FC2ブログ
■中国がベネズエラでやっていること■

 
これまでに中国がベネズエラでとのようなことをしてきたのか、そして今どのようなことをしているのかを調べていたら、驚くようなことが分かりました。
社会主義国のベネズエラは、豊富な原油埋蔵量を持っているのに財政がズサンなために常に赤字経営でした。

そこに中国が、無償経済援助や無利子融資などを行い、その替わりに中国企業がベネズエラのインフラ工事に参加することを求めました。
このような方法は、日本がこれまで発展途上国に対して行ってきた経済援助や無利子の円借款、そしてそれと結びついて進出した日本の商社やゼネコンの関係と全く同じです。

中国企業が請け負ったインフラ工事はベネズエラの主要な港湾や鉄道などの改修工事で、改修工事が完成すれば輸送能力は大幅に向上するという話でした。
その改修工事がある程度まで進んで行った時、工事現場で事故が頻発するようになりました。

土木工事ですし、従事しているのは現地のベネズエラの作業員で、土木工事には不慣れな人たちも多かったため、多少は事故が発生するのも止むを得ない面もあったと当初は考えられていました。
ところが事故が頻発するようになると、土木作業員たちも身の危険を感じるようになり、工事を請け負っている中国企業に改善を求めて交渉しました。

この交渉は難航し、ついには土木作業員たちのストライキに発展します。
ベネズエラの主要インフラである港湾や鉄道の改修工事期間中は、その輸送能力は大幅に低下しており、経済は大きく停滞していましたが、それも工事が完成するまでの辛抱だと見られていました。

このストライキは長期化し、工事は中断されたまま頓挫して、完成が見えなくなりました。
請け負っていた中国企業は工事を放棄して撤収してしまい、土木機材などは紛失が相次ぎました。

主要なインフラである港湾や鉄道の改修工事で輸送能力が大幅に低下しているため、ベネズエラの経済は低迷し港湾の改修工事で主要な輸出品の原油も運べなくなり、財政赤字と国際収支は急速に悪化していきました。
ベネズエラ政府は中国企業の後を他の企業に引き続きやらせようと調査したところ、とんでもない事が分かります。
ベネズエラ政府に提出された計画書とはまるで違う工事がなされており、このままでは工事を継続しても完成は不可能だと分かったのです。

ここまで進んできた改修工事は、一旦全部取り壊してゼロから新たな計画を立ててやり直すしか方法がないことが判明しました。
途中まで進んでいる工事を全部取り壊すには、最初から工事するよりも何倍ものお金と時間がかかるようなとんでもないおかしな工事がなされていることも分かりました。

主要インフラの改修工事は、進むこともできずやり直すことも困難で、進退窮まります。
かと言って、このままでは国内の輸送能力は大幅に低下したままとなり、経済の悪化がさらに進みます。

財政や国際収支が悪化したベネズエラ政府は、さらに中国からお金を借りることになりました。
すると中国は借金の担保に、地下に埋蔵されている原油の権利を求めました。

ベネズエラ政府は、輸送能力がなければ地下にいくら原油があっても意味がありませんので、この中国の申し出に応じて借金をしました。
ベネズエラ政府は中国企業が途中まで進めていたインフラの改修工事を、全部取り壊してもう一度やり直そうと計画しますが、中国企業との契約がまだ生きており容易に取り壊せません。

この中国企業との契約の解消交渉は難航し、ベネズエラ政府は中国企業から多額の賠償金を要求されました。
多額の賠償金を払い、さらに途中まで進んだ改修工事を取り壊すためにも、大きなお金が必要となります。

このお金は、また中国政府から借りるしかありません。
他の国や国際機関は、中国の妨害があることが分かっているため、ベネズエラになかなか手を出せません。

さらに中国からお金を借りる時の担保は、また地下の原油ですが、中国は最初の担保価値から比べると60分の1にまで値下げしないと貸せないというのです。
ベネズエラ政府にしてみれば中国ほど早く簡単にお金を借してくれる相手はおらず、60分の1の価値になってしまってもまた地下の原油を担保に、お金を中国から借りました。

主要インフラの改修工事は、中国企業との契約は途中まで進んだ工事の取り壊しなどで長期化し、ベネズエラ政府の中国からの借金はさらにどんどん膨らんでいきます。
借金の返済が困難になり、返済延期を中国に求めましたが、さらに地下の原油を求められることになりました。

ついには、ベネズエラの経済は崩壊し、地下に埋蔵されている原油もほとんど中国政府のものになってしまいました。
そして、借金まみれになったベネズエラ政府は、ようやく気付くのです、これは最初から中国によって仕組まれていたのではないかと。

でも今となっては、それを証明する手立てはありませんし、自ら招いた事だろうと誰もそんな話をまともに取り合ってはくれません。
中国は世界最大の埋蔵量の原油を手にし、さらにベネズエラを借金まみれにして属国化することに成功したのです。

スポンサーサイト
[PR]

【2016/07/19 20:55】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<■中国が建設を進めているニカラグア運河の価値■ | ホーム | ■ベネズエラが非常事態:食品略奪で死者続出■>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://2022.blog73.fc2.com/tb.php/2018-9d8d82cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆


SMに目覚めたM女性のためのブログです。縄で縛られてみたい、本物のS男性から調教されてみたいという願望を持っているM女性向けです。 誰にも知られたくない秘密のトビラ・・・。 奴隷の快楽・・・。

プロフィール

SM愛好家 Blue

Author:SM愛好家 Blue
関東に住むSM愛好家。
名前をBlueという。
これまでに調教してきたM女性は多数。

詳しくは、本家「M女の隠れ家」を見てください。
http://yayaya1.com./
リンクのトップにあります。

翻訳

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


緊縛放置 叶屋

緊縛の館

岡山SM倶楽部ブログ

アブノーマルなLOVEライフ

時々、俺縄

SM動画

HAPPY FISH First Star

SM動画

シュシュ