撮影した時から6年以上経ったものに限定しています。
今ではもう10年から15年以上も前の写真ということになりますね。

これだけの年月を過ぎていれば、人の姿かたちも変わりますし、記憶も薄らいでいくものです。
それら以外にも女性の身元が特定されないように、僕はいろんな手を打っています。

このように僕は用心深く細心の注意を払うことで、問題を起こさずに18年間もサイトを続けてこられたのです。
これまでにもこの日記に何度か書いていますが、SMには「安全と安心」が一番大切です。

「安心と実績のM女の隠れ家」です。
まるでどこかのハウスメーカーのCMのようですね。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

【2019/02/09 06:24】 | サイト関連 | トラックバック(0) | コメント(5)
M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆


SMに目覚めたM女性のためのブログです。縄で縛られてみたい、本物のS男性から調教されてみたいという願望を持っているM女性向けです。 誰にも知られたくない秘密のトビラ・・・。 奴隷の快楽・・・。

プロフィール

SM愛好家 Blue

Author:SM愛好家 Blue
関東に住むSM愛好家。
名前をBlueという。
これまでに調教してきたM女性は多数。

詳しくは、本家「M女の隠れ家」を見てください。
http://yayaya1.com./
リンクのトップにあります。

翻訳

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最近の記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


アナタノカタチ

緊縛放置 叶屋

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

私の性奴隷調教日記

淫縛と調教の世界

Kaede's Room

SとMになる時間。

エトランジェ

アブノーマルなLOVEライフ

SM奴隷調教ブログ

SM Sleeper

時々、俺縄

北海道 SM  調教室

珈琲をこよなく愛した私のひととき

Candid Photo Blog

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: