FC2ブログ
■「違う」は「誤り」なのか?■


 昨日の日経新聞の記事に、なかなかいい事が書いてありました。

OECD東京センター長村上由美子氏の書籍からの一文です。
「なぜ『違う』ことは『間違っている』の?」と小学校の息子に聞かれた。「違う」という日本語は「異なる」と「誤る」の両方を意味するので、他と違うことは駄目なのか、という発想だった。
英語では、differentとwrongは全く別の言葉だ。日本語が母国語でない息子の疑問から、日本人の思考回路の特性を考えさせられることになった。
違うことが必ずしも間違いとは限らない――。そんなマインドが教室で浸透すれば、日本の子どもたちの伸びしろは相当なものである。


特に僕が気になったのは「英語では、differentとwrongは全く別の言葉だ」という文です。
みんなと同じであることが正しくて、みんなと違うというだけでそれは誤りだという強い否定的な意味を持つというのは、グローバルな視点で見るとおかしいということです。

安倍総理が「リーマン・ブラザーズ」が「リーマン・ブラザーズ&シスターズ」だったら、あれは倒産しなかったと言ったそうです。
つまり、ブラザーズという男だけではダメで、シスターズという女性も活躍できるような会社がいいということです。

ダイバーシティ(多様性)ということが世間でよく言われていますが、それは性別や国籍、年代などの基礎的な属性にのみ焦点が当たっていますが、そんなものがいくら違っていても真のダイバーシティにはなりません。
性別や国籍や年代などが違っていても、考え方や発想が同じ人ばかりを集めていたのでは「見た目のダイバーシティ」に過ぎないのです。

真のダイバーシティとは、みんなと違う視点を持っている人、違う発想ができる人、違う行動を取る人の集まりであり、それを統括できる優れたマネージャーがいる事です。
今の日本の大企業やお役所からは遠い世界のようです。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

【2018/02/20 08:04】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<■韓国人はどこへ逃げるつもりだ?■ | ホーム | ■ハイヒールと首輪■>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://2022.blog73.fc2.com/tb.php/2388-8f4985c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆


SMに目覚めたM女性のためのブログです。縄で縛られてみたい、本物のS男性から調教されてみたいという願望を持っているM女性向けです。 誰にも知られたくない秘密のトビラ・・・。 奴隷の快楽・・・。

プロフィール

SM愛好家 Blue

Author:SM愛好家 Blue
関東に住むSM愛好家。
名前をBlueという。
これまでに調教してきたM女性は多数。

詳しくは、本家「M女の隠れ家」を見てください。
http://yayaya1.com./
リンクのトップにあります。

翻訳

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


緊縛の館

Kaede's Room

SとMになる時間。

アブノーマルなLOVEライフ

時々、俺縄

北海道 SM  調教室

SM動画

シュシュ