FC2ブログ
■入院中にたまっていた分を、まとめてアップロードします■


4月14日
      ■2014年9月20日の日記に書いた「あの悪夢の再現」が近づいている■
 2014年9月20日の日記に、「あの悪夢の再現」というエントリータイトルで日記を書きました。
妄言と言われればそのとおりの妄言ですが、最近のアメリカ大統領選挙でドナルド・トランプ氏の発言などを聞いていると、アメリカ人の意識の中の孤立主義的な傾向が見えます。

トランプ氏の言うアメリカ優先主義とは、孤立主義やモンロー主義とほとんど同じです。
ナチスドイツが台頭したヨーロッパに対して当初アメリカは不干渉を貫き、孤立主義的な対応をしてしまいました。

その結果がヒトラーの増長を生み、戦火が拡大した悲劇の第二次世界大戦につながって行ったのですが、今のアメリカも中国の増長に対して孤立主義的な対応を取ろうとしているかのようです。
またあの悲劇が繰り返されるのでしょうか?

4月16日
      ■この日記を書いても、今は誰も見ることはできません■
 今、僕は病気で入院しています。
自宅にあるパソコンからしかアップロードできないので、病室のベッドの上では書くことはできても、アップロードができないのです。
誰も見ることのない日記を、僕はただ書き続けています。

僕はこれまでの人生で、ほとんど入院の経験がありません。
学生の時に風邪をこじらせて、気管支炎になって6日間の入院をしただけです。

ほとんど大きな病気や怪我もすることなくここまで過ごして来れたのは、幸運だったと思います。
そして、今はかなりやっかいな病気と闘っています。

闘病生活がしばらく続きそうです。
病院からの一時帰宅が許された時に、この日記をまとめてアップロードしようと思っています。

4月19日
      ■大きな時代の変化の真っただ中にいる時は■
 僕らのビジネスの場にパソコンが普及し始めたのが1980年代の後半です。
それからまだ30年も経っていません。

コンピューター技術の発達は、社会の仕組みやあり方に大きな変化をもたらしました。
それ以前の価値観や常識とも大きく変わってきています。

1980年にアメリカのアルビン・トフラーという学者が「第三の波(The third wave)」という本を書いて、ベストセラーになりました。
その「第三の波」とは、原始時代からの人類の歴史を解きお越し、15000年ぼと前の農業革命が第一の波、18~19世紀に起きた産業革命が第二の波で、今進んでいる情報革命が第三の波だというのです。

アルビン・トフラーは、1980年というまだパソコンもほとんど普及しておらず、スマホはもちろんのこと携帯電話もなかった時に、今の情報革命を予測しました。
もちろん彼の予測は全部が当たったわけではなく、まだ実現していないものもあれば、予測もしなかったことが起きてもいます。

ただ、言えるのは今われわれは、人類の歴史上の非常に大きな波の中にいるということです。
いろんなものが大きく変化している真っ最中なのです。

変化の真っただ中にいると、どれがいい変化でどれが悪い変化なのかということは、誰にも分かりません。
ずっと後になって、変化の波が収まり過去を振り返る余裕ができた時に初めて「ああ、あれば良かった」とか「あれがだめだった」と言えるだけです。

この大きな変化はまだ何十年、あるいはそれ以上続くと思われます。
その先に、どんな未来が待っているのかは、まだ分かりません。

今はもう数年先も見通せないほどに、変化の激しい時代になりました。
僕が子供頃とは、ずいぶんと違います。

僕の子供頃は、5年くらい先でもほとんど大きな変化は考えられませんでした。
それまでの生活と5年後の生活に大きな変化があるなどと考えなくてもいい時代だったのです。

でもこれから5年後の生活がどうなっているかは、まるで予測がつきません。
大きな変化の真っただ中いる時は、その渦の中で溺れないように必死に泳いでいるだけで、時にはどこが上でどこが下かも分からなくなるほどです。

たまたまその渦の流れを読めたり、運が良かった人が巨万の富を得て、大きな権力を握ったりします。
一方でそれ以外の大半の人々は、大きな渦の中でただ翻弄され無力感に陥ります。

このような大変化の中では運が大きく左右しますが、それでもチャンスと見たら果敢に飛びついてみた者のほうが、生き延びる可能性があります。
そして、過去の価値観は早めに捨て去ってしまったほうが、生き延びられます。

沈みゆく過去の価値観にいつまでもしがみついているのは、とても危険です。
チャンスと見たらそれに果敢に飛びついて行くには、過去の価値観を捨て去らねばなりません。

重い荷物を背負ったままでは、チャンスが来ても素早く飛びつけないものです。
今持っている物を捨てるほうが先なのです。

4月20日
      ■病室の窓からツツジが見えます■
 入院生活をしていると、時間の感覚が普段とはずいぶんと違うなあって感じます。
いつもは慌ただしく動いていますが、病室でじっとしているとほんの小さな自然の変化にも目が行きます。

窓の外に見得るツツジの花が、咲き始めています。
桜の花が散ってから、しばらくしてツツジが咲き、段々と初夏の香りがしてきました。

もう半袖でもいい気温です。
僕は、もう少し入院生活が続きそうです。

僕以外誰も見ることのない日記を、こうやって書くのは2006年4月以来です。
あれからもう10年も経っているんですね。

4月21日
      ■検査が続きます■
 入院していると、検査がいかに多いかが分かります。
あっちこっちに行って、いくつもの検査を受けます。

そしてその結果に一喜一憂しています。
先日、会社の人たちがお見舞いに来てくれました。

仕事では迷惑をかけてしまっています。
退院したら、その分もみんなにやさしくしてあげなきゃ。

4月24日
      ■一日に10時間ほど寝ている■
 今は睡眠時間がたっぷりと取れています。
仕事をしていると、やらなきゃいけない事だらけで、どうしてもその分睡眠時間が削られていました。

で今、そんなにたくさん眠れるのかと言われるかもしれませんけど、僕は眠る事は昔から得意なのだ。
10時間ぐらいなら平気で眠れるぞ。

たっぷりと寝ていると、夢を見ることが多くなりました。
よく夢は白黒かカラーかと議論されていますが、普段の僕の夢は大体が白黒です。

「大体が」と書いたのは、時たま色が付いていたりするからです。
緑とか青とかゴールドとか、その夢によって特定の色だけ付いていて、他は白黒という感じですね。

フルカラーの夢って、これまでに見た記憶記憶がないなあ。

4月26日
      ■幸せは遅行性の感情?■
 幸せを感じるのは「後から」のほうが多いのではないかと、最近思うようになりました。
映画を見ている時はワクワクドキドキ・ハラハラしていて、楽しいとか幸せなんて感じていませんけど、見終わってから「ああ楽しかった」「いい映画だった」って感じるようなものです。

幸せも、その最中は目の前の事で精一杯で、幸せを感じている余裕もないくらいなのに、その時期が終わってしばらくしてから「ああ、あの頃は幸せだった」と感じます。
振り返る余裕ができた頃になって、初めて「幸せだった」という過去形で幸せを感じるのです。

幸せは遅行性の感情のようです。
中には、その瞬間にも幸せだと感じることもありますけど、どちらかと言えば遅行性ですね。

逆に、その瞬間に感じる感情は「怒り」です。
後から腹が立つということはあまり多くなくて、その瞬間に怒りが爆発します。

幸せが遅行性だとすれば、怒りの感情は即効性ですね。
笑いも即効性の方が多いかなあ。

感情って、それぞれによって時間的なズレがあるんですね。
そんな事にようやく気付いている入院生活です。

4月27日
      ■三菱自動車の燃費不正問題に思う■
 2015年10月19日の日記にも書きましたが「ああ、またか」というのが、率直な印象です。
これまでに何度も何度も繰り返し見て来た光景です。

これから先の流れも、もう十分に予想できます。
第三者委員会とかいう名前と実体がそぐわない組織を立ち上げて、10か月近くのムダな時間稼ぎをします。

その間に世間が忘れて騒ぎが静まるのを待ちます。
もう忘れかけた頃になって、ようやくその第三者委員会から調査結果の発表が行われますが、それはこれまでにマスコミで報道された内容とほとんど同じで、何ら目新しいもののないものです。

10か月もかけて一体何を調査していたのかと思われるような虚しい調査内容の発表をもって、この第三者委員会という組織は解散します。
それからしばらくして、社長と一部経営陣が責任を取るとして辞任し、それでこの件は終了とされます。

これが、三菱自動車の今後の流れです。
毎度の茶番劇です。

2015年7月23日の日記にも、そしてちょうど一年前の2015年4月27日の日記にも、全く同じことを書いています。
「数字で評価されるなら、数字は作ればいい」、誰でも考える事は同じです。

チョコチョコっと数字をイジるだけで多額のお金が動くんなら、誰だってそうします。
どこの会社であろうと、どんな組織であろうとやることはみんな同じです。

4月30日
      ■一時帰宅で、やらなきゃいけないことがいっぱいなのだ■
 今日、ようやく病院から一時帰宅が許されました。
月末ということもあり、やらなきゃならないことがいっぱいです。

そんな中で、たまっていたこの日記もまとめてアップロードします。
久しぶりに日記を見る方も、これで更新が遅れていた理由がお分かりいただけたかと思います。

掲示版で僕のことを心配してくれていた方がいますが、その方の予想が当たっています。
急な入院になってしまい、サイトのアップも途中で途切れてしまっていました。

ご心配をおかけし、すみません。

今夜には、また病院に戻らなければなりません。
入院はもうしばらく続きます。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
【2016/04/30 14:50】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(5)
<<■入院中にたまっていた分を、まとめてアップロードします■ その2 | ホーム | ■「結婚はしたくないけど子供が欲しい」と言ったキャリアウーマンの話、その3■>>
コメント
13日から全く更新されなかったので もうお話を聞けないかと…滅多にコメントしませんが時折閲覧するのを楽しみにしてますから 私は少しMの気質の者です…Blueさんのサイトの写真も好きです
【2016/04/30 19:20】 URL | 芳 #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2016/05/01 00:18】 | #[ 編集]
皆沢山の人が見ているのに、病に倒れたら応援する人が少なすぎるな!俺は応援するぞ!必ず復帰して今まで以上に頑張れ。永遠の変態野郎でいてくれ。ブルー頑張れ
【2016/05/08 21:36】 URL | りょう #-[ 編集]
ご体調崩されておられるようで心配しております。私もMな女でよくこちらのブログを楽しみにしている一人です。コラムなどもとても勉強になり読みごたえもあり好きです。
ゆっくりと治療なさってまた再開するのを心待ちにしております。
【2016/05/09 11:23】 URL | もえ #-[ 編集]
もえさん。ありがとう。もっと応援してあげてくれ
【2016/05/09 21:58】 URL | りょう #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://2022.blog73.fc2.com/tb.php/1977-f70184dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆


SMに目覚めたM女性のためのブログです。縄で縛られてみたい、本物のS男性から調教されてみたいという願望を持っているM女性向けです。 誰にも知られたくない秘密のトビラ・・・。 奴隷の快楽・・・。

プロフィール

SM愛好家 Blue

Author:SM愛好家 Blue
関東に住むSM愛好家。
名前をBlueという。
これまでに調教してきたM女性は多数。

詳しくは、本家「M女の隠れ家」を見てください。
http://yayaya1.com./
リンクのトップにあります。

翻訳

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


緊縛放置 叶屋

緊縛の館

岡山SM倶楽部ブログ

アブノーマルなLOVEライフ

瑠衣の日記

SM動画

HAPPY FISH First Star

SM動画

シュシュ