FC2ブログ
■駅のホームや改札で愛奴と別れる時は■


愛奴との別れ際では、僕は見送るほうが多いんです。
駅の改札やホームで別れる場合が多いんですが、その時、僕は見送られるよりも見送る側になるんです。

改札の向こうに歩いて行く愛奴の姿が見えなくなるまで、僕は遠く小さくなっていく愛奴の後ろ姿を見つめています。
人混みの中に紛れて見えなくなるまで、僕はその後ろ姿を探し続けます。

ホームで別れる時は、電車が出発し見えなくなるまで、僕はホームに立って見ています。
別に見えなくなるまで見つめている必要はないのですから、途中で僕もクルリと背を向けて帰ってもいいとは思うのですが、そうするのに小さな抵抗感があるのです。

なぜ見えなくなるまで見つめているんだろうって考えていたら、こんな結論に至りました。
「これが最後かもしれない」
そう心のどこかで思っているからではないかと。

これまで、数多くの女性と出会いそして別れてきました。
別れは、ちゃんと言葉にしてお互いに納得して別れた事もありますが、そうではなくいつものように駅の改札で別れたのに、それっきりメールが途切れて別れた女性も多いのです。

またいつものように会えると思って笑顔で「またね」と言って駅の改札で別れたのに、実はそれが最後の見納めだったという経験を何度もしているのです。
だから「これが最後かもしれない」と、心の奥で不安に思っていて、愛奴の姿が見えなくなるまで僕は見つめてしまうのです。

ずっと以前に付き合っていた女性から、逆の事を言われたのを思い出しました。
「別れる時は、見送られるよりも見送りたいの」
そう言った女性がいました。

彼女は、今の僕と逆の事をしていたのです。
彼女と付き合っていたその当時は、僕はあまり深く考えもせずに「ふーん、僕はどっちでもいいよ」」って軽く答えていました。

彼女の気持ちが、今はとてもよく分かります。
「これが最後かもしれない」
その思いが心のどこかにあるから、僕はずっと見えなくなるのまで愛奴の後ろ姿を見つめています。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

【2015/07/09 00:54】 | SM | トラックバック(0) | コメント(0)
<<■労働市場が流動化から粉砕化に進んでいくと■ | ホーム | ■LGBTをセクシャルマイノリティと言い換えると■>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://2022.blog73.fc2.com/tb.php/1809-cf1fb66d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆


SMに目覚めたM女性のためのブログです。縄で縛られてみたい、本物のS男性から調教されてみたいという願望を持っているM女性向けです。 誰にも知られたくない秘密のトビラ・・・。 奴隷の快楽・・・。

プロフィール

SM愛好家 Blue

Author:SM愛好家 Blue
関東に住むSM愛好家。
名前をBlueという。
これまでに調教してきたM女性は多数。

詳しくは、本家「M女の隠れ家」を見てください。
http://yayaya1.com./
リンクのトップにあります。

翻訳

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


緊縛放置 叶屋

緊縛の館

岡山SM倶楽部ブログ

アブノーマルなLOVEライフ

瑠衣の日記

SM動画

HAPPY FISH First Star

SM動画

シュシュ