FC2ブログ
■「社長の副業を認めるべきか?」という議論は、なぜ起きないのか?■


 昨今、「社員の副業を認めるべきか?」という議論がありますが、それと同じ論理で言うなら「社長の副業を認めるべきか?」という議論もあってしかるべきです。
社長の副業とは、複数の会社の社長になったり、また自社とは全く無関係な他の会社の社外取締役になったり、行政や政府機関の委員になったりすることです。

「あれは副業ではない、収入を得るために働いているのではないのだから」という意見は、副業とは収入を目的としているかどうかによるものではないから、無意味です。
義理で知人や親戚の仕事を手伝っても、社員は副業とみなされるのですから。

その会社の社長というポジションにいる限り、持てる全ての時間と能力をその会社のために使うべきという論理は、社員よりもさらに重いはずです。
他の組織に属して、そこの仕事をする余裕があるのなら、もっと自分の会社のために働くべきだというのは、当然出てくる意見です。

また、社内機密を一番多く持っている人物が、他の組織に属するとなると機密漏えいのリスクが格段に跳ね上がります。
他社の社外取締役になってその会社の機密情報に触れることができるというのは、逆もあり得るということであり、自社の機密をそこで漏らしてしまう可能性も十分に考えられます。

社長が他社や政府機関などの組織に属することによって、新たな情報ネットワークが広がり、多くの知見が得られるから有益であるという論理なら、それは社員も同様です。
得られる情報や知見の量や程度の差の問題はあっても、本質的には何ら変わるものではありません。

となると、社長の副業は認めるが社員の副業は認めないというのは、矛盾していることになります。
でも、一般的には社長には許されるけど社員には許されないのです。

つまり、無意味なダブルスタンダード(二重規範)になっているわけです。
日本では、こういうダブルスタンダードが他の分野でもいくつも見られます。

あらためて考えてみると、何の意味もないダブルスタンダードがいたるところにあることに気付きます。
まあ、ご主人様には許されるけど奴隷には許されないというのも、そうなるかもしれませんね。
スポンサーサイト
[PR]

【2015/06/11 10:30】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<■僕のサイトの写真を無断で使っていると■ | ホーム | 韓国に行ったら、ラクダの肉は生で食べるなというMERS対策>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://2022.blog73.fc2.com/tb.php/1796-f38c8e71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆


SMに目覚めたM女性のためのブログです。縄で縛られてみたい、本物のS男性から調教されてみたいという願望を持っているM女性向けです。 誰にも知られたくない秘密のトビラ・・・。 奴隷の快楽・・・。

プロフィール

SM愛好家 Blue

Author:SM愛好家 Blue
関東に住むSM愛好家。
名前をBlueという。
これまでに調教してきたM女性は多数。

詳しくは、本家「M女の隠れ家」を見てください。
http://yayaya1.com./
リンクのトップにあります。

翻訳

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


緊縛放置 叶屋

緊縛の館

岡山SM倶楽部ブログ

アブノーマルなLOVEライフ

瑠衣の日記

SM動画

HAPPY FISH First Star

SM動画

シュシュ