FC2ブログ
■マスクはどこへ消えた?■
 今から20年近く前のことです。
会社の上司から
「これはとてもいい本だから、お前も読んでみろ」
と勧められたのが、コレです。



今またこの本が評価されているそうですけど、僕がこの本を上司に進められて買って読んだときの感想は、こうです。
「何とヘタクソなたとえ話の本だ。これならのまんが日本昔話のほうがよっぽど役に立つ」

僕は今でも、この「チーズはどこへ消えた?」という本を世間でいうほど高くは評価していません。



で、今日のテーマはチーズではなく、マスクはどこへ消えたかということです。

しかも、今日は日本の話ではなく、中国での話です。
新型コロナウィルスのために、この数か月間で中国の病院やいろんな施設などでは膨大な数のマスクが消費されてきました。

その数は、何億枚とか何十億枚という単位でしょう。
その膨大な数の使用済みマスクは、本来ならばウィルスが飛散しないように固く密封され、焼却施設に運ばれて処分されているはずです。

ところが、ここからが中国らしいというか、何というべきか。
その使用済みのマスクが、どこかに消えていると言うのです。

病院やいろんな施設では、毎日あるいは一日に何度もマスクを交換しますので、一見して使用済みか新品かの見分けが付かないほどに外見はきれいです。
その使用済みのマスクを集めて箱に詰めなおせば、それだけで新品同様に見えます。

そうやって新品同様に見える使用済みマスクが、大量にどこかへ流れていくというのです。
やっぱり中国だなあと思わせる話です。

この混乱の中で、世界中が極度のマスク不足に陥っています。
ところが、中国では使用済みのマスクが大量に溢れています。

ここに、すさまじい受給ギャップが起きているのです。
しかも一枚一枚のマスクには、原産国表示などは何もありませんから、どこで作られたのか誰も確認できません。

イタリアでは、人の動きだけでは説明のつかない場所での感染者が、多数いるそうです。
この話を聞いてから、僕はマスクをするのをためらうようになりました。

スポンサーサイト
[PR]

【2020/03/10 03:18】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<03/10のツイートまとめ | ホーム | ■馬脚を現した国際機関■>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://2022.blog73.fc2.com/tb.php/2947-7337bc8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆


SMに目覚めたM女性のためのブログです。縄で縛られてみたい、本物のS男性から調教されてみたいという願望を持っているM女性向けです。 誰にも知られたくない秘密のトビラ・・・。 奴隷の快楽・・・。

プロフィール

SM愛好家 Blue

Author:SM愛好家 Blue
関東に住むSM愛好家。
名前をBlueという。
これまでに調教してきたM女性は多数。

詳しくは、本家「M女の隠れ家」を見てください。
http://yayaya1.com./
リンクのトップにあります。

翻訳

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


BALS大好き

アナタノカタチ

緊縛放置 叶屋

TOKYO BONDAGE LIFE (東京ボンデージライフ)

私の性奴隷調教日記

淫縛と調教の世界

Kaede's Room

SとMになる時間。

エトランジェ

アブノーマルなLOVEライフ

SM奴隷調教ブログ

SM Sleeper

時々、俺縄

北海道 SM  調教室

珈琲をこよなく愛した私のひととき

Candid Photo Blog

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: