FC2ブログ
■労働人口が減っているから労働者が不足するという詭弁■


 日本の人口が減少に転じ、15歳から65歳までの労働人口が減っているというのは、その通りです。
日本は少子高齢化が進んでいて、働き盛りの人が減っています。

でも、労働人口が減るということと労働者が不足するということは、実は同じ事を意味しません。
日本のGDPの7割近くが個人消費です。

つまり国内消費されるものであり、輸出産業の日本のGDPに占める比率は輸出額が約70兆円でGDPが約500兆円ですから14%ほどにしかなりません。
日本では物を作る仕事はどんどん機械化され、製造業に携わる人は減少の一途です。

輸出産業のほとんどは製造業であり、輸出額の減少以上に輸出産業に携わる労働者の数は減っています。
輸出産業の典型は自動車産業ですが、例えば車を1台作るにしても、昔よりもずっと少ない人数で作る事ができるようになっています。

いまや自動車はロボットが組み立てていると言っても過言ではないほどです。
働く人のほとんどは国内向けの仕事をしているわけです。

となると、国内の人口が減っているのですから、国内向けの仕事も減っていることになります。
国内向けの仕事が減っているのに、労働者不足が起きるはずがありません。

労働人口の大半はサービス業に従事しており、サービス業の需要は人口に比例します。
日本の人口が減っているのに、労働需要だけが増えるなどということはありえません。

今、労働者不足だと言っているのは介護や医療分野、外食産業などの非正規労働に依存していた分野など、労働市場全体の中の特定の分野に大きく偏っています。
結論を言えば、労働者が不足しているのではなく、ミスマッチを起こしているのです。

失業率が低下したり有効求人倍率が上がっているのは、介護や外食産業などの特定の分野の求人が増加しているからであり、ミスマッチが解消されているわけではありません。
ここを間違えると、対策も大きく違ってきます。

労働者が不足しているから移民を受け入れるなどというのが、間違った対策の典型例です。
市場原理が働けば、労働力が不足している介護や医療、外食産業などの分野の給料が上がり、他の低賃金分野からの労働者移動が起き、ミスマッチが解消されていくはずです。

ところが労働者移動がスムーズに行かないような障害となっているものがある、だから特定の分野の労働者不足が解消されないのです。
今、取るべき対策は、介護や医療、外食産業などの労働者不足が起きている分野の給料を需給水準にまで引き上げることと、労働者移動の障害となっているものを取り除くことです。

移民を受け入れるなどという対策は、問題の根本を見間違えているばかりでなく、付随する大変な弊害を引き起こす元でもあります。
今、移民を受け入れるべきだと言っている人たちは、問題の本質を見ることのできない人か、何らかの意図を持って詭弁を使っている人です。




スポンサーサイト
[PR]

【2016/05/30 09:36】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<■縛られて鏡の前に立たされている少女■ | ホーム | ■事実をありのままに伝えないマスコミは■>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://2022.blog73.fc2.com/tb.php/1991-5eb6e00e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆


SMに目覚めたM女性のためのブログです。縄で縛られてみたい、本物のS男性から調教されてみたいという願望を持っているM女性向けです。 誰にも知られたくない秘密のトビラ・・・。 奴隷の快楽・・・。

プロフィール

SM愛好家 Blue

Author:SM愛好家 Blue
関東に住むSM愛好家。
名前をBlueという。
これまでに調教してきたM女性は多数。

詳しくは、本家「M女の隠れ家」を見てください。
http://yayaya1.com./
リンクのトップにあります。

翻訳

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


緊縛放置 叶屋

緊縛の館

岡山SM倶楽部ブログ

アブノーマルなLOVEライフ

瑠衣の日記

SM動画

HAPPY FISH First Star

SM動画

シュシュ