FC2ブログ
英会話教室のNOVAがマスコミで話題になっています。


最近、英会話教室のNOVAがマスコミで話題になっています。
事前に授業料を取っておきながら、受講予約ができないとか。
社会保険庁の年金も、事前にお金を取っておいて、後になってその記録がないというのとよく似ています。

前払いというシステムは、後になって「話が違う。」と言っても、ほとんどお金の返却がされないケースが多いものです。
まあ、前払いというのはそういうリスクがあるものだと想定しておいたほうがよさそうですね。

NOVAのような教育ビジネスは、入会者に対してカリキュラムの早い時期に過重な宿題を与えたりやたら難しい授業内容にして、何割かの「挫折者」が出るように計画的に仕組んでいます。
この前払いされた挫折者分のお金が、会社のおいしい利益になるわけです。
どのような授業内容にするかは、会社側の自由ですから、お金を払っている受講者側ではどうすることもできません。
一般的にはお金を払う側が強い立場になるものですけど、教育ビジネスにおいてはお金を払うのは受講者ですから弱い立場になるという矛盾がその構造上にあります。
そのため、授業に付いて来れないのなら、すでに支払ったお金をあきらめて、辞めることしかできないということになるのです。
この仕組まれた挫折者のことを、「計画的挫折者」といいます。

会社としては儲けるためにこの「計画的挫折者数」を、どの程度に設定するかが一番カギになります。
NOVAは、この計画的挫折者数の設定を間違えてしまい、受講者数があまり減らないのに新規募集を続けたため、人数オーバーとなって予約が取れないという問題が起きたと言われています。

以前、私立大学でも同様なことがなされていました。(今もそうかな。)
全部の学生が授業に参加すると、教室に入りきれなくなるそうです。
何割かの学生が授業をサボることを想定して、余分な学生数を入学させているのです。
この余分な学生数分の授業料が、私立大学にとってはおいしい利益となるわけです。
文部科学省からの補助金も、登録学生数に応じてもらえるんですから。

こんな話を聞くたびに、教育ビジネスというのは、おいしい商売だなあと感じさせられます。
そして介護ビジネスも、全く同様ですね。
グッドウィルという会社が、同じように問題になっています。
儲けの仕組みをタネ明かしすれば、どれも似たようなものです。

秘密のトビラ





スポンサーサイト
[PR]

[PR]

【2007/06/26 22:44】 | 日々の思い | トラックバック(0) | コメント(0)
<<本に、なぜ同じようなタイトルを付けるのか? | ホーム | 絵里香とは、何度もメールのやりとりをしました。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://2022.blog73.fc2.com/tb.php/143-142305e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆


SMに目覚めたM女性のためのブログです。縄で縛られてみたい、本物のS男性から調教されてみたいという願望を持っているM女性向けです。 誰にも知られたくない秘密のトビラ・・・。 奴隷の快楽・・・。

プロフィール

SM愛好家 Blue

Author:SM愛好家 Blue
関東に住むSM愛好家。
名前をBlueという。
これまでに調教してきたM女性は多数。

詳しくは、本家「M女の隠れ家」を見てください。
http://yayaya1.com./
リンクのトップにあります。

翻訳

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


Kaede's Room

SとMになる時間。

アブノーマルなLOVEライフ

時々、俺縄

北海道 SM  調教室

SM動画

シュシュ